ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

入浴着に理解のある宿リスト  

報告を忘れてました(^ω^;)
本サイト内にある『入浴着に理解のある宿』のリストを更新しました。
http://urara.cside.com/yuyu.html

何件か追加してあります。
自分が泊まった事があり、且つお勧めできる宿と限定しているもので、情報件数が少なくてスミマセン(´・ω・`)
でも、実際に入浴着を使っている知人から、事前の問い合わせではOKが出ても実際はダメだったという場合もあると聞いたので、そういう対応をしないと私が思った宿じゃないとなぁ…と(´Д⊂

うーん、いただいたメール情報や私が問い合わせた経験から言うと、箱根は不可が多いみたいですね。
しかもその理由を教えてくれない場合が多いです。
でも他の地方の旅館だと、「コレコレこういう理由でお断りしています」って説明してくれる率が高いんだって。
箱根の宿は「大浴場では不可です。露天風呂付き客室の予約をどうぞ」って感じが多いかなぁ…

大浴場の脱衣所に貼ってあるポスターなどから察するに、海外からのお客さんが多くて、注意事項の中に「タオル巻き禁止」っていうのがあるからとか、そういうのも関係しているのかなぁとは思うんですが。
もちろん衛生的な問題が大部分って分かるんだけど。
とりあえず、そこらへんをしっかりクリアした既製品の入浴着だけでもOKになるといいのにな。


先日の仙郷楼泊でもね、父上と私が真夜中に大浴場へ行った時、それぞれ1人のお客さんと一緒になったんですよ。
しかも手術跡を気にして、この時間を選んだ方々で。
私は脱衣所で会ったから、「ちょっと上半身に蕁麻疹が出ちゃって、今なら人がいないかなと思って来たんです。この通り見た目ひどい肌なんですけど、一緒でもいいですか」って聞いたの。
そしたら「私も大きな手術跡が残ってて、他のお客さんが多い時間は入りづらくて」ってOKしてくれて。
それからいろいろお話したら、いつも夜中とか早朝に入ってるんだって。
一緒に温泉めぐりをしている旦那さんを起こさないように部屋を出るのが大変だとか、せっかくの旅行なのに起きる時間を気にしてしまうからいつも眠りが浅いとか、そんなお話をしながら大浴場を楽しみました。
せっかくだから1人でのんびり入ってほしくて、私は早々に出ちゃったんだけどさ。
私は蕁麻疹さえ出なきゃ明るいうちでも入れるし。

父上はまったく同じ手術をした人と一緒になって、やっぱり「手術跡がここまで大きいと、他の客の目がねぇ…」って。色々共感し合って戻ってきましたよ(笑


せっかく傷を気にせずに入れる手段があるんだから、それを使える宿がもっと増えればいいのに。胸だけじゃなく、他の部位の傷も隠せる既製品も発売されればいいのに。
そのためにも、もっと大勢の人に入浴着の存在を知ってもらえるようにしたいなって改めて思いました( `・ω・´)
スポンサーサイト

category: 温泉

tb: 0   cm: 2

コメント

ウチの母にも大きな手術痕がありまして、今回それもあって、翠松園を選びました。

本人も大浴場は気がひけるらしく、他に利用客がいないのを確認してから入るようにして、部屋の露天風呂を主に使うようにしてましたね。。

タオルと入浴着は違うのだし、まずはもっと入浴着というのもが広く知られるようになるといいですよね。そうすればもう少し理解ある対応も期待出来るんじゃないかな。。

URL | ちろっこ #obWbQ39E
2009/06/02 17:28 | edit

おかえりなさいませー

■ちろっこさん
手術跡って簡単には消えませんよね。
まして乳がんで温存療法を選べなかった方で、視線に臆してしまう人にとって入浴着は役立つものなのに、存在自体を知らない宿も多くて。
しかも有名観光地の温泉では、入浴着について宿に問い合わせをするとあっさりした口調で「当宿には露天風呂付き客室がございますのでそちらはいかがですか」とか「有料ですが貸切風呂がございますのでそれで…」なんて軽~く勧めてくるんですよ。

でも予算の問題でそれが難しい人だっていっぱいいるし、貸切風呂なんて何度も借りれないですよね。
それに大浴場でしか味わえない満足感ってあるじゃないですか。広さとか景色とか。
うちの父上だって、露天風呂付き客室でゆっくり気兼ねなく入れるようになってホッとしているけど、やっぱり大浴場の気持ちよさは別だから…と人の少ない時間を見計らって1度は入りたがってますし(^ω^;)

糸くずや埃がでまくったり、何を拭いたか分からない…みたいなタオルとは違って衛生面に気を使ったものなのだから、安心して使える宿が増えるようにもっと広めていければと思ってます( `・ω・´)

URL | うりゃ #-
2009/06/05 12:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/853-cabf681b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。