FC2ブログ

ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

茜庵 旅行記・2 部屋編  



次はお部屋。
茜庵は全3室の宿。離れ形式ではあるけれど、それぞれの棟の距離がかなり近いです。



玄関を抜けると、12畳分の板の間。
太陽が沈むまで、この窓方向から光が注いで気持ちよかった♪
冬はぽかぽかしていいですね。

ただ、景色を楽しめて光も入るように囲いが途切れている分、宿へ入ってくる道からは丸見えなので、ここから裸で半露天風呂へ移動するのはとっても危険(笑



テレビ・空気清浄機・暖房器具・冷蔵庫もこの部屋に。
冷蔵庫の中にはオレンジジュースとサイダーが一本ずつ。それから麦茶の入ったポットがあります。全て無料サービス品。
上には夜食用のカップラーメンが2つ置いてありました。
おなかいっぱい過ぎて食べる余裕もなかったけどね(^ω^)



突き当たりの扉の向こうは脱衣所兼洗面所とトイレ(ウォシュレット)で、洗い場と半露天風呂に続いています。
暖房器具は各部屋と洗面所の3箇所にあって(エアコンは部屋に1つずつ)、那須高原の冬の寒さにも心強い状態( `・ω・´)



最初から寝具が敷いてあった、一段上がった6畳の和室。
金庫やクローゼットもこちらに。

さて、ここで問題が。
和室と板の間には30cmの段差が。
腰掛けやすいし、登る分にはいいんだけど、父上は降りる時にどうしてもよろけちゃう。

夜とかトイレやお風呂に行くシーンがちょっと危険だなぁと思って、板の間のテーブルや座椅子を洗面所側に大移動して、テレビの前に布団を一組敷き直しました。
これで父上も安全安心。

私はそのまま和室でOK。
3枚の扉をスライドさせて閉められるから、暖房効かせてパンツ一丁派の父上 vs 寒いくらいの室温で布団にぐるぐる巻きされたい派の私がリモコンの争奪戦を繰り広げる事もなく、 それぞれ快適に眠れました♪
スポンサーサイト

category: 茜庵 旅行記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/414-491a0276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。