ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[5] 夕食  


はい、続きです~


もっちり



54.jpg

【強肴】 蓮根餅 湯葉 太刀魚 わたりかに 白髪葱 旨味餡
豆腐のように柔らかい汲み上げ湯葉が四角く固められたものと、すりおろした蓮根のみで作られたもっちりねっちり蓮根餅。
その上に皮目がパリッと香ばしく焼けた太刀魚と、白髪葱たっぷり。

全体的にはあっさりしてるけど、胡麻油香る餡と蟹をしっかり絡ませると中華っぽくて美味しい(*´艸`*)

63_201506090322582fb.jpg

最初は蟹が見えなくて、あれ?蟹ってどこにあるの?と2人できょろきょろ探していたら、
スタッフさんが「白髪葱の下に隠れてます」と教えてくれました(笑


お肉ーーー!!



53_20150609032259174.jpg

【中皿】 牛ろーす あしらい物
待望のお肉は2切れだけなの~(´;ω;`)って最初は悲しかったけれど、
しっかり噛みごたえのある赤みの多いお肉で、塩胡椒と山葵というシンプルながらも王道の味付けでじゅうぶん満足感がありましたっ!!
右にあるのは、パプリカとりんごを刻んだものを乗せてフレンチドレッシングをかけたトマトカップ。
上に乗ってるのはデトロイトという種類のベビーリーフ。

71_20150609032301225.jpg

鶏肉以外のお肉が食べられない幼馴染のは、さわらの蒸したのに変更されてました。
…コンデジの方はホワイトバランスを調節してなかったorz


炊き込みごはん



50_20150609032302fbe.jpg

【食事】 新生姜釜飯
【汁物】 赤出汁

香の物3種盛とアサリの生姜煮もありました。

52_20150609032304a98.jpg

漬物もアサリも、具が玉葱の赤出汁もとっても美味しかった(゜∀゜)=3

が。ご飯の水加減が……
いつもだったら、どの旅館でもこの時点でお腹いっぱい過ぎてご飯ものをパスする事が多いんですが、
全体量が女性向けというかやや控えめになっていたので、初めてご飯がしっかり食べられる!!ととても楽しみにしていた幼馴染。
しかし、ご飯が固すぎましたil||li_| ̄|○ il||li

釜炊きのご飯と言えば白くツヤツヤふっくら…のはずが、透き通ってカチカチになってる…
幼馴染は「保温しすぎたご飯」といい、私は「茶碗によそってから何時間か放置して乾いちゃったご飯」だと思いました(´Д` )

生姜でさっぱりしてたのに半分も食べられませんでした(´-ω-`)
うーん、残念……


デザート



49_201506090323203b1.jpg

【水物】 抹茶ばばろあ いちじく さくらんぼ
ババロアがヨーグルトのようにトロトロ食感なんですよ!!
抹茶も濃厚でこれはうまーい!!!
果物も程よく熟れていて大満足ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ ヒャッホォ!!

48_20150609032321b3a.jpg

以前は葛や寒天で固めただけのイマイチなデザート率が高かったので、これは嬉しい変化!!

楽しみにしていた塩シャーベットはなかったけどさ(泣


以前の料理長さんの時は定番の旅館の料理にはない独創的な料理にチャレンジしたりと、正直やや当たりはずれがありました。
でもメインのお刺身はいつでも美味しかったし、その遊び心が楽しみでもあったのですよ。
料理長さんが変わって、メニューや食材に驚きはないものの味は以前よりも好みになってました。

一番有難かったのは食事量とデザート。
私達にはちょうどお腹いっぱいになる量で、ご飯以外は残さずに済んだので有難かったです。
多く食べられる女性や成人男性には多分足りないかも。


少し奥まった個室だったのとお酒を飲まなかったので、配膳ペースが掴みにくかったようで手持無沙汰になることが度々…
女性スタッフさんは素敵な笑顔で応対してくれるのに、男性スタッフさん達はまだ慣れていないのか会話も動作も固かったなぁ…というのは感じましたが、この接客の距離感も好みがあるからね。


荷物置き場になってたバーや、
見知ったスタッフさんをあまりお見かけしなかったところに年月を感じた夜でした(´・ω・`)


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 
スポンサーサイト

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/2002-dfc39e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。