ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[4] 夕食  


チェックイン手続きの時に、17:30 開始 か 18:30 開始 のどちらにするか聞かれました。
幼馴染の希望で遅い方をチョイス。

以前は時間になったらロビーで待機して順番に案内されたけど、平日で宿泊客が少な目だったからかすぐに2Fの『お食事処 えん』へ向かえました。
料理長が今の山本さんに変わってからは初めてなので楽しみですっ(゜∀゜)=3


お食事処 えん



中央部にオープンカウンターを備え、周りに半個室が並んでます。
私達の部屋は少し奥まった場所だったので、落ち着いて食事が出来ました。

とりあえず飲み物を注文。
幼馴染はホット烏龍茶(500円)、私はアイス烏龍茶(500円)で。

66_20150609023828d51.jpg

【食前酒】 さくらんぼの果実酒
甘いのに強いっ!!
あらかじめテーブルに用意されていたので、下戸の幼馴染の分もちびちび飲みながら最初の料理が来るのを待ちます。
…15分くらい待ったのは初めてだったかな(´Д`;)テモチブサタ…
前菜は冷たい料理ばかりだったので、最初にセッティングしてあっても良かったんじゃないのかなぁとか思ったり。

64_20150609023829c07.jpg

【旬菜】 若布よせ おくら 白瓜 さふぁいや茄子 順菜 茗荷 美味ぜりー
白きす酒焼 焼もろこし かぼす 青梅 浜防風


67_20150609023831efc.jpg

「旅館の食事でトウモロコシのかたまりに齧りついたのって初めて」と戸惑う幼馴染。
私もあんまりないかも。
緑に色付けされたものは、梅酒に使った梅の甘煮ですかな。

65_20150609023832a5d.jpg

若布の葛寄せと蔵王サファイヤっていう種類の茄子の煮びたしに、じゅんさいと出汁がたっぷりかかった冷たい鉢で美味しかった(`・ ω・´)b

今回は幼馴染の好き嫌いのみを伝えてあって、それは全部対応していただけて有難かったのですが、
毎回伝えなくても記録は残ってるかなーと、私の茗荷抜きを連絡してなかったんですよ。
そしたらしっかり出てきちゃった(;´Д`)
やはり4年のブランクは長かったよね…
次からはどの宿にもちゃんとお願いしないとイカンと反省しました(泣


椀物



59.jpg

【椀盛】 冬瓜 帆立 かます どんこ 焼葱
鰹出汁がしっかり効いた好みのお味(*'ω'*)
葱に焦げ目がなかったので焼いた香ばしさはなかったけれど、トロトロで美味しかったそうです。
(葱のニュルッとした食感が苦手なので幼馴染にパスしました)
肉厚どんこもうまうまですな。
ちょっとかますがしょっぱかったっス。


お造り



56_201506090239102bd.jpg

【造里】 季節の造里
お刺身盛り合わせかと思ったら、鱧の湯引きとおろしポン酢でした。
生魚をいっぱい食べられる♪というお宿のイメージがあったので、ちょっと残念だったり。
関東人なので、鱧って好きでも嫌いでもない食材なもので(;´Д`)

70_20150609023912f6f.jpg

生魚が食べられない幼馴染には、鯛の蒸したものにおろしポン酢がかかったものに変更。
冷やしてあっても身が柔らかく、たっぷりの白髪葱の食感と合ってて美味しかったって♪


しゃぶしゃぶっと



58_20150609023909997.jpg

【蓋物】 蛸 白だつ もろっこいんげん
あさり出汁が入った鍋を固形燃料で加熱開始。
湯気が出てきたら生蛸スライスをさっとくぐらせてしゃぶしゃぶにします。
このあさりの出汁がとっても美味しくて、幼馴染と2人、ひたすらつゆだけすくって飲んでました(笑
割り醤油は特に印象なかったなー。


…なんか写真が多くなったから2つに分けます(0w0)


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 
スポンサーサイト

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/2001-993bbef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。