ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

樹氷!! その4  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 

蔵王四季のホテル


img_224867_1700212_0.jpg

ホテルに戻って、夕食の予約も完了。預けてあった荷物とともに部屋へ案内してもらいました。
広縁付きの12.5畳くらいの和室です。
 
テレビはSONY。大きくて見やすい~

img_224867_1700212_1.jpg

暖房の効きがすごく良くて、lowでもあつあつ。加湿器の類はなかったので、乾燥が激しかったです。
私達はマメにタオルを濡らして掛けてました。
掛け布団は1枚だけど、保温性に優れてて全然寒くなかったですよ。ただ、168cmの私でも長さがギリギリに感じたので、高身長の男性は足元にもう1枚掛けたくなるかも。

バスアメニティはシャンプー・リンス・ボディソープ・歯ブラシ・化粧水・乳液のみ。バスタオルとタオルは1枚ずつ。浴衣は各サイズが用意されていました。

img_224867_1700212_2.jpg

お風呂も付いてます。
トイレはウォシュレット(動作確認済)でした。


夕食

 

1階レストラン『山の詩』 (18:00~21:00)


夕食は18:00からでお願いしました。
入口で部屋番号を伝えると、テーブルまで案内してくれます。

img_224867_1700212_3.jpg

料理がずらっと並べられていて、まずは飲み物の注文。
それから蔵王牛&高原野菜の陶板焼き用と芋煮鍋用の固形燃料に火を入れてもらって、食事開始です。

img_224867_1700212_4.jpg

芋がらのお味噌汁・御飯(はえぬき)・お造り(紅マス昆布〆・鯉の洗い・刺身湯葉)・炊き合わせ(淡雪饅頭)・おろし蕎麦・デザートは後から運ばれてきます。
 
宿代を考えるとまあまあ満足かなぁ。
東北だからといってあまり味の濃いものはなかったし、郷土の食材にも結構こだわってたと思いますよ。

img_224867_1700212_5.jpg

量もそれなりにあって、好き嫌い王の幼馴染が肉や生魚を除いて食べても、しっかりお腹いっぱいになってました。足りない場合でも、別注料理が何種類かありましたよ。
 
それではライトアップ鑑賞準備の為、部屋に戻ります。
 
次に続きます。
スポンサーサイト

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1769-d8f803b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。