ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あせび野[1] 外観&館内  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

私は2011年10月以来、7回目。
父上は2010年6月以来、6回目のあせび野さん。

今回は、父上のリクエスト。
来月は近場の箱根あたりでゆっくりさせようかと思っていたら、父上が「抗がん剤治療再開前にあせび野に行って、馴染みのスタッフに挨拶しておきたい」って。

ここならエレベーターもあるし、部屋の設備のあちこちに手すりが付いてます。
スタッフさん達の接客姿勢も信頼してるから、とっても安心。

予約の後に父上の状況(治療休んでて現在は元気)と私の事情(ダイエットしてるから思いっきりご飯残すかも)を一応連絡したら、
「お父上様の件、夕食の件共に承知致しましたのでどうぞご安心してお出掛け下さいませ」
っていうお返事をいただけました♪


今回は楽天トラベルから予約。
冬得 お部屋でのんびり露天風呂を楽しむプラン
1人 27,450円(消費税・サービス料・入湯税込)

予約手数料の問題とか色々あるのに直接予約じゃなくて申し訳ないけど、金欠なので溜まってた楽天ポイントを利用したかったの(´Д⊂
一応予約直前に宿に電話をして、掘り下げタイプの浴槽のある部屋が空いてるのを確認。
父上の脚力が落ちているのでその部屋で…とお願いしました。


外観・玄関



谷川の湯 あせび野
住所/〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1931-1
客室/全18室  チェックイン/14:30  チェックアウト/10:30
一人泊/不可  au、部屋では微弱(3G回線はほぼ無理で1Xも難しい。Wi-Fiは可能)。館内でもばらつき有。全室、無線LANでインターネットに接続可。



as4.jpg

神奈川県西部から東名を利用して通常ルートで行くと1時間半~2時間弱といった所ですが、今回はまず宿へのお土産を購入すべく小田原 菜の花 あ・ん工房へ。
『ご黒うさん』と『箱根のお月さま。』をいっぱい買って、小田原から箱根新道→1号線で三島というルートで。東名を使うよりは約1時間は余分にかかったかな。

ここに作務衣姿のおじ様が待機しているので、車を止めて荷物を降ろして渡します。
駐車場はこのロビー棟のずっと奥にあります。

as5.jpg

私は一足先に玄関へ。

as76.jpg

玄関前の手水鉢(?)にはその季節の花が生けられてるんだよね。
「今日はなんの花かな~」って、毎回楽しみだったりします(*´ω`*)


ロビー・館内


as6.jpg

どーんと吹き抜けのロビー。
この日は天気が良かったから、光があふれてポカポカでとっても気持ちのいい空間でした。この一角に数種類の新聞が用意してあるので、朝はおじ様方の休憩所と化してます(笑

as3.jpg

館内のあちこちには椅子やテーブルがあって、好きな場所で寛げます。
移動に疲れるほど館内が広いという訳ではないけれど、ちょっとの歩行で疲れたり足腰に傷みが出る父上のような人にはとてもありがたい。

エレベーター移動ができて、館内もフラットな床が多くてつまづきにくい。
手すりや、分かりやすい案内表示も各所にあります。
完全なバリアフリー対応じゃなくても、注意箇所が少なければかなりの安心感に繋がります。

ほんとにねー… 歳をとると大変。
ちょっと入り組んだ館内で迷ったり、引き戸なのに片開き戸だと思い込んで引っ張って開け続けようとしたり、本人は足を上げたつもりでも充分に上がってなくて段差で躓いて転倒したり。
「ちょっと前までそんなミスしなかったじゃないの」 「嘘でしょ!?」 ってことが次から次へとたーくさん出てきます。
特に父上は治療の関係で怪我をしやすくて血が止まりにくなってるので、旅行先での完全放置はできないから、同行者としては神経を使わざるを得ない訳で。

だから再訪宿をつい選びがちになるのよね。

今回は父上だけかざはやの湯を借りたんだけど、入口までちゃんといつも担当してくれるスタッフさんが案内して説明してくれたり、父上の行動に気を配ってくれていたので助かりました。
こういう時は特に今までの関係性というか、ただ泊まってくるだけではなくてスタッフさんたちと会話を楽しんだりちょっとした交流の積み重ねがあったからだよなぁ…と思います。
父上の話好きにもいいとこあったんだ(笑


お着き菓子


as9.jpg

お茶・竹墨かりんとう・黒米ようかん。
記帳のあと、部屋に案内してもらいました。



私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野
スポンサーサイト

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1757-c9ab3302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。