ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

旅亭 たかの[10] 朝食  


※2012年10月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

和食のみ


7:30・8:00・8:30 の3つから開始時間を選べます。

20分前くらいにお布団係のお兄さんがやってきて床上げしてくれます。朝食前に布団を片付けるか、それともチェックアウトまで敷きっぱなしにするかは夕食後に決められますよ~(*´ω`*)
15分前あたりから、夕食と同じ配膳係さんが来て準備を始めます。
最初にリンゴジュースを持ってきてくれて、それを飲みながら新聞を読んでる間にセッティングが完了です。

37.jpg

なんか久々にすごくシンプルな朝食に出会ったかも。
上の写真、これでほぼ全部のおかずがそろってるもん。

38.jpg

少し甘めの温かい出汁巻き卵と、ほんのり温かい焼き鮭。

41.jpg

山菜と椎茸・高野豆腐・人参・いんげんの冷たい煮物はちょっと濃い目。味がしっかり煮含まっててウマ( ゚д゚)ウマ

青菜の胡麻和えやサラダは私も安心して食べられた(^w^)
トマトの手前にあるのはシャクシャクした歯ざわりの芋(ヤーコン?)のマヨクリーム和えで面白かった♪とろろ汁はそのまま飲んでもおいしかったよ(笑

ダイエット中のアラフォー女と70代のジジイにはちょうど良かったけれど、食べ盛りの世代や働き盛りの男性陣にはきっと御飯おかわりしないと足りないと思います。


朴葉味噌


これね、卓上七輪でさっと炙ったら給仕係さんがちゃんと頃合を見て火からおろしてくれるの。
ベストな状態でいただけます(゚∀゚)=3

40.jpg


お粥と白米


42.jpg

お粥とお櫃ごとの御飯が運ばれてきました。
なめたけ・ふりかけ・海苔の佃煮?等や朴葉味噌等、御飯のお供が揃ってましたからたくさんおかわりできると思いますよ。


デザートと飲み物


食後は、フルーツとコーヒーで〆でございます。

43.jpg




総評良かったこと・残念だったこと


今回はとにかくお湯の魅力にウットリの宿泊でした。
その次は、温かみのある接客。
仲居さんたちが、昔ながらの旅館にいるタイプというか、いい人加減が滲み出ているご婦人達っていうのかな。
近いのはみちのく庵のスタッフさん達あたりかなぁ。
親しみがあって、仕事はしっかりしていて、とても細かいところまで心配りをしてくれる素敵な人ばかりでしたよ。
特に配膳担当の方は本当に良い人だった(*´ω`*)
私達は早めにチェックアウトしたのだけれど、いつの間にかロビーに来てて。駐車場まで荷物を持ってくれて、車が出るまでお見送りしてくれようとしたの。
「カーナビの設定とか出発前に色々やることがあるから、もう戻っていいよ」って父上が言って、やっと仕事に戻ってくれました。

細かい段差が多いという安全面の不安はあるけれど、年配層が安心できる接客をしてくれるお宿だと思います。

メインの食事は、たまに「ん?」って品も出てきたので、通常メニューを選んでからじゃないとちょっと判断できない部分があるのは確か。
でも長野にしては味の濃さは抑えられていて、なかなかおいしい料理でした。

トータルで考えると、宿泊料金を超える満足度の高さでした。
是非再訪したいと思います(*´艸`*)





私が今回利用したのは【楽天トラベル】 戸倉上山田温泉 旅亭 たかの
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 貴賓館 旅亭たかの
スポンサーサイト

category: 旅亭たかの 旅行記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1756-820a17f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。