ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

旅亭 たかの[7] 夕食~その3~  

※2012年10月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

強肴


49.jpg

【強肴】 海鮮マリネ 帆立貝 海老 烏賊
優しい酸味のマリネで口がさっぱり。
ピーマンやパプリカとのバランスが良くておいしかったです。


酢の物


48.jpg

【酢の物】 柿白酢和え 柿 大根 胡瓜 人参 木耳
これもさっぱりだけど、甘めのお酢と歯ざわりの良いもの揃いで楽しい一品。
でも私はここでとうとうお腹がいっぱいになってしまって、2口で泣く泣く断念(泣
全部食べたかったな~(ノД`)


食事・香の物・止め椀


44.jpg

【食事】 松茸御飯
【香の物】 野沢菜 蕪 茗荷味噌漬け
【止め椀】 なめこ汁


45.jpg

配膳担当さんがよそってくれました。
だかしかーし。胃の許容量の限界突破してる私は、御飯を避けてスライス松茸だけ食べて、お味噌汁を半分いただいて夕食を終了しました(´Д⊂


水菓子


46.jpg

【水菓子】 無花果コンポート りんごワイン煮
リンゴとイチジクに目がない父上が、私の分を奪って完食。
煮ないでそのまま出してくれたら、頑張って食べたのにぃ(;^ω^)



こちらのお宿は心付けは固くお断りしているそうで。
もしOKな宿だったとしても、父上がチップを出すまでの満足度ではなかったかな?

前半の印象の薄さと、煮物・焼き物あたりの「なんで?」と残してしまうバランスがあまり良くない品があったのがやっぱりひっかかってねー…
後半はものすごい勢いで盛り返して、最終的にはかなり満足度が上がったのですが。
通常メニューをいただいてみないと判断しづらいかも。

ひとまず今回は、
『泉質の良さと特別プラン宿泊費から考えると再訪はアリだね』
というのが父娘共通の感想となりました。

料金の値上げで選択肢からはずした鶴鳴館 松坂屋本店と入れ替わりで再訪リストに入った感じといいますか。
御宿 万葉亭とかもそうなんだけど、「お湯と接客が気に入ったら食事はギリギリ合格点あたりでかまわない」っていうくくりです(^ω^;)


この後、男性スタッフさんが布団を敷きに来てくれました。
明るい気さくなお兄さんだった(^w^)


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 戸倉上山田温泉 旅亭 たかの
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 貴賓館 旅亭たかの
スポンサーサイト

category: 旅亭たかの 旅行記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1753-b6d0b31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。