ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

旅亭 たかの[2] 部屋『竹の間』  

※2012年10月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

1F 露天風呂付き客室【竹の間】


源泉掛け流し露天風呂付客室 和室10畳+前室3畳 シャワー・トイレ付
庭園と山々で眺望最良の部屋だそうです。

最初、8+4.5畳の松の間を予約する予定だったんだけど、到着してすぐに布団を敷いてもらってゴロゴロするのが好きな父上。
でもこのお宿は部屋食。8畳だとその前に一旦畳む手間をかけてしまうなー…と思ってこっちに変更しました。(10畳なら布団をそのまま端に寄せるだけでいいんで)

8.jpg

定番の和室。
『竹の間』という事で、竹にこだわった掛け軸や襖・壁紙が。腰壁にも竹が張られています。

7.jpg

TV・貴重品入れ・鏡台・文机と、部屋食で喫煙可能(部屋以外の場所は不可)な為にプラズマクラスターの空気清浄機も設置されています。冬は加湿器の貸し出しもしてくれるそうですよ。

明るい日差しが差し込んで暖かく、気持ちよく過ごせる部屋でしたね。

9.jpg

広縁も広くて圧迫感がないから、朝はここで新聞を読んだりとのんびり。

基本的に、街中にあるとは思えないくらいとても静かに過ごせる部屋でした。
が。上階の男性客かな?の力強く歩く震動がやや伝わりやすく、明け方には男性の低音イビキもうっすら聞こえてきました(;^ω^)
それからテレビ前に布団を敷いてもらって寝ていた父上は「なんか床から伝わる微振動が気になる」と言っていました。私は全然分からなかったけどね |A`)


前室


浴衣は1人2枚。バスタオル・フェイスタオルは1枚ずつ。足袋ソックスも用意されています。

6.jpg


玄関周り等


玄関から入って広い踏込部分。左が前室、突き当たりの扉が洗面所、右にはトイレが。

10.jpg

イナックスのシャワートイレ用便座に変更済み。
冷蔵庫の中身は、オレンジジュース・烏龍茶・いろはす・コーラ・サイダー・ビール。
全て有料で、烏龍茶は1本200円だったと思います。
氷入りの冷水も陶器のポットに入っていて、夕食前など仲居さんが入室する時に残量をチェックして追加しといてくれました。


鍵は1つ


11.jpg

貸切風呂や大浴場があるからちょっとだけ不便だったかも。
お茶菓子は温泉饅頭で、部屋についてから持ってきてくれます。お茶はセルフ。

もちろん部屋はおろか館内全体でインターネット接続もWi-Fi接続もできません。
本館の亀屋本店ホテルの施設では可能らしいんですが、地図を見ると結構離れていたので「iPad抱えてわざわざ行かなくても良いか」と諦めました。


昔ながらの旅館なもので部屋にも各種お風呂にも段差が多く、特に踏込や広縁の段差が絶妙に引っかかりやすい高さだから父上ってば躓きまくり(>人<;)
何度も転びそうになってひやっとしました(´Д⊂ ちゃんと注意しろと言ってるのにっ(泣


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 戸倉上山田温泉 旅亭 たかの
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 貴賓館 旅亭たかの
スポンサーサイト

category: 旅亭たかの 旅行記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1748-5cde7945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。