ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

色々決めなきゃ  

お葬式の話も出はじめました。

本人は私達兄妹だけが見送る簡易な密葬(通夜・告別式のない直葬+お経あげてもらうくらい)でいいって言っていたけれど、人懐っこい父上は本心では親戚や友達にも送って欲しいと思ってるんじゃないのかな?って言われました。
確かにそれはあるかもしれない。
分割払いが出来る葬儀プランもあるから多少無理してもお別れの場はちゃんと設けたほうがいいのかも…


でもね。
幼い頃に母が死んで、つらいことがあるたびに天の母に向かって縋ってもなんにも変わらなかった。
だから人は死んだらそこで終わり。
霊魂の存在なんてない…って個人的には思ってます。

なので、父上の老後を支えるために少しは貯金をしていたけれど、生きているうちに父上の為に使おうと考え直して、温泉に連れて行ったり欲しい物を買って渡したりするように切り替えました。
現在は少しでも口に入れられそうな好物やハイカロリー飲料などを入手したり、差額ベッド代資金にして、あともう少しでそれも尽きます。

生きてる間に親孝行をする…その使い方に後悔していません。


現実として、度重なる治療や入院費で本当にお金がないのも事実。
退職金があるような職種でもなかったし、まとまったお金が下りる保険になんて入ってないんだもの。たった5万だよ、確か。
それに加えて兄は正社員雇用じゃないし、私は収入が安定しない自由業。
先の生活を考えると無理はできないかな…
父上自身も、そういう事情や自分の保険額の少なさを考えて決めたんだろうし。


兄とも毎晩話し合ってます。
父上の現状を連絡する際に、上の自分たちの考えも一緒に説明して、もしお別れを言いたいなら元気なうちに病院に会いに来てくださいと話すしかないかなって。


父上の本心には背くかもしれないけれど、
近日中に何件か葬儀会社にこじんまりとしたプランが出来ないか、事前相談してみることになりました。


車も、買い替えにかかる費用と維持費を自分で計算したようで、次の車検までの1年ちょいは父上の車を手放さないことになりました。
そのあとに軽自動車に買い換えるみたいです。

本籍を今の地元に移すのも、その必要がない・そうしたほうが便利 それぞれの意見が寄せられていて、見事に半々なんだよね。あと数日は考えてみます。
スポンサーサイト

category: 日常

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1654-0738e389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。