ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

的中  

このまま退院できないかもしれない。

短くて1ヶ月。

長くても、何ヶ月も看護が続くということはない。




事実上の余命宣告です。



今夜、父上抜きの場所で先生とお話してきました。

体力が戻らないのは、食欲が戻らないから。
食欲が戻らないのは、あちこちに痛みがあったり、腹水が溜まって呼吸がしずらくなるから。

今までは腹水対策で利尿剤を処方していたけれど、腎臓の機能が低下しているから量を増やさなきゃいけなくて、それでまだ腎機能にダメージがあるのと、
利尿剤はお腹にのみ効く訳じゃなくて、全身から均等に水分を排出してしまうから、どうしても脱水状態になってしまう。
23日の外来の時はまさにこの状態でフラフラ。
だから点滴で水分や糖・電解質などを大量に体に入れないといけない。

利尿剤を減らして腹水穿刺するにしても、48時間で元のパンパンな状態に戻るからすぐ病院に行って管理入院(+点滴)は必須。
本人が家にいることを望めば短期入院を繰り返す方法もあるけれど、家での看護は大変。それなりの準備・設備も用意しないといけない。


抗がん剤が効く可能性もあるけれど、自分はこの状態では勧められない。
可能性は5割。
効くにしても効果が出るまで1ヶ月くらいはかかる。本人への負担も大きい。
効かない場合、ぐったり動けなくなって寿命が確実に縮む。


選択肢は4つ。
・一か八かで抗がん剤治療。
・短期入院(一時帰宅)を出来る間は繰り返してあとは入院。
・あちこち悪い部分をちょっとずつメンテナンスしながらこのままずっと入院。
・お金はかかるけどホスピスを探して入れて、治療せずモルヒネ大量投与で意識無く静かに最後を迎えるか。

どの方針でいくか。
本人にどこまで伝えるか。
30日(水)の夕方に先生と会って、その答えを伝える事になりました。



予想より早過ぎて、兄も私もまだ実感沸いてないです。
転移の段階で、あと1年持つかどうかとは思ったけれど、体力が戻って抗がん剤さえ再開できればもう少し長く…と思っていたから、こんな提案を今夜聞くとは思わなかった。


いつもは父上の病室に先生が来て、私と一緒に説明を聞くんですよ。
でも今日は私だけ呼ばれたからかな。
病室を出て帰ろうとした私に突然、
「ウチの車、もう俺は乗れないから廃車にする。
 一応お兄ちゃんが使う気あるか聞いておいて。
 軽自動車か何かに買い換えるなら駐車場そのまま契約続行すればいいから」

って言い出しました。
ああ、父上も薄っすら気付いたんだなー…


私達兄妹がさっき話し合った結果としては、
ホスピスは経済的に可能な所は遠く、なかなか空きもないようなので入院続行希望で、
抗がん剤は使わずに痛みなどの緩和重視にしてもらう。
近いうちに一時退院だけはさせてもらう。
内容・経過は全部本人に伝える方向

という方向で考えてます。


今夜はさ、呼び出された時点で嫌な予感がしたからさ。
今日仕事がお休みだった既婚幼馴染に相談して、病院まで迎えに来てもらったんだよ。
兄は仕事が終わらなくて病院に来れなかったから、1人で帰るの嫌だったんだ。
先生からの話を聞いた後、
既婚幼馴染に「話終わったから病院までお願い~」ってメールして。
迎えに来るのを待ってる間にもう1人の幼馴染・のりりんに電話して説明して。

説明しながらも、頭の片隅で入院費用を父上の預金をおろしておかないとなー…とか、戸籍を地元に移しておなきゃとか出来る分の名義変更をしないと…と冷静に考えてる自分もいて、なんか落ち込みました…

昨年12月から腹水が溜まり始めて、食欲が落ちて、今年に入って一気に悪くなったんだよね。
早すぎるよ。
スポンサーサイト

category: 日常

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1652-d782523e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。