ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ちょっとだけ理解  

今日は朝から呼吸が苦しくなった父上。
朝から救急外来へ。

血液検査とCTの結果、数値にはあまり変化がないからやっぱり腹水の圧迫のせいだろうと。
ということで、血圧もあんまり高くはないので腹水穿刺での1泊入院が決定しました。

まぁさっきやってみたのに500mlしか抜けなかったようですが。
当直の外科医が年末にも見てくれた若い先生だったんだけど、あちこち針を刺して失敗しまくってたもので、父上ったらおっかなくなって「もういいよ」と止めてしまったんですと |A`)
血を採るのも失敗続きだったようですよ。
刺し直しと刺した後のグリグリを何度もやられたらしい_| ̄|○

外科外来で見かけた点滴センターの看護師さん(一番上手い)を思い出して、「プライド捨てて点滴センターの看護師さん呼んで教わってみろ」と、彼女に交代してもらったら、一発で成功ですと(ノД`)

でもこの若いお医者さん、説明はとても分かりやすいの。
利尿剤が効きにくいしくみとか、なぜ点滴の種類を変えてくれなかったのか等、「N先生(主治医)もこうしてそのつど教えてくれたらいいのに」って思っちゃうほど的確に答えてくれました(^ω^;)


はるかに年上で経験豊富な方にも相談した結果、
N先生や患者サポートセンターに不安不満を色々ぶつけてみて、それでも信頼度が薄まったままなら他の病院にも意見を聞いてみようということになりました。
まぁここら辺の大きな病院は激混みで全部協力関係にあるから、そのままそこで治療に当たってもらえってなりそうだけどねと |A`)


利尿剤の種類を変えない理由とか、細かい部分も全部聞いてしまおう。
なんかね、思ったの。
今日入院受付で書類を受け取って、また連帯保証人のサインを貰わないといけない書類も渡されたんだけど、「マニュアルに添って説明してるんだろうから、応用が聞くか交渉してみな」ってアドバイスされて。
それで「毎回連帯保証人のサインが必要なんですか。先週入院したばっかりだし」って聞いてみたら、すんなり「しばらくはご家族の記入だけで結構です」ってなったよ。
今までは「私達は素人だから、先生に全部任せよう」って受身になりっぱなしだったけどさ、うざがられても言いたいことは言わないと駄目だなと。
もちろんモンスターなんとかになるレベルじゃなくてですよ?
質問したり疑問を持つのも患者家族としては当然かなと。
今までが遠慮し過ぎてた気がしたのですわ。
だってご飯食べる間もなく働いてる先生の姿見てたしさー(ノД`)


…うん。
具合が悪くて当り散らす父上にも慣れないと。
精神的にもっと逞しくならなきゃね。
スポンサーサイト

category: 日常

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1645-26fa0cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。