ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

きたの風茶寮に泊まってきました  

きたの風茶寮さんに泊まってきました。
 
最近は伊豆箱根泊が多かったから、『北海道』というコンセプトが新鮮で目新しく写って、それゆえにいつにも増して楽しめたのかもしれないけど、
今年NO.1の寛ぎ宿だったかもしれん゜ +(*´д`)°+°
 
ktnkz4.jpg
 
私達が泊まったのは、一番お安い 206『SUSUKI/ススキ』
…といっても1人 32,000円で予算オーバーしてたがな |A`)
部屋の広さは、翠松園さんの渓(はなのめ)より少し狭いかなといったところ。縦長でなかなか落ち着く空間でしたよ。

デスク周りにコンセントが1つしか見当たらなくて、ポットとPCとスマホの充電に悩んだとか、隙間が出来やすいウッドブラインドは異性親子向きじゃないとかささいな不満はあったけどね(;´Д`)
 
ktnkz2.jpg

ベランダの温泉周りはコンパクト。
お風呂の大きさは縦横ともに約140cmで大きさ充分なんだけど、「ちゃんとした内風呂があるのに、なぜここに無理矢理シャワーブースを作ったのだろうか…」と思わずにはいられない配置が謎でした。
いや、私達はいいんだけど、年寄りはよろけたりすることが多々あるんです。
そんなとき、2方向をガラスに囲まれてるのって怖いんですと。たとえ強化されてて割れにくいとしても、そんなのとっさに思い出さないからさ。
 
そして夜はお風呂の上部とかに照明がなくて真っ暗。
ブラインドをいちいち開けて、部屋の明かりで入れってことなんだろうか…
ここら辺の改善は難しいかもしれないけど、ちょっと気になりました。
 
や、あえてこういうとこもメモしてみた(;^ω^)
 
ktnkz3.jpg
 
お湯は薄濁り。
仙石原のお湯って、昔はもっと思いっきり白濁してたのにねー。
 
ktnkz1.jpg
 
料理は、夕朝食とも大満足(゚∀゚)=3
北海道と箱根周辺の食材をそれぞれ生かしてましたし、見た目の遊びや演出も存分に楽しめました(*´ェ`*)ポッ
 
ktnkz5.jpg
 
料理と同じくらい良かったのが、スタッフさん達!!
特に女性陣がみんな素敵だったのよぅ゜ +(*´∀`)b°+°
美人さんですごく丁寧なのに、鍵を連続で落とすドジっ子さんにも萌えましたが、キビキビした仕事ぶりだけど決して笑顔は絶やさない方揃い。
北海道からやってきたという配膳担当の女の子はみんないい子達で、接客が楽しくてやりがいを見出してる様子が全身から溢れてる感じ。
そしてうちの話の長いじじいを相手にしても、うわべの返事だけじゃなくてちゃんと会話をしてくれてるの。
共通する大好きな食材で盛り上がったり、北海道の食材を褒められると地元愛で満面の笑顔になったり、なんかほっこりしてしまいました。
男性陣の固さ(真面目すぎ?慣れてない?)や、館内についてのやや説明不足な点はアンケートにがっつり書いてきたから、次回までに直ってるといいなぁ…
 
多少の階段移動はあるけれど、「ここは年寄り連れでも安心して泊まれるな」と、再訪を心に決めました。
 
 
レポは明日公開の予定です!!
スポンサーサイト

category: 温泉

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1353-d5788e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。