ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山のホテル ヴェル・ボワ -箱根-  

仕事で大失敗して、ズズーンとヘコみそうになったワタクシ。
落ち込んでても前に進めないので、仕切り直しをしてスパッと気持ちを切り替えたい!!と思い、Sっちと行きたかったトコ巡りをしてきました。
と、いっても相変わらず時間はないままなんで、場所は箱根。
山のホテル(元箱根側・芦ノ湖畔)でランチ→翠松園(小涌谷)でおもたせ購入→とらや工房(御殿場)でお茶…というルートです。
 
ヴェル・ボワ
 
小田原や箱根湯本近辺走行中はただの雨が降ってただけだったのに、箱根新道に入ってすぐに霧(゚д゚)キター
対向車に驚くくらいの濃霧。元箱根に出ても一向に晴れず、濃くなるばかり。
湖どころか鳥居も見えんて(;´Д`) 
 
外見は霧でまったく見えなかったんで、とっとと中へ。
ここは窓際の席以外は予約不要です。
とりあえずランチコースと、私の分だけグラスシャンパン(ルイ・ロデレール 1,700円)を注文します。お絞りがタオルじゃなくて紙なのはちょっと萎え(;^ω^)厚手でふわふわだけどさ。
シャンパンは泡が強すぎなくて飲みやすい~vvv
 
山のホテルランチコース 4,800円(税・サ込み 5,544円)
 
ヴェル・ボワ
 
Amuse-bouche 一口オードブル
芦ノ湖といえば…なんでしょうな。またワカサギです。
アツアツサクサク。
 
ヴェル・ボワ
 
Entrée 三崎市場直送 鮪のカルパッチョ 夏野菜添え
これ美味しかったヾ(´∀`*)ノ
まったり鮪赤身にはマヨネーズソース。野菜にはさっぱりドレッシング。お皿の上にはバジルソース。上に飾られたパンは微妙な湿気具合で(湿気たパンが苦手なのです・泣)半分くらい残したけど、他はウキウキ食べつくしました。
この段階ですでに、「箱根ハイランドホテルより私達の好みに合ってるね」とSっちと意見が一致ですよ。
 
ヴェル・ボワ
 
パンはふかふかもっちり。そしてちゃんと温かいです。 
 
ヴェル・ボワ
 
Potage 野菜のミネストローネスープ
熱々でびっくりしたΣ(゚Д゚;)
具だくさんのさっぱりスープです。
 
ヴェル・ボワ
 
Poisson ouViande 沼津市場直送 新鮮魚介料理
メインは4種類から選べて、Sっちはお魚をチョイス。今日は的鯛のフリール。ハーブをたっぷり混ぜ込んだ衣を付けて揚げたものですな。下はさっぱりめのトマトソース。
淡白な白身魚は厚くてふわっと。衣の味がしっかりしていてウマ( ゚д゚)ウマでした。
付け合せは、ナスとカッペリーニ。
 
フランス産 鴨もも肉のコンフィー マスタード添え or 和牛フィレ肉のグリエ シェフ特製ソース(追加料金 2,310円) もありました。
 
ヴェル・ボワ
 
Poisson ouViande 国産牛ロース肉のグリエ エストラゴンソース
私はお肉。柔らかーいロース肉にソースがたっぷり。エストラゴンの芳香?は薄くて塩分が若干強めだったので、ソースは少し落としていただきました。でもうまーい。
つけ合せは揚げたジャガイモ・カボチャ・焼きトマト・カリカリベーコン・ボイルいんげんとあとなんだったかな。
「お腹いっぱーい」と言いながら完食いたしました♪
 
ヴェル・ボワ
 
Dessert クレームダンジュ フランボワーズシャーベット添え
Café ou Thé コーヒー または 紅茶

クレームダンジュはすごくさっぱりしてて、ベリーのソースを付けて完成形!!って感じ。ふわっとした食感で、中にチョコレートムースが隠されています。
ここのフランボワーズのシャーベットが、甘さ控えめでベトつかず、酸っぱさが際立っていてとっても好みだった゜ +(*´д`)°+°ものすげーさっぱりしましたっ。
 
 
トータルで 13,051円。
サーヴもなかなかで、予約ナシでふらっと寄れるのは嬉しいです。
景色が楽しめたらもっと満足度が高かったと思います!!
次は天気のいい日に来るぞ!!

 
-----------------------------------------------------
来月・再来月に箱根の宿を予約済みです!という方が多かったので、写真の補正をロクにしないままですが紹介してみました。ランチの候補に入れてみてください♪

この後、チェックイン時間前の翠松園さんに寄って、おもたせの『鮑柔煮』4,800円 『じゃこ山椒煮』1,000円 を購入しました。
宿泊者じゃなくても購入出来るそうです。
事前に注文&到着時間の電話連絡をしておくと、保冷剤をしっかりセットして準備しておいてくれます。
 
煮鮑は、父上がずっと食べたがっていたので。鰹出汁でめちゃくちゃ柔らかく煮込まれてました。肝の味と香りが染み渡っていて私は苦手だったけど、父上はあっという間にペロリと。
じゃこはちょっと醤油が強めな感じで、父上にはジャスト。
私はお茶漬けにするとベストな味付けです♪
 
よーし!!
洋服買ったり食べたりと散在した分、しっかり体調整えて稼がなきゃまずいぞー!!…と、自分を追い込んでみる(笑
 
明日はとらや工房を紹介します。
スポンサーサイト

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/tb.php/1125-e698013e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。