FC2ブログ

ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[1] 館内  

 
今までに4回泊まったくらいお気に入りのお宿 鶴鳴館 松坂屋本店 に再訪してきました。
2011年3月上旬に父上と2人泊して以来だから、4年3ヶ月ぶり。
料金の値上げと非バリアフリーな構造がネックで、選択肢から外しちゃったんですよねー…


「近すぎて泊まる所じゃない。日帰りで充分」と、箱根の温泉には今までまったく興味を示さなかった幼馴染が急に泊まってもいいと言い出しまして、
「チャーンス( ゜∀゜)o彡°」とばかりに決定しちゃいました。


今回はらくだ倶楽部から予約。
らくだ限定☆【アワード2014】プラチナ賞受賞記念プラン~2014年予約ランキング全国1位!特別謝恩プラン1室14,000円OFF!
源泉内風呂付【庭園を望む和洋室】和室8畳+ツイン◆禁煙◆ 2人 40,300円(消費税・サービス料込)

お気に入りの宿には直接予約の方がいいのだけど、今回は提示予算内で収めねばならず(^ω^;)


ロビー



鶴鳴館 松坂屋本店
住所/〒250-0523 神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯57
客室/全18室
チェックイン/PM3:00  チェックアウト/AM11:00
一人泊/可
au、部屋によっては1X~3Gギリギリ。


4_2015060721220552e.jpg

箱根の山は寒すぎて部屋に籠っていたから、外観撮るの忘れてたよ…:(ヽ'ω‘):
玄関前の駐車スペースに車を停めるとスタッフさんが来てくれるので、キーと荷物を預けます。

5_20150607212206780.jpg

館内に入り、カウンターでチェックイン手続き。
予約サイトを利用した為、記帳項目がプリントされた申し込み内容の確認とサインのみ。
この日の夕食の時間は 17:30 か 18:30 どちらかを選んでくださいとの事だったので、遅い方を選びました。

前は名刺サイズの紙に書いといてくれたのだけど、それはなくなってました。


館内



8_20150607212208445.jpg

幼馴染は初めてだから、隅から隅まで探索(笑
ここまでアップダウンが多くて入り組んだ宿は初めてだったようで、珍しげにしてました。
松坂屋さんの歴史が分かる資料部屋で展示品を熟読したりと楽しそう(`・ ω・´)b

ロビーをうろついてた時、何かを運ぼうとしていたスタッフさんが突然Uターンしたので忘れ物かな?なんて思ってたら、女将さんを呼んでくれてた(笑
父上が好きだったお菓子を心づけ代わりに渡したから(食材対応してもらうのでね)それのお礼と、父上の思い出話をしてみたり。
そうそう。夕食時の女将さんの挨拶が無くなっちゃったんだってね~。
だからタイミングが合わないとチェックアウトの時まで会えない場合もあるそうで。
幼馴染は「挨拶なんていらないよね~」な人なので、私を置いて1人で散策を続けておりました(´・ω・`)

10_20150607212212435.jpg

平日でしたが、半分くらいの部屋が埋まってたのかな?
いつも通りお客さんの年齢層はちょっと高め。静かにのんびり過ごせますな。

7_20150607212211967.jpg

緑の木々がとってもきれい。この時期の箱根ってやっぱ好きだな~と再確認。


若旦那の庵



3_201506072122320c3.jpg

コーヒーサービスのある朝はめっちゃ混んでる共有スペース。
観光案内や割引券、本なども揃ってます。

2_20150607212234153.jpg

私がここを利用したのは、スマホの電波が弱々で(4Gなんて表示されなかった…3Gもギリギリで1xを久々に見ましたわ)繋がらなかった時と、ipadを使う時のみ。
Wi-Fiが繋がるのはこことロビーだけらしいです。
天上が高いからかな。あまりこの部屋が温まってなくて、長居は出来なかったっス(;´Д`)


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店


スポンサーサイト

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[2] 部屋  


予約サイトによって名称がまちまちですが、公式サイトによると
源泉内風呂付 庭園二間(和洋室) ※禁煙
という部屋になります。


若松 玄関付近



27_2015060817224562b.jpg

2帖ほどの玄関と、5帖くらいの空間にクローゼットと水屋っぽいコーナーがあります。

クローゼットには浴衣・丹前・足袋ソックス・金庫と、大浴場用のバスタオルとフェイスタオルが1枚ずつセットされた籠バッグが用意されています。
ここのバスタオルは大判で厚手で好き~゜ +(*´∀`)b°+°

浴衣は標準サイズで、部屋へ案内されたのちにスタッフさんが交換してくれるようです。
私達はいつも持参の部屋着で寛ぐので断っちゃった(0w0)

15_20150608180007460.jpg

水屋コーナーには水500mlのペットボトル人数分・コーヒーセット・お茶のセット・ポットが。
プランによるのか何なのか、下の扉の中にある冷蔵庫の中身は空だったので、館内の自販機で買ったものを冷やすのに使ってました。


若松 主室


鍵は2個。

34_20150608173810a44.jpg

お着きお菓子はお宿オリジナルのゴーフルです。ロビー横のお土産で購入可能っス。

21_20150608172242a77.jpg

8帖の和室+4帖分くらいの広縁付き。
2人には十分な広さだから、ひたすらゴロゴロしてました。

25_20150608172244645.jpg

床の間に設置されたテレビは部屋の広さの割には小さく感じるかも?なサイズですが、
どこだったかここのような泉質(硫化水素とか硫黄?)の宿の御主人とお話した時に
「温泉の成分が金属を腐食させる関係で電化製品が壊れやすく、買い替え頻度が高いので大型テレビはなかなか入れられないんです(´・ω・`)」
と聞いたことがありまして。
それ以来、においの強い泉質の宿では気にならなくなりました~

シニアに優しい座椅子(脚力の弱いお年寄りの立ち上がり時の負担を減らせるのです)も有り。
とにかくこの日は寒くって、右手のストーブが大活躍!!
箱根(特に高所の芦之湯)を舐めてました(泣

18_201506081723453e8.jpg

せっかく広くてソファがある広縁でしたが、掃き出し窓からの冷えが恐ろしく強くてですね。
冷え性の幼馴染の命により、和室との境目の障子はほぼ閉めっぱなしでした…:(ヽ'ω‘):

26_2015060817234012f.jpg

ここに来るのは、トイレと洗面所兼脱衣所とお風呂を使う時だけ。

33_201506081738115ea.jpg

トイレはTOTOのウォシュレットです!!


若松 ベッドルーム



23_20150608172246e16.jpg

洋室…ではないな。
10帖の和室にカーペットを敷いてすのこベッドを置いた和室だね。

28_201506081722489fb.jpg

ベッドしかないから無駄に広い…
こちらも床の間にテレビ。
広縁には同じくソファがありますが、テレビには遠すぎるし底冷えしたので未使用。

24_20150608172342cd0.jpg

景色も良くはないのでね(笑
「あー!! 噂の室外機だー!!」とバシバシ撮ってたら案内スタッフさん苦笑い(;´Д`)


30_20150608172343188.jpg

上階の音が伝わりやすいというのは、以前他の部屋に泊まった時に体感済み。
この日は夕方から雨が降り出して、0:00頃には風も強まり豪雨に。
ベッドルームの天井(床の間付近)からずーっと聞こえる、激しく叩きつける雨の音…
1:00に風雨が弱まってやっと寝て、2:30くらいにはまた雨が強くなってさー。
左の天井からはバタバタという雨の音。右からは雨どいから大量に溢れて落ちる水の音が大きくて起きちゃったよ(ヽ゜言゜)
幼馴染はすぐに慣れて寝てましたがε-(;ーωー)フゥ…

仕方ないから大浴場行ったり感想をipadに入力してたらすっかり目が覚めてしまいました……


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。