ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013年  



今年は大変お世話になりました!!!
 
201312228b_20131231102809d49.jpg


父上の事でボロボロになった時も、
なかなか気持ちが戻せずにヘロヘロだった時も、
ネットを通じて繋がっている方々からのメッセージがどれほど心強かったか。

やっと少しだけ未来を思い描けるようになったのは
リアル友達と皆さんのおかげです。

とっても感謝しています(*'ω'*)


来年はお仕事面で色々変化がありそうな予感ありありで
また愚痴吐いてうだうだするかもしれませんが、
お付き合いのほど、よろしくお願いしますね(´・ω・`)

あ、最近絵が多いのは落書きが楽しいのと、来年からヒマを見付けて糖質制限の経験談についてちょろっと描いていこうと思ってるので、この絵を見慣れて下さいって感じだったり(^ω^;)
なんかねー、オサレ雑誌の美容ページにあるようなオサレ挿絵を描いてると誤解してる人が複数名おりまして。
違いますよ。コテコテの漫画絵ですよー。

もちろん温泉も楽しみたいです~
お気に入りの宿訪問はもちろん、新規宿にもチャレンジしたいなぁ~


さて、年末年始ですが。
特にお休みなくお仕事の予定なので普通にblog更新すると思います~
ではでは来年は素敵な日々が過ごせますようにっ゜ +(*´∀`)b°+°
スポンサーサイト

category: 日常

tb: 0   cm: --

inside out cafe(インサイドアウトカフェ) -平塚-  

 
先月末だったっけ?友人と一緒に湘南パンケーキでランチしたのって。

その子がね、たまたま半休取れた日に平日限定のランチが美味しいと噂のお店に向かったら、すでに予約がいっぱいでテーブルが空かず。
それじゃあ…と1人でふらりと入ってみたお店が当たりだったんだって。
「お食事系のパンケーキしか食べてないから、他のも試してみよう」と誘われたので行ってきましたよ。

inside out cafe(インサイドアウトカフェ)

今月にオープンしたばかりみたいです。
まかないサンドやピザも人気のようだけど、今回は食事系とデザート系を1皿ずつ。
+150円でドリンク&スムージーのランチセットにしてみました。

201312301.jpg

まずはグリーンスムージー。
とっても飲みやすくておいしかった♪

201312302.jpg

エッグベネディクトパンケーキ 1,080円
友達が前回食べてすごく美味しかったというので再び。
色鮮やかなオランデーズソースがかかったとろーりポーチドエッグ。
左には厚切りベーコン、右にはスモークサーモンが乗ってるんですよ。

甘さ控えめのパンケーキはふんわり系の生地。
ソースや黄身にもヘタれないもっちり具合もあるので、腹持ちがとてもいいのです(*゚Д゚) ムホムホ
かなり好きなお味~ これまた食べたい~!!!

201312303.jpg

イチゴづくし 1,180円
こちらもウマ( ゜д゜)ウマ
クリームも苺のソースも、一般的なお店よりは甘さ控えめ。
甘ったるくないからパクパクいけてしまいます。
一番感激したのが、添えられていた苺のシャーベット!!さっぱりシャリシャリなのに苺感がたっぷり。今年食べたシャーベットの中で一番バランスが良かった(*´艸`*)

いやー…この1ヶ月は大収穫。
好みのパンケーキを並ばずに食べられるお店を2件も発見できた~
ありがとう友達!!また行こー!!!


ふぅ。年内のそとごはんはこれでラスト。
とても美味しい〆でした(*'ω'*)
 

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: --

今年最後のそとごはん  

 
幼馴染とはね。
ってことで、オールドヒッコリーでランチ(`・ ω・´)b

いやー、「味の濃いグラタンが食べたい!!」と幼馴染と先月からずっと欲していたものでね。
同じくらい食べたかった皿うどんは次回に持ち越す事にして、今日はこの店にしちゃいました。

201312292.jpg

海老のグラタン レギュラー  930円

ああ美味しい…
私達は真っ白でサラッとしたベシャメルソースはあまり好きではなくて、しっかりした味付けがされているトロトロソース派なのです。
「食べたいと思った時に食べると、より美味しく感じるね」と満足げな幼馴染。

ということで、年明け早々のリンガーハットランチが決定(笑


喪中だからおせちの準備とかいらないもんで、いつもの年末よりはややのんびり。
年末年始用のお野菜も友達が送ってくれたから買いに行かなくていいしさ♪
お雑煮は父上の好物だったから、お供えついでに作る予定だけどね。
祝い箸使わなきゃいいでしょ( ^ω^)

父上関係の事は全部兄が担当だけど、ちゃんとやってんのかなー…
でも私が手を出してまた具合悪くなると幼馴染ズに怒られるので、ダメなんだけど見て見ぬふり。
私は目の前のお仕事に取り掛かります。
 

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: --

今朝の出来事  

1212.jpg
 
 
何がどうなったのか、人差し指の肉がめくれ上がりました☆
 
 
お弁当を作り終わって、包丁を洗って洗剤を流してる途中で慌ててスポンジを掴んでこすりだしたから、左手の力が入ってなかったのかね。
気付いたら皮と肉をスライスして止まってましたわ。
そんなに流血してはいないものの、右手の人差し指って絵を描くのに曲げたり力入れたりし続ける場所だからじわじわ血が滲み続けてなかなか止まらない(´・ω・`)

ペンが持ちづらくて絵が歪むのがイラっとする orz
上のような太線で落書き程度なら線が乱れてもいいけど、お仕事原稿はさらに細い線で描かねばならず、よたよたするとすごく目立つ(泣
線編集機能が前のPCに入れてた時と同じ効果にならないのもイライラ…

明日無事に提出できるといいなー…
 

category: 日常

tb: 0   cm: --

クリスマスですか  

201312224.jpg

ま、なんもないですけどね (-ω-)/


朝からただひたすら絵を描きながら、

そういえば世間はクリスマスイブでにぎわってるのね~
ケーキや料理やプレゼントの準備を面倒がってた子持ち友人達はどうしてるのかしら。
独身仲間もこの歳になるとクリスマスに対して特別な感情も湧かなくなってきてるのが多いな。
だいたい同業仲間はみんな仕事と年末イベントでそれどころじゃないというか
殺気立ってるか、入稿を終えて脱力してるかだもんなー

…なんて思いながら合間にこんな落書きをして、ちょっとすっきり。
はい。ちょっとイベントに乗っかってスッとしたので、また仕事に戻ります。


チキンとかケーキ買いに行くのも面倒だから、夕食はハンバーグとかでいいか。
 

category: 日常

tb: 0   cm: --

ベーカリー&テーブル箱根[11]   


「そういえば今月は行ってなかったね」
「あれ?そうだっけ?じゃあ今年のパン食べ納めに行っとこうか」

ということで、幼馴染と Bakery&Table箱根 に行ってきました。

201312213.jpg

今日は快晴!!
18日に雪が降った箱根ですが、観光地だけあっていつもメイン道路の除雪がかなり早いんですよ。
雨で溶けてくれたのもあって、箱根新道でも脇に残ってる程度。
朝は多少凍結してるかもしれませんが、お昼近くの車の走行にはまったく問題ありませんでした。

201312211.jpg
 
ちょっと早めについてしまったので散歩。
雲がかぶっちゃったけど、逆さ富士駐車場あたりからの富士山&鳥居。
11:30のオープン時間になったので、寒い寒いと連呼しながらお店に移動します。

201312212.jpg

予約なしだったので入口近くの席。やっぱ予約しといた方が景色のいい席に座れますな。

私は クリスマスランチ 2,480円 にしてみました。

201312216.jpg

本日のブレッド
3種類。おかわり自由です。途中、焼き立てのパンをかごに入れて持ってきてくれたので、きのことチーズのパンもいただきました。
手前のは、オリーブオイルと、さくらんぼとバルサミコ酢のコンフィチュールです。

201312214.jpg

生ハムとクリームチーズシュー / パテ・ドゥ・カンパーニュ
前菜ですな。

201312215.jpg

本日のスープ
前回と同じく、カリフラワーのスープでした。ウマ( ゜д゜)ウマ

201312217.jpg

根菜のキッシュ / チキンバロッティーヌ / スモークサーモンときのこのソテー / サラダ
メインはこのプレート。
いつものキッシュプレートのキッシュ小さ目-ピクルス+チキンバロティーヌって感じ?
紅芯大根を使ったフレンチドレッシングはピンクで可愛いっス。
なかなか食べ応え有りな量でした( ゜∀゜)o彡°

201312219.jpg

スイーツプレート コーヒー or 紅茶
アイス・シュトーレン・シューアイス・苺…
いや、お腹いっぱいだからこれでいいんだけど、メニューの写真にはしっかりケーキが写っていたので、
「どんなケーキが出てくるのかなー♪」とかなり期待していた私はやや傷心(´;ω;`)

見覚えのあるメニューでの構成で新鮮味が薄かった部分もありますが、まずまずの満足度でした~


ちなみに。
幼馴染はこちら。

201312218.jpg

ハムエッグ&チーズのガレット 1,680円
コーンクリームスープ 780円


見た目シンプルだなーと思ったんだけど、チーズたっぷりですごく美味しかったそうです。

あ。サンドとガレットを注文の方は、プラス150円で本日のスープ(カップサイズ)を付けられますよ。
幼馴染はコーンスープ好きなので別注しました。


来年はサンドイッチ群に挑戦するそうです。私は肉料理かデザートクレープにするー!!
 

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: --

スシロー  

201312181.jpg

今年ラストの回転寿司。
仕事でちょっとあって、幼馴染に話聞いてもらったり。

他にも色んな人から意見聞いて、とにかくやってみようと気合入れ直し。


つーかさ。
私の周囲、なんか今年は人生の岐路に立った人がやたらと多いなぁ…
すごく重たい話を言ったり聞いたりした1年だった(ヽ゜言゜)
でもみんな前向きなのよね。
私も出来ることをやり尽してからまた悩もー。

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: --

Kindle Paperwhite  

 
本は好きでよく読むのと、仕事の資料の雑誌類も毎月どっさり届くしで部屋が狭くなりがち。
本棚の許容量は変わらないし、床に積んどくと間違いなくうららさんに崩されます(´・ω・`)
猫は障害物を避けるなんてウソ。
体当たり上等!!とガンガンアタックしてきますよ、うちのは。

定期的に本の整理をしないといけないのがとても苦痛なんスよ。
売るにしても捨てるにしても、これがまた腰に来る重量で。
お勧めされた漫画とか、読みたくて大人買いしたくても、
「これもいつかまとめて運ばなきゃいけなくなるのか…」
と思うとなかなか手が出せない(ヽ゜言゜)

そろそろどうにかしないとなぁ…と思っていたら、
先月だったかな。同業友人が「電子書籍に変えたら部屋が散らからなくなったよ~」って。

友人が購入したのはKobo。
楽天ポイントが使えるからお得と聞いて、じゃあ私もそっちでいいかなーとポチりかけたのだけど、
一応他の人にも…と色々聞いてみたらKindle使いの人の方が圧倒的に多かったんですよ。
最新のPaperwhiteは操作性も快適と聞き、ますます悩む私。
どっちを買ったらいいのか分からなくなって、とりあえず保留しちゃった。

その間にiPadでもいいかと少し試してみましたが、見やすいけど重いorz
本を読むのはお風呂か寝る前。
寝ながら読むにはちょっと邪魔で疲れちゃう重さでさ。


んで、先日の夜。

通信費関係の引き落としにしか使ってないクレカの請求書pdfをそろそろ保存しないとな…と数か月ぶりにカード会社のサイトに行って何気なくポイント確認をしたら、知らないうちに数千円分貯まってたよ(`・ ω・´)b
そういえばポイント利率悪くて、全然チェックしてなかったんだ。
しかもすぐAmazonギフト券に変換できると分かり、勢いで全部交換。
ちょっといいランチを1度我慢すればいいくらいの自腹額で済むので、そのまま注文してしまいました(^ω^;)

201312103.jpg

そうそう、先月までだと思ってた『Kindle本の購入に使える1,980円分のクーポン進呈』キャンペーンが期間延長してたようで、それもちょっとラッキー♪
早速小説とコミックを購入してみました。

201312103.jpg

もちろんスマホよりは大きいです(^ω^;)
充電アダプタはスマホのと共用できた(笑

201312104.jpg

そろそろ読み返そうかと思って出してた文庫を横に。
全体的なサイズは文庫よりちょっと大きく、スクリーンサイズは少し小さめです。

201312105.jpg

でも予想外に読みやすい!!
寝ながら持つのに丁度いい大きさだし、文字もくっきりはっきり。ページの切り替えも快適。
文庫1冊分、スムーズに読み終えました。

コミックは、吹き出しのフォントが小さい作品は読みずらいなーと思う部分もありますが、スマホで見るよりは全然快適。このあたりは作品によってPCと使い分けてもいいしね。
じっくり読みたいのはPCやiPadで、外や寝る前に気軽に読むのはKindleで購入とか。

外出先でも使えるように、カバー探しとこ。

 

 

category: 電化製品

tb: 0   cm: --

予約しちゃった!!!  

 
東府やResort&Spa-Izu の新館に、来月泊まってきます゜ +(*´∀`)b°+°

いやー、実際に泊まってきた方にお勧めされたら、そりゃ心が動くでしょう(´-ω-`)

でもね、そこからが大変。
すごくお得なメルマガ限定プランならどうにか手が届くかも‼と思ったけど、メールは前のPCクラッシュで消えちゃった上にとっくに予約可能期間が終わってたようでさ。
あちこちの予約サイトを見てもメルマガほどの割引率なんてない(泣
通常料金なんて無理だよ(泣 っていうか3万越えはもう厳しいよ(´Д⊂ とアワアワしてたら、
「一休.comで12月16日までの限定プランがありますよ」
と教えていただきまして。

新築の離れタイプの新客室。最大お一人様10,000円OFF!!

……幼馴染に連絡して、OK貰いました。
「ちょっと高いけど、ソファーの有難味を堪能したい♪」ですと(^ω^;)
私も今月来月と精一杯節約します。
財布と圧力鍋の買い替えは2月以降だな(泣





【10日間タイムセール】12/1新築オープン!温泉露天付ヴィラスイート 特価セール

さーて、これでこの次の温泉は春まで確実にお預け決定だil||li_| ̄|○ il||li
 

category: 旅行計画

tb: 0   cm: --

大根、痛い。  

 
豚バラ肉がハンパに余ってたんで、ククパで検索。
ちょうど煮物を作ろうと思って買った大根もあったのでこれにしてみた。

201312101.jpg

とろっとろ大根と豚バラ肉のみぞれ煮

なんか見覚えがあると思ったら、甘栗さんが先に作ってた( ^ω^)

スライサーで薄切りにした大根はとっても軟らかく煮えて美味しい!!
大根おろしがたっぷり絡んで豚バラ肉の脂っこさがまったく気にならないんですよ。
色を変えたくなくて大根の葉っぱは軽くレンチンしただけで散らしたら、シャキシャキした歯触りでいい感じのトッピングになりました♪


だがしかし。この後悲劇が…
最後に火を通すんだから、大根おろしはしっぽのほうでいいかーと思ってうっかり素手で。
水気を絞るのも素手で。

……右手が真っ赤になってめちゃめちゃ痛いil||li_| ̄|○ il||li

ほっとくしかないから、現在我慢中。
そろそろ主婦湿疹もでそうだから、手のケアだけはちゃんとしとかないと。
またユースキン2種類を台所にスタンバイさせておこう。


 

category: 温泉

tb: 0   cm: --

宗家くつわ堂  


昨日の続き。
お腹がいっぱいすぎて歩き回りたい!! ということで、東京駅からちょっと徒歩移動。

201312088.jpg

幼馴染が「東京に来たからにはここには寄りたい」と言っていたのは、日本橋三越本店。
いい散歩になりました(*´∀`)ノ

201312089.jpg

目的地は、本館地下1階の食品「日本橋食賓館」。
ここの和菓子コーナーにある菓遊庵には全国の銘菓が揃ってるんですよ。
甘いものは苦手なのに唯一食べられるのりりんの好物 『宗家くつわ堂』の瓦せんべいは、このあたりでは三越でしか買えないんだって。

201312081.jpg

「食べてみる?」と帰りの車内で渡されて食べてみたの。

この瓦せんべい、ものすっごい固い(ヽ゜言゜)

今まで食べてきた瓦せんべいの中でも1番かも。歯が弱いと絶対噛み切れない(´;ω;`)
でも粉っぽさがなくてしみじみ美味しい。白下糖の甘さもべたっとしてなくてね。
たまに胡麻の香りがぶわっと広がって、ついつい食べ続けてしまうのです。
昔よく高松土産でもらってたから、ここの瓦せんべいが一番好きなんだって。なんか分かるかも。

201312082.jpg

私は帰宅後、八ッ橋をまぐまぐ食べました(`・ ω・´)b
そして昨夜からの鼻水と喉の乾燥、そして頭痛。

風邪ひいたorz

不足していた食料や日用品の買い物もすましたので、今日はおとなしく寝て治します(´・ω・`)
 

category: お酒・スイーツ

tb: 0   cm: --

ピッツェリア エ トラットリア ダ・ボッチャーノ  


今日は幼馴染とKITTE等の東京駅周辺巡りに行ってきました。
友達の子供用にちょっと探したいものがあって、都内なら種類があるんじゃないかと思ってね。

幼馴染が「手荷物多くなるかもしれないし」とのことで、彼女の車でGO。
車を停めたのは、東京駅八重洲パーキングです。

201312083.jpg

まずはKITTEでランチを。
多数の方にお勧めされた6Fの『アルカナ東京 KARATO』は混んでいたため、5Fにあった幼馴染がメニューを選びやすいイタリアンのお店『ピッツェリア エ トラットリア ダ・ボッチャーノ』にしました。

2人とも [ボッチャーノランチ] 1,680円 を選択。

201312084.jpg

本日の日替わり前菜8種類盛り合わせ
肉厚椎茸が特にウマ( ゜д゜)ウマ。
「全部冷たいのが残念…」と幼馴染。行列ができるようなお店だからこれは仕方ないやね。

201312085.jpg

お好きなピッツァ または パスタ きのこのクリームパスタ
これが出てくるまで少し間があったけれど、満席だからしょうがないかなーと。
一口目が美味しい塩加減で、シェアした半分を食べ終わるまでに水がぶのみ。
若い人向けの味の濃さだな(^ω^;)

201312086.jpg

お好きなピッツァ または パスタ マルゲリータ
パスタを食べ終わってずいぶん待たされてやっと出てきたorz
時間かかりすぎて満腹度がかなり上がっていたけれど、少し酸味のあるトマトソースと濃い香りのバジルが乗った薄焼きピザはとっても美味しかった!! 生地がモチモチなの(*´艸`*)

シェアするか最初に聞かれたから、パスタとピザが重ならないようにずらしてくれたんだろうな。じゃあ時間かかってもしょうがないか……とも思ってたんだけど、他のテーブルはピザとパスタの同時出しが多かったんだよね。なんだったんだろうか…
でもスタッフさんはみんな説明が丁寧でした。

201312087.jpg

本日のドルチェ アップルゼリー
よくあるリンゴジュースをゼリーにした、そのままの味でした(^ω^;)

あとはお好きなドリンク

うーん、ピザはとっても好みだったんだけどなー。
次は他の店にしてみよう。
 

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: --

樹氷!! その1  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 
2月某日の日曜日。
幼馴染・のりりんとの3年越しの夢だった樹氷見学に行ってきましたよ。
「最初に見るんだったら山形側の蔵王が良いよ!!」と複数名の方からアドバイスをいただいたので、宿泊先は蔵王温泉に決定しました。

今回利用したのは、びゅうのスキープラン。
往復の山形新幹線は指定席・蔵王四季のホテルに1泊(夕朝食付き)・山形駅と宿の往復送迎有り(要予約)。
びゅうプラザ窓口の予約で、1人 28,400円です。

 

まずは山形へ


山形新幹線 つばさ127号  東京駅(8:08発) → 山形駅(11:00着)


img_224867_1693694_0.jpg
 
東京駅から山形新幹線に乗って行きます。

img_224867_1693694_1.jpg

指定席の座席幅は、グリーン車に比べると前後の余裕がないけど充分な広さ。
東海道新幹線よりはゆったりしてると思います。
読書灯とパソコンや携帯電話の充電に使えるコンセントが足元にあるのがとても嬉しいっス( ^ω^)


おおみやグループ送迎バス 山形駅西口(11:20発) → 蔵王四季のホテル(12:00着)


送迎バスに乗り込み、蔵王温泉に向かいます。
所要時間はおよそ40分。
12:00には蔵王四季のホテルに到着しました。
 
前日が満室だったので、アーリーチェックイン(有料)はできず。
チェックイン手続きだけをして、先に送ってあった荷物を受け取って防寒用の服に着替えました。
 

いよいよ樹氷へ


蔵王ロープウェイ山麓線 蔵王山麓駅 12:50到着


img_224867_1693694_2.jpg

日曜日ということもあって、観光客やツアーの団体がいっぱい。
窓口で往復券(2,500円)を購入する際に、「ここで1時間、上の乗り換えでも1時間待つようになりますが、それでもいいですか」と聞かれて( ゚д゚)ポカーン
じゅ、樹氷見るためにはるばる神奈川から4時起きで来たのよ!!と気合を入れて、長い列に並びましたよ。
 
でもでもっ!!
誘導のおじさんが
「昨日は吹雪いて全然ダメだったけど、今日は頂上晴れてるよ!!ここ数週間で一番いいコンディションで、今日のお客さんはラッキーだよ!!」
ってニコニコしてるからテンション急上昇(゚∀゚)=3
 
ロープウェイに乗れたのは、きっちり1時間後だったけどね_| ̄|○ 


蔵王山麓駅→樹氷高原駅 (約7分)


ぎゅうぎゅう詰めの車内でまったく身動きできず…
外の景色も全然見れませんでした(ノД`)


蔵王ロープウェイ山頂線 樹氷高原駅 14:00到着


ロープウェイから降りたら階段を上り、外の渡り廊下に出てさらに数段の階段。乗り換え駅に進みます。


樹氷高原駅→地蔵山頂駅 (約7分)


こちらのロープウェイは次々にやってくるので、5分も待つことなく乗れました。

img_224867_1693694_3.jpg

全員座れる人数しか乗り込まないから、じっくり足元の樹氷を堪能できます。

img_224867_1696292_4_201312051452031f7.jpg

どんどん大きく立派になっていく樹氷や、その間のコースを滑降するスキーヤーやスノーボーダーの姿を見ては歓声が上がる車内。
みんなカメラを片手にキャッキャウフフですよ゜ +(*´∀`)b°+°
7分なんてあっという間だったwww

次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その2  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 

とうとう生樹氷!!!


地蔵山頂駅 14:10到着


img_224867_1696292_0.jpg

まずは駅の屋上にある展望台に登って樹氷を見渡します。

img_224867_1696292_2.jpg

山頂の気温は-1℃。
すげー寒い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル でもでもっ!!

img_224867_1696292_1.jpg

うおおおおおおーーーーー!!!

img_224867_1696292_4.jpg

青い空と白い樹氷!!

img_224867_1696292_3.jpg

予想よりでっかいんですけどっっっ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
※上の写真の緑のモザイクは知らない2人組さん。 
 
無心でばしばし撮り続ける私達。

img_224867_1696292_5.jpg

一面が白くて眩しくて、液晶画面が全然見えない(ノД`)
適当にシャッター押しまくってました。


今度は蔵王地蔵尊付近に移動。


img_224867_1696292_10.jpg
img_224867_1696292_6.jpg

360°どこ見ても樹氷がある。゚+.(・∀・)゚+.゚!!


ところで。


http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/blog-entry-1196.html

ここにも書きましたが、この日の為に買ったFinePix XP10。
もちろん全然充電残量も減らず、夜まで大活躍でしたよ。
 
もう一つのコンデジ(Canon S90)もまったく問題ありませんでしたがね_| ̄|○
 
雪崩注意報が出るような温かい日だったおかげなのかな。
夕方まで普通に使えたよ…
 
ところが、朝から腹痛が続いていたワタクシ。1時間もすると冷えすぎて痛みが強くなりまして。
私がレストランで休憩している間、のりりんが私のFinePix XP10を持ってベストポイントを探し続けたそうで。
いっぱい写真を撮ってきてくれました(≧ε≦)

img_224867_1696292_8.jpg
img_224867_1696292_7.jpg

風が吹くと寒くて凍えちゃうのに表にまた出て、雪の上に座ったりして。
来た甲斐あったなぁ…と、飽きることなくこの景色を眺め続けてました。

img_224867_1696292_9.jpg

 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その3  


※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 

日が暮れ始めて…


img_224867_1696510_0.jpg

気温は-4.4℃に下がってきました。
17:00からライトアップが始まるけれど、私達が購入したチケットでは16:45の最終ロープウェイに乗って一旦下まで降りなければならないようで。
 
冷え性ののりりんは、夜に向けてもう少ししっかり防寒対策をしなきゃ厳しいし、そろそろお腹がすいてきた2人。
名残惜しいけど下山しますか。


地蔵山頂駅 16:43発


img_224867_1696510_1.jpg


地蔵山頂駅→樹氷高原駅 (約7分)


img_224867_1696510_2.jpg

夕日を浴びた樹氷もきれいだなぁ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
 
「来年もまた来ましょうね」って寄り添って景色を見ていた老夫婦が可愛くて、ほっこりしてしまいました。
私達も「来年は宮城側にチャレンジしてみるか?」と相談開始(笑


樹氷高原駅 17:15発


img_224867_1696510_3.jpg

またここで混雑してたよ |A`)
30分近く列に並んで、またギュウギュウの車内で身動き取れぬままの7分間でした。


樹氷高原駅→蔵王山麓駅 (約7分)


近道。
蔵王四季のホテルから蔵王山麓駅への近道というのがあって、たかみや瑠璃倶楽リゾート横に抜けるルートになってます。

img_224867_1696510_4.jpg

この道がねー(泣
階段以外はまったく雪がならされてなくて、しかも所々凍ってたり柔らかい雪が積もってたりとマチマチ。雪に馴染みのない私達には歩きずらいったらもー(泣
予想通り滑って転んじゃいましたよ_| ̄|○
 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その4  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 

蔵王四季のホテル


img_224867_1700212_0.jpg

ホテルに戻って、夕食の予約も完了。預けてあった荷物とともに部屋へ案内してもらいました。
広縁付きの12.5畳くらいの和室です。
 
テレビはSONY。大きくて見やすい~

img_224867_1700212_1.jpg

暖房の効きがすごく良くて、lowでもあつあつ。加湿器の類はなかったので、乾燥が激しかったです。
私達はマメにタオルを濡らして掛けてました。
掛け布団は1枚だけど、保温性に優れてて全然寒くなかったですよ。ただ、168cmの私でも長さがギリギリに感じたので、高身長の男性は足元にもう1枚掛けたくなるかも。

バスアメニティはシャンプー・リンス・ボディソープ・歯ブラシ・化粧水・乳液のみ。バスタオルとタオルは1枚ずつ。浴衣は各サイズが用意されていました。

img_224867_1700212_2.jpg

お風呂も付いてます。
トイレはウォシュレット(動作確認済)でした。


夕食

 

1階レストラン『山の詩』 (18:00~21:00)


夕食は18:00からでお願いしました。
入口で部屋番号を伝えると、テーブルまで案内してくれます。

img_224867_1700212_3.jpg

料理がずらっと並べられていて、まずは飲み物の注文。
それから蔵王牛&高原野菜の陶板焼き用と芋煮鍋用の固形燃料に火を入れてもらって、食事開始です。

img_224867_1700212_4.jpg

芋がらのお味噌汁・御飯(はえぬき)・お造り(紅マス昆布〆・鯉の洗い・刺身湯葉)・炊き合わせ(淡雪饅頭)・おろし蕎麦・デザートは後から運ばれてきます。
 
宿代を考えるとまあまあ満足かなぁ。
東北だからといってあまり味の濃いものはなかったし、郷土の食材にも結構こだわってたと思いますよ。

img_224867_1700212_5.jpg

量もそれなりにあって、好き嫌い王の幼馴染が肉や生魚を除いて食べても、しっかりお腹いっぱいになってました。足りない場合でも、別注料理が何種類かありましたよ。
 
それではライトアップ鑑賞準備の為、部屋に戻ります。
 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その5  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

一息ついてから、ふたたび山頂へ…!!!


の、ハズがですよ。
食事中からどんどん腹痛がひどくなっていくワタクシ_| ̄|○
夜のライトアップ鑑賞は無理と判断し、泣く泣く諦めました(泣
 
「じゃあ私は行ってくるよ!!」と張り切る幼馴染にカメラを託し、私は掛け流しの温泉に入ってお腹を温めた後に布団へin。(あ、布団は食事中に敷いといてくれました)
 
のりりんから受け取った写真がコレですー

 

樹氷ライトアップ


img_224867_1700384_0.jpg
img_224867_1700384_1.jpg
img_224867_1700384_2.jpg
img_224867_1700384_3.jpg

幼馴染曰く、
「キレイっていうよりは不気味な感じがあったかも。
 でも風が強くて、それを上手く撮れなかったのがくやしい(ノД`)」

と、ずーっと悔やんでおりました。
 
ううっ。生で見たかったなぁつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

img_224867_1700384_4.jpg

これは携帯で撮ったのを赤外線通信で貰った分。乗換駅付近のほうが照明の色が派手だったんだって~

 

大浴場

 
そして1階大浴場(沸かし湯)で再び温まります。 
 
あ。両方のお風呂とも混んでいたので写真はナシ。広くてとってもいいお湯でした!!!
一旦屋外に出て移動する必要がある『離れ湯 百八歩』(掛け流し)の入浴可能時間は、6:00~23:00。
館内の『白樺の湯』(沸かし湯)は、24時間入浴可能です。

img_224867_1700384_5.jpg

部屋から見た、『白樺の湯』の露天風呂部分。
 
その後、1:00には就寝……
慣れない雪上を歩くのは、楽しいけど疲れるね(;^ω^) 片栗粉踏んでるみたいで面白いけどさっ
 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その6  


※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。


5:30 私だけ起床


毎回私が先に起きて、あちこち写真を撮りに散歩をするのですが。

img_224867_1713863_0.jpg

真っ白。雪が降り続いてました。
私と幼馴染は神奈川でも特に雪が降らない地域に住んでいるもので、年に1回、1~3cm積もるかどうか。
みぞれすら1~3回くらいしか降らないんですよ。
 
風に舞うような軽い雪って旅行先でしか見られないので、窓の外をずっと眺めてました。


7:30 のりりん起床


「昨日こんな真っ白に煙らなくて良かったよね~」と話しながら身支度。
大浴場に行こうか悩んだけど、中国からのツアー客がいっぱいお風呂に向かうのを見まして。
そうとう混んでそうだなと思ってパスしました。
 
ホント、中国の人が多かったよ~

 

朝食


7:00~9:00 レストラン「山の詩」


和洋取り揃えたバイキング形式です。

img_224867_1713863_1.jpg
 
地元食材を使った山菜・漬物、名物の玉こんにゃくはもちろん、サラダや焼きたてパン・スープ等もありました。
ご飯は炊き立ての『はえぬき』とお粥。目玉焼きはその場で作ってくれます。

img_224867_1713863_2.jpg
 
バイキング形式だとつい洋食のみにしてしまう…のりりんは煮物や玉こんにゃくも食べてました。
 
品数や種類、味も平均点をクリアしてると思います。
でも一番いいなと思ったのが、追加のマメさとスタッフさんのキビキビ働く姿(*≧m≦)=3
接客スタッフさんが料理と飲み物の残量をこまめにチェックしていて、取りやすいように中央に寄せておいてくれたり、すぐに新しいものを足してくれるんですよ。
「食べたかったのにもう無かった」っていうのが一回もなくて、何度もおかわりに立つ幼馴染が毎回笑顔(笑
 
お腹いっぱいになりました。
 

チェックアウト


お土産を購入(定番のレトルトカレー、さくらんぼ・蔵王ホワイト・芋煮 等) してキャリーバッグに詰めてフロントから送り返して…とバタバタした後、ロビー横のテラスに出て雪と戯れたり。


おおみやグループ送迎バス 蔵王四季のホテル(10:00発) → 山形駅西口(10:40着)


送迎バスで一気に山形駅へ。
今回ホテルを決めた理由のひとつに、この送迎バスの有無がありました。荷物が多いと分かっている場合、やっぱ直行って楽なんですよね(^ω^)
 
山形駅ビルのエスパル1階でのんびりお土産を探したり、ホームにあるコンビニで地方限定お菓子や三陸海宝漬のミニ版・あわび海宝漬を買ったりして。

 

神奈川に帰るぞーっ


山形新幹線 つばさ140号  山形駅(12:06発) → 東京駅(14:56着)


img_224867_1713863_3.jpg

帰りも指定席。

img_224867_1713863_4.jpg

さあ昼食にするぞ!!と、エスパル1階の『ヴィドフランス』で買ったパンを食べ始めたら、赤湯駅~高畠駅で強風のために停車したり、福島の方で強風による運転見合わせがあってダイヤ乱れまくり。

結局15分くらい到着が遅れたかなぁ…
このあと新宿からの電車もトラブル続きで、家に帰り着いたのは19:00過ぎ。
 

すっごく疲れたけど、とっても楽しかったヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ ヒャッホォ!!
 
来年は宿を変えて蔵王温泉に再び行こうかな…
それとも遠刈田温泉あたりに泊まって、ワイルドモンスター号に乗って宮城側の樹氷を見ようか…と、今から相談しています。
 
さ、これからフォトブックを注文するぞ!!

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

催促さん  


201311292.jpg

気温低下で、膝の上で寝たいうららさん。

201311291.jpg

でも 椅子に置いたホットカーペット > 膝 ですorz

高い位置で暖かければそれでヨシという…


これはミラーレス一眼で撮影。
ボケや明るさがちょっと物足りないなーと思う部分は多々あるけれど(特に料理の写真)、写真のパッキリ具合と持ち歩きやすさは大きな魅力。
使ってなかった化粧ポーチに、替えレンズと本体がすっぽり収まるんだもん。
いつも鞄に入ってますよ。
やっぱ買って良かったです(*´艸`*)

category:

tb: 0   cm: --

あせび野[1] 外観&館内  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

私は2011年10月以来、7回目。
父上は2010年6月以来、6回目のあせび野さん。

今回は、父上のリクエスト。
来月は近場の箱根あたりでゆっくりさせようかと思っていたら、父上が「抗がん剤治療再開前にあせび野に行って、馴染みのスタッフに挨拶しておきたい」って。

ここならエレベーターもあるし、部屋の設備のあちこちに手すりが付いてます。
スタッフさん達の接客姿勢も信頼してるから、とっても安心。

予約の後に父上の状況(治療休んでて現在は元気)と私の事情(ダイエットしてるから思いっきりご飯残すかも)を一応連絡したら、
「お父上様の件、夕食の件共に承知致しましたのでどうぞご安心してお出掛け下さいませ」
っていうお返事をいただけました♪


今回は楽天トラベルから予約。
冬得 お部屋でのんびり露天風呂を楽しむプラン
1人 27,450円(消費税・サービス料・入湯税込)

予約手数料の問題とか色々あるのに直接予約じゃなくて申し訳ないけど、金欠なので溜まってた楽天ポイントを利用したかったの(´Д⊂
一応予約直前に宿に電話をして、掘り下げタイプの浴槽のある部屋が空いてるのを確認。
父上の脚力が落ちているのでその部屋で…とお願いしました。


外観・玄関



谷川の湯 あせび野
住所/〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1931-1
客室/全18室  チェックイン/14:30  チェックアウト/10:30
一人泊/不可  au、部屋では微弱(3G回線はほぼ無理で1Xも難しい。Wi-Fiは可能)。館内でもばらつき有。全室、無線LANでインターネットに接続可。



as4.jpg

神奈川県西部から東名を利用して通常ルートで行くと1時間半~2時間弱といった所ですが、今回はまず宿へのお土産を購入すべく小田原 菜の花 あ・ん工房へ。
『ご黒うさん』と『箱根のお月さま。』をいっぱい買って、小田原から箱根新道→1号線で三島というルートで。東名を使うよりは約1時間は余分にかかったかな。

ここに作務衣姿のおじ様が待機しているので、車を止めて荷物を降ろして渡します。
駐車場はこのロビー棟のずっと奥にあります。

as5.jpg

私は一足先に玄関へ。

as76.jpg

玄関前の手水鉢(?)にはその季節の花が生けられてるんだよね。
「今日はなんの花かな~」って、毎回楽しみだったりします(*´ω`*)


ロビー・館内


as6.jpg

どーんと吹き抜けのロビー。
この日は天気が良かったから、光があふれてポカポカでとっても気持ちのいい空間でした。この一角に数種類の新聞が用意してあるので、朝はおじ様方の休憩所と化してます(笑

as3.jpg

館内のあちこちには椅子やテーブルがあって、好きな場所で寛げます。
移動に疲れるほど館内が広いという訳ではないけれど、ちょっとの歩行で疲れたり足腰に傷みが出る父上のような人にはとてもありがたい。

エレベーター移動ができて、館内もフラットな床が多くてつまづきにくい。
手すりや、分かりやすい案内表示も各所にあります。
完全なバリアフリー対応じゃなくても、注意箇所が少なければかなりの安心感に繋がります。

ほんとにねー… 歳をとると大変。
ちょっと入り組んだ館内で迷ったり、引き戸なのに片開き戸だと思い込んで引っ張って開け続けようとしたり、本人は足を上げたつもりでも充分に上がってなくて段差で躓いて転倒したり。
「ちょっと前までそんなミスしなかったじゃないの」 「嘘でしょ!?」 ってことが次から次へとたーくさん出てきます。
特に父上は治療の関係で怪我をしやすくて血が止まりにくなってるので、旅行先での完全放置はできないから、同行者としては神経を使わざるを得ない訳で。

だから再訪宿をつい選びがちになるのよね。

今回は父上だけかざはやの湯を借りたんだけど、入口までちゃんといつも担当してくれるスタッフさんが案内して説明してくれたり、父上の行動に気を配ってくれていたので助かりました。
こういう時は特に今までの関係性というか、ただ泊まってくるだけではなくてスタッフさんたちと会話を楽しんだりちょっとした交流の積み重ねがあったからだよなぁ…と思います。
父上の話好きにもいいとこあったんだ(笑


お着き菓子


as9.jpg

お茶・竹墨かりんとう・黒米ようかん。
記帳のあと、部屋に案内してもらいました。



私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[2] 部屋 『谷の蔵101』  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

1F 露天風呂付き客室 【谷の蔵】101


あせび野は源泉掛け流し100%露天風呂付。
谷の蔵は和室で、10帖+広縁という間取りです。

as45.jpg

今回はお風呂の形状だけリクエストをしたので、谷の蔵になりました。
食事をするメインダイニングと同じ階で大浴場にも近い為、神経痛が出た時の父上でも移動しやすいお気に入りの階です。

as44.jpg

この和室は広縁部分に段差があってバリアフリーとまではいきませんが、つまづきやすい微妙な段差はないのでまだ安心かな。
※谷の蔵107は車椅子の利用が可能な部屋になっていますよ。

as46.jpg

広縁にはソファセットとテレビとDVDプレーヤー。
太陽光は入りにくいので少し暗めですが、隣や上の階からの音が聞こえた事はないから静かに過ごせると思います。

as91.jpg

浴衣と作務衣が1枚ずつ。浴衣は着ないから作務衣を2枚に…という変更も出来ます。

この谷の蔵はauの携帯電話は圏外になりやすく、回線も3Gにならずに1xもギリギリな状態。ソフトバンクとdocomoは平気って噂なんだけどねー(´Д⊂
でも、全室に無線LANが設置されてWi-Fiも繋がるようになったのでかなり快適になりました。


高齢者への配慮


as47.jpg

足が弱い高齢者が立ち座りしやすい、座面が高くてアームがしっかりとした座椅子が最初から用意されていました。
それから到着早々、腰痛持ちの父上が横になりたがったのでフロントに電話したら、すぐにスタッフ2名が布団を敷きにきてくれました。
ここのスタッフさんは毎回細かいところまで気配りしてくれる人が多いので、父上を単独行動させられる場所として安心して過ごせます。


玄関周り


as40.jpg

トイレはTOTOのウォシュレット。

玄関にもトイレにも手すりがありますし、空間に余裕があるので同行者が補佐をしやすいんですよね。特に玄関では靴を履かせる手伝いが必須なので、広いと助かります(^ω^;)
洗面が2箇所だから、朝もゆっくりそれぞれが使えます。

as42.jpg

冷蔵庫の中身は、水のペットボトル以外は有料です。
※部屋の蛇口から出る水には源泉が混じっていて飲料不可の為、2Lペットボトルの水が無料サービスで用意されています。
ビールやジュース類が入ってますし、2F・3Fには自動販売機が設置されています。
お茶請けのかりんとうも無料。美味しいのでオススメです♪

as90.jpg

写真には1本しか写ってませんが、鍵は2本あります。
貸切や大浴場がある宿ではありがたいですよね(*´ω`*)

油性マジックは、館内移動用の使い捨てスリッパに目印を書く為のものです。お風呂前で脱いだ時に間違えないようにね~
トイレ・デッキ用のスリッパも使い捨て。


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[3] 変更点と脱衣所&洗い場  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

客室専用ipad導入


これは便利だった!!

as37.jpg

貸切風呂やマッサージ・お土産物の予約ももちろんですが、次回の宿泊予約もこれでできるようになりました(゚∀゚)=3
空いてる時間も分かるし、自分がどの時間に予約したかも一目瞭然。
もちろん、機械が苦手な人用に電話予約も引き続き受け付けてます。

as41.jpg

ネット閲覧も出来るので、テレビ欄を見るのに使ってました。


洗面所 兼 脱衣所


as39.jpg

配置はこんな感じ。広縁の横に洗面所兼脱衣所。
デッキ側に洗い場。

as35.jpg

バスタオルとフェイスタオルは1人1枚ずつ。
タオルウォーマーを最強にしておくと乾きが早いし、貸切風呂や大浴場用には別に用意されているので特に不足を感じたことはありません。

as34.jpg

アメニティは、T字カミソリ・シェーブローション・コットンセット・ブラシ・クシ・シャワーキャップ・ボディウォッシュタオル。
ハンドソープが松山油脂のに変わってて、リーフ&ボタニクス スキンケアトライアルセット[ラベンダー](石鹸/メイク落とし/洗顔フォーム/化粧水/保湿ジェル/乳液)も用意されてました。


洗い場


洗い場にも、高齢者用のシャワーチェアが用意されてました!!
この心遣いもかなり嬉しい゜ +(*´∀`)b°+°

as33.jpg

温度切り替えもわりとスムーズで水圧もばっちり。
シャンプー類はやはり松山油脂のユーカリシリーズでさっぱり(^w^)個人的にはシャンプー類の変更はとても嬉しかったです~


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[4] 部屋付き露天風呂  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

露天風呂


源泉掛け流しの部屋付き露天風呂です。
屋根が深く掛かっているから雨の日も安心して入れます。

as30.jpg

川の近くではないんだけど、日差しも差し込んでくるし風が気持ちよくてね~
この日はいつもより温めで、浴槽内は40.5℃前後。
熱湯好きの父上は終始不満顔で、温度調節用のお湯の蛇口をガンガン捻っておりましたが、私はゆっくり入っていられました(*´艸`*)

as29.jpg

泉質は無色透明のカルシウム-ナトリウム硫酸塩泉。
手すりがあって、浴槽を跨ぐ必要のない掘り下げタイプ。
浴槽内の一段もあって出入りがスムーズにできるので、父上も何度も入ってました。

as92.jpg

ここのデッキチェアで湯上りにぼーっとするのが気持ちいいのです。


サイズ


as25.jpg

はーい。毎度恒例・身長180cm弱・ウエスト120cm近くの父上が入浴した図。

as28.jpg

2人でも余裕で入れる大きさです。やっぱりいいお風呂だ♪


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[5] 夕食~その1~  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

お献立旬香団人倶


チェックインの記帳時に、18:00か18:40のどちらかを選びます。
時間がきたら、1階の旬香団人倶(しゅんこうダイニング)に向かいます。入り口でスタッフさんが待っていて、部屋に案内してくれるんです。
もちろん配膳はいつも同じスタッフさんで安心安心(*´ェ`*)ポッ。

as83.jpg

なんか前より静かになったなーと思ったら、扉の格子にアクリル?がはめ込まれ、部屋の上部もガラスが。だけどちゃんとスタッフさんが食事の進行具合をチェックできる工夫はされているから、ベストタイミングで配膳してくれました。

as80.jpg

足元には暖房機器があって全然寒くなかったです。


先付


as86.jpg

【先付】 黒米麩饅頭 吹き寄せ 紅葉百合根 いちょう麩 菊花 菊菜 松葉柚子 紋柚子
紫色の黒米麩饅頭がむっちりもっちり(*´艸`*)
外食というとつい洋食になっちゃうから、しっかりした和食に感動。
銀餡もめっちゃ美味しいし、菊花なんて家じゃ使わないから幸せ感じるよ~vvv


膳菜


as74.jpg

【膳菜】 牡蠣アボカド焼 すだち / ローストビーフ 万願寺 アンチョビソース / 紫芋乾酪 / いか黄味寿し / 新取菜湯葉山椒浸し / 蟹琥珀ゼリー寄
ローストビーフも脂があっさりしてたしぃ、紫芋とクリームチーズを合わせたものもねっちり甘くて好きだったしぃ、蟹のゼリー寄せも良かったんだけど、この中で一番美味しかったのは新取菜湯葉山椒浸し!!

as8.jpg

お酒を飲みたくなりました(゚∀゚)=3


御椀盛


as73.jpg

【御椀盛】 蕪 焼鯛 紅葉真丈 軸菜 人参 柚子
お出汁がしっかり濃い目で、父上歓喜(笑
焼いた鯛の香ばしさと、身のふわっと具合も美味しかったなぁ(*´ω`*)


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[6] 夕食~その2~  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

御造り


as71.jpg

【御造り】 本日お薦め 伊豆の湊の旬の幸
車海老・中トロ・鯛・はまち・ムツだったかな?
新鮮でぷりぷりでございました。
っていうか、この日はぼーっとしすぎてカメラの設定がおかしいままだった_| ̄|○ 色ヒドイ
まわりをぐるっと囲っているのはガゴメ昆布だそうです。
手前の春雨みたいなのはプチマリンだったかな?

as7.jpg

天城葉付わさび
毎度お馴染みの新鮮山葵。鮫皮おろしで使う分だけおろします。


焼物


as85.jpg
as70.jpg
【焼物】 石焼朴葉包 鯣 道草味噌焼 蓮根 細根大根
マナガツオだったと思う。
これは申し訳ないけど父娘共にほとんど残しました |A`)
お腹がいっぱいになってきたのと、味噌が甘過ぎて苦手な味付けだった(泣
焼いた石に乗った朴葉の香りは良かったんだけどね。
申し訳ない(ΦωΦ)
 
 
 
 

温物


as68.jpg

【温物】 木の子鍋 しめじ たもぎ茸 生なめこ 豆腐 葉葱 黒毛和牛 黒七味
左の方にある黄色いかさのたもぎ茸は、北海道から取り寄せてるそうです。歯ざわりがとても良かったですよ。私はそれよりも生なめこの味が好きだった(゚∀゚)=3

as69.jpg

お鍋が煮えてきたら、黒毛和牛と豆腐をin。
煮えたら黒七味をかけていただきます。
鍋汁もとってもおいしくて、父上は汁を飲みすぎてここでお腹いっぱいになってました(^ω^;)


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[7] 夕食~その3~  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

蒸し物


as66.jpg

as67.jpg【蒸し物】 地甘鯛羽二重蒸し 青梗菜美味あん 紅葉麩 針生姜
私もここで相当お腹いっぱいになってたけど、甘鯛が好きだから無理矢理食べた(´Д⊂
真ん中の黄色いのは、すり身の入った卵焼きみたいな感じかな。
上に乗ったイカみたいなのはお餅でした。
美味あんがたっぷり絡んだ白菜の甘さに針生姜の爽やかさがプラスされてウマ( ゚д゚)ウマ
 
 


揚物


as65.jpg

【揚物】 蟹爪彩り揚 / 松茸クリームコロッケ / 舞茸フライ / 青唐 レモン割ソース
ちょっと凝り過ぎて、胃に重かったなぁ…普通の天麩羅で良かったかも。
蟹爪の肉は少しだけでほとんど練り物だったし、みじん切りの松茸が入ったクリームコロッケはあっさりホワイトソースが松茸を隠しがちでした。
薄衣でも、フライだと少し油がクドく感じちゃうのかもね。


留椀・香物・御食事


as72.jpg

as88.jpg

【留椀】 赤出し 里芋 芹 薄揚 粉山椒
【香物】 壬生菜 胡瓜 人参 赤蕪 黒はり
【御食事】 生姜わかめごはん

私は「炭水化物抜きダイエットしてますし、デザートを食べられなくなるのでパスします」と全部断わったので、父上の分だけ運んできてもらいました。
生姜わかめご飯はあまりパンチがなかったようで残してました。
赤出汁の里芋はほっくり美味しかったみたい。


御水菓子


as63_20121104130011.jpg

【御水菓子】 秋の実タルト / 洋梨 葡萄 他フルーツ盛
父上の分というか、本来はコチラ。
奥の容器には、濃厚バナナプリンの上にバニラアイスという組み合わせでした。
手前には、ミニタルトと果物各種。

as62.jpg

私の分はコチラ。多分ダイエットの最中というを考慮してバナナプリンとタルトを外し、柿を追加してくれたと思うのだけど、
父上から少し貰ったバナナプリンがウマ( ゚д゚)ウマで、
もっと食べたかったとか言わないよ、ワタシつД`)・゚・。・゚゚・*:.。


それよりも、父上が今年始めの治療開始後、初めてアイスを食べられたのさ。
ほら、抗がん剤の副作用で冷たいもの(常温の水なども含む)を口に入れるとイガ栗を放り込まれた激痛感じてたからさ。薬を中断してだいぶそれが改善されてたみたいで、父上自身もびっくり。
久々のアイスは美味しかったそうです(*´ω`*)


配膳担当はずーっと同じ方が担当に付いてくれてて、私達の嗜好も食事ペースも全部把握してくれてるからとても素敵な時間が過ごせます。
新規宿のドキドキわくわく感も大好きだけど、高齢者同伴だと気が休まらない点も多いのよね。
だからいっぱい再訪しているお宿のこの安心感は重要。必須です。


伊豆箱根地域内 不動の1位どころか、全部の中で1番かも。 
何度泊まっても大好きなお宿です。゚+.(・∀・)゚+.゚!!


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[8] 大浴場  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

休憩場


as54.jpg

B1階には川辺の露天風呂があります。
24時間入れるので、夜中に起きたついでに降りていったら、やっぱり誰もいなかった(笑

as55.jpg

ここには麦茶・冷水があるので休憩や待ち合わせも出来るし、バスタオルとタオルセットやアメニティが用意されているんです。
追加もこまめで、たまに警備のおじさまの姿を見かけてご挨拶。
一旦外に出て、外廊下を歩いて行くと下駄箱があります。
男女切り替えは夜中なので、そんなに大きな違いがないけど両方の露天風呂を楽しめますよ。
父上も腰が痛かったので、ジェット水流を求めて早朝に大浴場へ向かいました。


脱衣所・洗い場


as60.jpg

脱衣カゴも洗い場も数が多く、広さもそれなりにあります。
バスマットの交換も定期的にしてくれているようで、快適に使えました。
こちらのシャンプー類は、ポーラのエステロワイエ。各シャワー部分ではないですが、奥に同シリーズのメイク落としが1本用意されていました。


野天風呂 世古の湯


as61.jpg

川に沿って横に長ーいお風呂。
半分くらいは屋根がかかっているので、雨の日でも安心です。

as56.jpg

もちろん源泉掛け流し。加水加温消毒はしていません。

手すりや階段状の入浴口があって、そこをしっかりライティングで明るくしてあります。
お風呂の底もそんなに凸凹してなくて、高齢者にも親切な設計です。

as59.jpg

洞窟風のジャグジーがあったり、洗い場が奥にもあったり。

as58.jpg

岩場を飛び移りながら夜中に写真を撮るバカ1人(´・ω・`)ワタシダ

※大浴場の写真は、従業員さんから掲載許可をいただいています。


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

あせび野[9] 朝食  

※2012年11月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

朝食


昨夜と同じく、1Fの旬香団人倶(しゅんこうダイニング)へ。
チェックインの記帳時に、和食か洋食、それから開始時間を選んでおきます。
8:00・8:30・9:00の中から、私達は最初の時間でお願いしました。

as20.jpg

紅葉はまだ先だったな~

毎回変わりなく、父上は和食。私は洋食チョイスで。
前日に「ダイエットの関係でパンは食べられないので、無しでお願いします」と伝えてあります。

as21.jpg

根菜とベーコン入りのコンソメスープ。熱々です。
あと、写真撮り忘れたけど食前の冷たい飲み物(飲むヨーグルト)もありました。これはトマトジュースや牛乳など数種類の中から選べます。

as22.jpg

鶏肉のケチャップ煮・ソーセージ・スクランブルエッグ・野菜・ベーコン。
…あれ?いつもベーコンの手前にあった白身魚が消えてる…まあ小さな節約でipadや松山油脂等に少しでも繋がるならいいかと話したり(笑

朝のサラダも食べられるようになったということで、前回の宿泊時に苦手食材リストから外してもらったハズなんだけど、まだ除外されてないのかな?
お腹いっぱいになってから気付いたからそのままスルーしましたが、予約確認の時に「茗荷と火を通した果物のみ」って確認があったはずなんだけど(;´Д`)

パンの存在感って大きかったのね…
父上の和食は品数も充分。私の分はちょっと寂しい食事になってしまいました(>人<;)


デザート


as24.jpg

フルーツとコーヒーで〆でございます。

as23.jpg

コーヒーはおかわり自由という事で、食事の前と最後にも出してくれました。

「アイスコーヒーもご用意できますよ」と私の好みを把握して聞いてくれたり、父上が食前に薬を飲む為のお水を最初に用意してくれたり、ヒゲそりの時にうっかり顎を切ってしまった父上の為にフロントに連絡してわざわざ絆創膏を届けてもらってくれたり、本当に気配りが素敵な人です。
だからサラダに関しては「ま、いいか」となった(笑




総評良かったこと・残念だったこと



高齢者連れの宿泊にお薦め(*´ω`*)

施設の設備・一定年齢以上のスタッフさん達の心遣い・掛け流しの温泉・食事
私達父娘が宿に求めているもののバランスが極めていい、また来たくなるお宿です。

エレベーターや手すりの有無ももちろん大事なんだけど、顔なじみのスタッフさん達が多いから安心して父上を単独行動させられるし、必ずフォローしてくれると信頼してるからねぇ。
とにかくここの従業員さん達が大好きなのです。

あせび野さんには事前に「絶賛ダイエット中なので食事を残すと思います。すみません」という連絡を入れてあったのね。
そのせいか、お馴染みのスタッフさん達と挨拶するたびに「お嬢様(私の事 ^ω^; 父上はお父様)すごく痩せましたね~(*´∀`)b」って言ってくれて嬉しかった(笑
すごく大げさに褒めてくれるから気分が良い(*´艸`*)

父上が「治療再開前に挨拶しときたい」っていう気持ちが分かるもの。


これからも必ず通い付けるお宿です。




お土産


as16.jpg

大量のお饅頭をお土産として渡したので、そのお礼にいただきました。
この『伊豆クリスプ』というお菓子は、あせび野で朝食に出されているパンを作ってる工房の新商品なんですと。お酒のおつまみに良い感じだそうです。

as18.jpg

「近くに行くならあのクッキーを買って来て!!」と友達に頼まれていたので、チェックアウト後に東府やさんに寄りました。
甘いだけじゃなくて、塩味が効いてるの。

ベーカリーの開店時間前だったので、事前に電話でお願いして旅館のフロント横のお土産コーナーに直行させてもらったら、女将さんが対応してくれました( ꒪□꒪)
わざわざ玄関前のロータリーまでお見送りしてくれて、父上にも挨拶。
「今日は浮気してあせび野泊まって来た!!こっちには来年来るわ!!」って父上…(^ω^;)
東府やさんは、石の階段や各所の段差があるからねー…
脚力落ちてるジジイにはちょっとそこがネックなのよね(>人<;)
次に泊まる時はまた友達とになるかな~


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 谷川の湯 あせび野
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 あせび野
                   【一休.com】 あせび野

category: あせび野 旅行記

tb: 0   cm: --

旅亭 たかの[1] 外観&館内  

※2012年10月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

「俺は松茸食いに長野に行きたいから休薬したんだ」 という父上。
(ただの強がりですけどね。周りにはそう言って回ってました)

抗がん剤治療を休んで1ヶ月半くらい。
手足のしびれはようやく薄れてきて、突然の下痢もかなり治まってきました。
味覚障害はやや残っていますが、この日の為に歯の治療もして万全の準備が完了。
まだ濃いめの味付けじゃないと分かりにくい部分はあるけれど、長野だからそんなに薄味ではないだろうし、香りや歯ざわりにはそこら辺は関係ないからね。

今回は楽天トラベルから予約。
【実り】【秋得】【松茸5品(焼松茸付)】霜降信州牛と貸切風呂付
山の幸★香りと味覚の王様「松茸」!

松茸を使った5品入りの夕食特別コースと、貸切風呂1回無料の特典が付いてます。
1人 28,500円(消費税・サービス料・入湯税込)


と、いうことで。
昨年12月のきたの風茶寮さん泊以来、10ヶ月ぶりの父娘旅に行ってきました。


外観・玄関



旅亭 たかの
住所/〒389-0821 長野県千曲市上山田温泉3-55-1
客室/全8室   チェックイン/15:00  チェックアウト/10:00
一人泊/不可   au、アンテナ3本。


1.jpg

神奈川県西部から約4時間。
チェックイン時間の 15:00 少し前に到着しました。
街中を走っていると、駐車場の向こうに茶色の塀がどーんと見えてきますよ。

2a.jpg

車を停めて、表門に移動。おじゃましまーす。

3.jpg

バリアフリー対応率が高いという理由でデザイナーズ旅館系を選ぶ事が多い我が家ですので、純和風の旅館は久しぶり。


ロビー・館内


4.jpg

広めの玄関に入ると、従業員さんたちが挨拶とともに荷物を持ってくれました。
スリッパに履き替えてロビーへ。奥には、1人掛け4脚のソファセットが。

正面から見て、右手に帳場。その奥はお土産物が置いてある売店?コーナー。さらに奥の通路を進むと男女別の大浴場があります。

反対の左手側には太鼓橋がかかっていて、まずは大広間。
その奥には廊下が続き、真ん中の庭を囲むように客室が配置されています。
1階には露天風呂付き客室が5つ。2階に通常客室が3つ。
合計8部屋の小さなお宿で、とても静かに過ごせました。

5.jpg

藤棚を見ながら記帳を済ませ、食事の時間を決めている時にお年を召したグループ客が到着したので、私は慌てて立って席を空けました。
お年寄りはまずは腰掛けて一息つきたいものね(;´Д`)

到着が3組くらい重なった時はどうするのだろう…と心配してしまいました(^ω^;)

食事の時間や館内の説明が済んでから、作務衣のスタッフさんに案内されて部屋へ向かいます。


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 戸倉上山田温泉 旅亭 たかの
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 貴賓館 旅亭たかの

category: 旅亭たかの 旅行記

tb: 0   cm: --

旅亭 たかの[2] 部屋『竹の間』  

※2012年10月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

1F 露天風呂付き客室【竹の間】


源泉掛け流し露天風呂付客室 和室10畳+前室3畳 シャワー・トイレ付
庭園と山々で眺望最良の部屋だそうです。

最初、8+4.5畳の松の間を予約する予定だったんだけど、到着してすぐに布団を敷いてもらってゴロゴロするのが好きな父上。
でもこのお宿は部屋食。8畳だとその前に一旦畳む手間をかけてしまうなー…と思ってこっちに変更しました。(10畳なら布団をそのまま端に寄せるだけでいいんで)

8.jpg

定番の和室。
『竹の間』という事で、竹にこだわった掛け軸や襖・壁紙が。腰壁にも竹が張られています。

7.jpg

TV・貴重品入れ・鏡台・文机と、部屋食で喫煙可能(部屋以外の場所は不可)な為にプラズマクラスターの空気清浄機も設置されています。冬は加湿器の貸し出しもしてくれるそうですよ。

明るい日差しが差し込んで暖かく、気持ちよく過ごせる部屋でしたね。

9.jpg

広縁も広くて圧迫感がないから、朝はここで新聞を読んだりとのんびり。

基本的に、街中にあるとは思えないくらいとても静かに過ごせる部屋でした。
が。上階の男性客かな?の力強く歩く震動がやや伝わりやすく、明け方には男性の低音イビキもうっすら聞こえてきました(;^ω^)
それからテレビ前に布団を敷いてもらって寝ていた父上は「なんか床から伝わる微振動が気になる」と言っていました。私は全然分からなかったけどね |A`)


前室


浴衣は1人2枚。バスタオル・フェイスタオルは1枚ずつ。足袋ソックスも用意されています。

6.jpg


玄関周り等


玄関から入って広い踏込部分。左が前室、突き当たりの扉が洗面所、右にはトイレが。

10.jpg

イナックスのシャワートイレ用便座に変更済み。
冷蔵庫の中身は、オレンジジュース・烏龍茶・いろはす・コーラ・サイダー・ビール。
全て有料で、烏龍茶は1本200円だったと思います。
氷入りの冷水も陶器のポットに入っていて、夕食前など仲居さんが入室する時に残量をチェックして追加しといてくれました。


鍵は1つ


11.jpg

貸切風呂や大浴場があるからちょっとだけ不便だったかも。
お茶菓子は温泉饅頭で、部屋についてから持ってきてくれます。お茶はセルフ。

もちろん部屋はおろか館内全体でインターネット接続もWi-Fi接続もできません。
本館の亀屋本店ホテルの施設では可能らしいんですが、地図を見ると結構離れていたので「iPad抱えてわざわざ行かなくても良いか」と諦めました。


昔ながらの旅館なもので部屋にも各種お風呂にも段差が多く、特に踏込や広縁の段差が絶妙に引っかかりやすい高さだから父上ってば躓きまくり(>人<;)
何度も転びそうになってひやっとしました(´Д⊂ ちゃんと注意しろと言ってるのにっ(泣


私が今回利用したのは【楽天トラベル】 戸倉上山田温泉 旅亭 たかの
同様のプランはコチラにも → 【じゃらんnet】 貴賓館 旅亭たかの

category: 旅亭たかの 旅行記

tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。