ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたい(泣

オー・ミラドー・1 -箱根-  

あいにくの雨の中、onちゃんが「行ってみたい!!」と言い続けていたお店でランチしてきました。
箱根の有名な『オーベルジュ オー・ミラドー』です。
私は久しぶりだなぁ…知人の招待以来だわ。
前回の『エルルカン ビス』の帰り道からずーっとonちゃんは「次はここね」とプッシュしてたのに、お互いの休みがなかなか合わなくて(^ω^;)
やっとこさですよ。



平日なので、箱根は駅前以外ガラガラ。
すいすい車を進めて、予約時間より20分くらい早く到着。
ここで車を降りて、駐車を係のおじさんに任せます。
レストランはここではなくて、この横にある細い石段を上がって左の建物。



フロント奥のスペースで、テーブルセットが完了するまでしばしの待機です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: 0

富士屋ホテル 旅行記・6 朝食編  

昨夜に引き続き、朝食もメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」で。
予約不要で7:30~9:00までに向かえばいいということで、私達は8:30過ぎに到着。
かなり混みあっていて、銀行の順番待ちのように番号をふった紙を手渡され、電光掲示板でその番号が表示されるのをロビーで待ちます。



オレンジジュース又はグレープフルーツジュース
コーヒー又は紅茶

100%のフレッシュジュースって感じもなく。さらっとしたフツーのジュースです。

そうそう。ここで出される冷水にね、なんかうーっすらにおい(カルキじゃなくて)があるんですよ。
夕食の時にも感じてて、一度グラスごと交換してもらったんですけど、継ぎ足されるたびににおい復活っていうか。
Sっちはなんにも感じないっていうから私の気のせいなのかなぁ…



季節のフルーツ
メロン食べた後に、写真撮り忘れたって気付きました(^ω^;)
最初にフルーツとは思わなかったぜっ
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 0

富士屋ホテル 旅行記・5 大浴場編  

花御殿の地階にある、こじんまりとした大浴場です。
0:00~6:00の間は入浴不可となっています。



すみません(泣
大浴場が閉まる0:00直前に撮りに行ったんですが、脱衣所に最後に残っていた常連のお客さんとのお話が楽しくて、適当に撮ったらブレブレになっちゃいましたil||li_| ̄|○ il||li



この通り、ホテルの規模に比べてちっさい!!
5人くらいまでかな。隣の人を気にせず入れるのは。
「とっても小さいわー」 「混んじゃってダメだわー」と、口々に愚痴るおば様方。
ほんとにね、次々に入ってくるの。
必ず3人~7人はいるって感じ。
脱衣所を覗いただけで帰っちゃう人もいーっぱい。



あまり広くもないので、貸切風呂と部屋風呂だけで満足しちゃいました。


次は朝食編。

category: 温泉

tb: 0   cm: 0

富士屋ホテル 旅行記・4 貸切風呂編  

部屋で富士屋マップを見ていたら、『マーメイドバス』というお風呂を発見。
そういえば西洋館から花御殿に戻ってくる時、「貸切家族風呂 入浴中」という看板が立ってたっけ。
45分 2,100円と有料だけど、大浴場の混み具合がハンパじゃなかったので(小さいお風呂なのに常に3~7人は入ってる状態)借りることに。

予約はフロントで行います。
準備が出来た時点で部屋に電話連絡があるので、それまで部屋で待機。うう、お腹が苦しいよう(泣

予約した20:00前に、お風呂係の方から電話がありました。
貸切風呂に向かうと、入口で待っててくれてます。



脱衣籠が6つと、ウォーターサーバー・扇風機。
扇風機の横には、人数分のバスタオルとタオルが用意されています。



男女それぞれへのアメニティが揃ってます♪
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 0

富士屋ホテル 旅行記・3 夕食編  

夕食の時間は17:45か20:00のいずれかしか選べませんでした。
私達は17:45で。
フロントで貸切風呂の予約をした時、夕食にかかる時間は1時間~1時間半くらいとの説明を受けました。



メインダイニングルーム「ザ・フジヤ」です。
席に案内されて、私はシャンパンベースのミモザ(1,900円)を注文。
パンのサーヴがされた後に始まるのは、富士屋ホテルで1900年代前半に提供されたメニューを再現したというコースです。
そうそう、このパン。ちっとも温かくない_| ̄|○ ちょっとショーック



オードブル取り合わせ
うん、これは無難なお味。しまった。辛口のシャンパンにしとくんだった。甘いシャンパンカクテルとは合わないわな(^ω^;)
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 2

富士屋ホテル 旅行記・2 館内探索編  

一息ついて、次はお宿探検。
見学の一般客が多すぎて、なかなかの騒がしさです(泣
一般客室にもどんどんやってきて、空いてる部屋を探して覗き放題。おぱちゃん集団ったらうるさいぞーッ_| ̄|○

ってことで、まずは本館から見学。



本館テラスには、花御殿の写真を撮る人でいっぱい。
翌日はウェディングドレスの新婦と緊張気味の新郎が、花御殿を背景に記念撮影をしていました。やっぱり撮影スポットなんですな。



メインダイニングルーム「ザ・フジヤ」を外から。
私たちのプランでは、夕朝食ともにここでいただくらしいです。
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 0

富士屋ホテル 旅行記・1 部屋編  

富士屋ホテルって泊まってみたくない?」と、地元友達のSっちに誘われて、また箱根に行ってきました。

今回のプランは、 “おとなの贅沢旅三昧” 1人 28,150円(1室2名利用時/サ・入湯税込)
・ゆったり22時間ステイ
・ロクシタン(シアシリーズ)のアメニティ
・セピア仕上げの記念撮影写真プレゼント
・湯本富士屋ホテル 温泉入浴券プレゼント

という特典付きで、夕食と朝食は富士屋ホテルの昔のメニューをいただくというプランです。



富士屋ホテルに到着すると、立ち寄り客や見学ツアーのバスがいーっぱい。
誘導係さんに言われたとおり、本館正面入り口に車を進めます。
車預かり控えを渡されるので、鍵をつけたまま車を降りて荷物を預け、本館ロビー階に上がります。



チェックイン手続きはSっちまかせ。
写真は人のいない時間に撮ったけど、実際のロビーはごった返してます。
外国人のお客さんも多いわー

しばらくソファーに座って待っていると、お姉さんが荷物を持ってくれて部屋へ。
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 1   cm: 2

花うさぎ  

私と父上は江戸切子・備前焼・織部(美濃焼)が大好き♪
お手ごろ価格内で気に入ったぐい飲みやタンブラーを見つけると、ちょこちょこ買ったりしています。

夏場の冷酒は絶対切子グラスで!!
って事で、今回購入したのはコチラ。



大友健司さん 花うさぎロックグラス

伝統的なシャープなカットのものも好きだけど、そういうのって高いっ_| ̄|○
でもこれは10,000円以下で買える♪

曲線を多用したデザインも可愛いなと思い、そういうのも選ぶきっかけになったのがこの大友健司さんのうさぎシリーズだったりします。
-- 続きを読む --

category: お酒・スイーツ

tb: 0   cm: 0

富士屋ホテルに泊まってきました  

箱根・宮ノ下にある富士屋ホテルに行ってきました。
“おとなの贅沢旅三昧”プランで、泊まったのはココ。

富士屋ホテル 花御殿

花御殿のデラックスツイン。

富士屋ホテル 花御殿

レポ作成中でございます。

category: 温泉

tb: 0   cm: 0

入浴着情報を追加しました  

気付いたら、富士屋ホテル泊が目前に迫ってました(°Д°)あらやだ


慌ててホテルに入浴着の可否を問い合わせたところ、
「傷跡を隠すといった御事情でしたら、もちろん入浴着をお召しになって公共の浴室を御利用いただけますので、御安心ください」という返事をいただきました。

箱根なのにーvvv
部屋のお風呂も温泉給湯だけど、やっぱり広いお風呂に入るのって楽しさが違いますもんね。
早速知人にメールしました。

category: 温泉

tb: 0   cm: 2

MOKICHI FOODS GARDEN -茅ヶ崎-  

やっと起き上がれるようになったーつД`)・゚・。
って事で。先日のランチから掲載しちゃいます。

好き嫌い王・のりりんと、tvkハウジングプラザ藤沢に行ってきました。
私は家を建てる予定も財力もないので _| ̄|○ 仕事の参考資料を集めに。
のりりんは生涯独身の予定だけど、やっぱり結婚の気配が一切ない弟とそのうち二世帯住宅を建てる話が出てるようで。あちこちで説明を聞きながら、なかなか楽しい時間を過ごしてまいりました。

んで、ランチはどうしようかなと。
のりりんとの外食は、食べられるメニューの関係で イタリアン・お好み焼き・蕎麦・ファミレスのどれかになります。
ここから近いから久々にモキチにするか!と、茅ヶ崎駅方面へGO。



MOKICHI FOODS GARDENは、石釜焼きのナポリピッツァなどの料理を、湘南ビールや日本酒と一緒にいただけるレストランです。
併設されたパン屋さんも人気で、駐車場も席数もあるからドライブ途中に寄れてなかなか便利。



テラス席はやめて、今回は中のテーブル席へ。
いつも通り、ピザとパスタを1種類ずつ注文します。
-- 続きを読む --

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: 2

風邪っぴき  

giny2.jpg

大浴場の記事を書くつもりが
風邪でダウン中っすー…_| ̄|○

category: 日常

tb: 0   cm: 2

箱根吟遊 旅行記・3 部屋露天風呂編  

部屋付きの露天風呂でございます。

gny26.jpg

屋根がおもいっきり深くかかっているから、厳密には露天とはいえないかな。
でもデッキテラスがなかなか広くて、ここからの景観の中には道路や建物がほとんど見当たらないから、気持ちよく入れるお風呂になってました。

gny3.jpg

泉質はナトリウム-塩化物 (弱アルカリ性低張性高温泉)
循環・加水・加温・塩素消毒のフルコース付きでございます(^ω^;) 塩素のにおいはうっすらすれど、温泉のにおいはあんまり感じられなかったっス。
浴槽の温度は42.2℃くらいに保たれていて、父上はなかなかゴキゲンでした。
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 0

ろくのくろ  

これが食べたくてお取り寄せをしたのですーvvv

ろくのくろ

パティスリー麓(ろく)の ろくのくろ 1本 1,575円(税込)

熊本県八代の竹炭とブラックカカオの生地に、北海道産の大粒の小豆と丹波の黒豆を生クリームで巻きました。(公式HPより)

ろくのくろ

カカオがびっしりまわりにかかっていて、持つと手が黒くなります(笑
小豆と黒豆が混ざりこんだ生クリームは、ほんのり和テイスト。
甘さもくどくなくて、なめらかなんですよ。
-- 続きを読む --

category: お取り寄せ・お買い物

tb: 0   cm: 2

黒川地蔵ぷりん  

友達と「最近、黒川温泉の特集って多いよねー」という話になり。
そういえばそろそろあのふっこふっこロールケーキが食べたいかもと思って、お取り寄せしてみました。
今日はそのついでに頼んだものを紹介。

黒川地蔵ぷりん

パティスリー麓(ろく)黒川地蔵ぷりん  6コ入・1箱 1,680円(税込)

阿蘇の新鮮な卵と風味豊かな牛乳をふんだんに使いました。滑らかな舌触りと、バニラビーンズの香りが口いっぱいに広がります。(公式HPより)

カラメルソースが別添えされていて、食べる前にかけるタイプです。
このカラメル、全部かけるとその味だけになってしまうほどガッチリ強いので、私はほんの1垂らしで。

黒川地蔵ぷりん

なめらか系のクリーミーな舌触りにうっとり。
たっぷり入ったバニラビーンズの甘い香りと、ジャージー牛乳の美味しさが直球で感じられるプリンですな。
うーん、近所で売ってたら毎日買っても良くってよ♪って感じ。
送料が910円もかかっちゃうからなぁ…(´・ω・`)

黒川地蔵ぷりん

残念ながらリピートは当分なし。
味は関係なくて、銀行振込で先払いしたのに代金引換で送られてきたからー。
お店に連絡したら、すぐ謝罪の電話と過払い分の返金がありましたがっ。

※5月13日 追記
直筆の謝罪文が届きました。対応に誠意がこもっていたので、またお取り寄せをしたいと思います(*≧m≦)=3

category: お取り寄せ・お買い物

tb: 0   cm: 6

箱根吟遊レポをアップしました  

本家サイトに、箱根吟遊のレポをアップしました。

http://furafura.sakura.ne.jp/gin/index.html

んが、
朝食のページだけまだ完成してません(^ω^;)
目が疲れたから今日はここまでー。
明日の朝には完成してるかな。


でもここでのレポも簡易版ながら続けますので。
明日と明後日はお取り寄せ菓子の記事になりそうですが(^×^;)

category: 温泉

tb: 0   cm: 4

箱根吟遊 旅行記・2 部屋編  

偶然キャンセルを見つけて取れたお部屋は、2Fの空タイプ。
畳敷きの通路最奥にある 『彩雲』 です。



8畳の和室と、同じくらいの広さの板張りダイニング。それからミニキッチン・トイレ・洗面所 兼 脱衣所・デッキテラス・部屋付き露天風呂があります。
空タイプは一番安い価格帯で、2人だと1人30,000円。
でもこんなに揃っているから、お高いけどお得感があるというか。



和室はちょっと暗いけど、夜はこちらに布団を敷いて寝室に変わるからこんなもんでいいかなと。
テレビはそれぞれの部屋にあり、父上は三角枕を見つけて上機嫌。
ゴロ寝しながら観てました。
ここは目立った凹凸がなくてほとんどフラットで、年寄りには安心。部屋のドアも力を入れずに開閉できるタイプ(横開き)でした。
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 2

ドゥラメール  

基本的にオイリーな肌なのに、悩まされているのが眉間と目の周りの乾燥。
ロクシタンのアーモンドアップルが肌に合うけど、花粉症でにおいに敏感になっているこの時期に使うのはとてもツライ(泣

って事で、コーセーのモイスチュア スキンリペア+肌研の極潤α 化粧水(スーパーヒアルロン酸+アスタキサンチン配合)でどうにか乗り切っていたんだけど、コーセーの某化粧品CMキャラクターの某暴言が心に引っかかり、コーセー商品の買い足しを敬遠中…(^ω^;)
(不妊で悩んでる35歳オーバーの友達が傷付いてるのを見ちゃったらやっぱりねぇ)

んで、乾燥肌の友達に相談したら、「輸入品の方だけど使ってみる?」と、ちっちゃいドゥ ラ メールのクリームをくれました。

ドゥラメール

いつも通り、寝る前にロクシタンのシア モイスチャーライジングコールドクリームソープで洗顔したあと、手のひらで充分に温めたクリームを塗って、押し込むように優しくパッティング…

うーん、ハンドクリームくさいぞ(笑

でも、翌朝には乾燥していた部分が消えてる!!!
まだ使い始めて1週間だけど、ポロポロ剥けるほどひどかった乾燥肌からはすっかり開放されてます。
肌の状態が劇的に良くなったとかではなくて、本来の状態に戻れたって感じかな。
そのかわり頬の辺りがちょいと荒れ始めちゃったんで、使う範囲を限定しないといけないかもしれない(^×^;)

ドゥラメール

このまま使い続けてみまーす。
Uちゃんありがとねーvvv

category: 日常

tb: 1   cm: 0

箱根吟遊 旅行記・1 到着編  

急遽決まった箱根行き。
連休も終わって幾分観光客の数も減った観光地に向かいます。



晴れ渡った空と海を見ながら、やっと全面通行可能となった西湘バイパスを激走。んー、風が気持ちいいっ



緑がまぶしい箱根の山をどんどん登って行きます…
今月はこの道を何度通ることになるのやら。
(富士屋ホテルと、友達とのランチの予定~)



はい。箱根吟遊に到着ー。
まだ大型連休組の車で混んでるかと思ったら、すいすい来ちゃって13:30。
チェックインまで30分あるけど、ロビーで待たせてもらえばいいか。

看板前に従業員さんが待機していて、玄関前に誘導してくれます。
車係のお兄さんに鍵と荷物を渡してそのまま中へ。
靴を脱いで素足のまま上がります。
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 0

箱根吟遊に行ってきました  

箱根吟遊

「日本一予約が取れない宿ってどんな所なんだろう」と、
ずっと疑問に思っていた箱根吟遊。

目の前は何度となく通っているんだけど、ちらりと見える駐車スペースにはいつも高級車が停まっているんですよ。
電話をしても一年先まで予約がいっぱいだし、キャンセル待ちも不発。
とりあえず11月の予約が出来たものの、望む景観が得られなくてその上お高い1Fのお部屋か、クイーンサイズのダブルベッドの洋室しか選択肢がなくて。

が。
「そろそろGWだなぁ…父上と泊まる5月の宿をそろそろ決めなきゃ」と、予約サイトをだらだら巡っていたところ、5月上旬に『空室』の文字が。
それも2Fの和室。
えー!?!?!?
通常10畳→8畳と、和室が小さい部屋になっちゃうけど、これは予約するしかないでしょう(≧ε≦) とその場で決定しました。
-- 続きを読む --

category: 温泉

tb: 0   cm: 2

入浴着情報を追加しました  

箱根吟遊に問い合わせをしたところ、残念ながら不可でした。

「基本的に大浴場での使用はお断りさせていただいておりますが、お部屋の方のお風呂でしたら大丈夫だと思います」いうお返事。

塩素消毒・循環をしているところなら平気なのかもと思っていたんですが、やっぱそうではないらしく。
うーん…バリアフリーで車椅子にも対応しているとあり、女性客も多いと聞いていたので、理解があると思ったんだけどな。
知人も箱根のいくつかの別の宿で断られたといっていたから、そういう温泉地なのかなぁ。


知人が「いつか泊まりたい」と憧れていた宿だけに、ちょっと残念でした。
せめて上階の部屋を予約するしかないですねつД`)・゚・。・゚

category: 温泉

tb: 0   cm: 2

ビストロ ラ・シャンブル -藤沢- その2  

昨日の続きです~
このあたりまで食事が進んだ頃には店内はほぼ満席という盛況ぶり。
年齢層は高めで、ご近所に住んでいると思われるお年を召したご夫婦や母娘が多かったように見えました。

次は主菜。



Sっちの主菜/鶏もも肉のコンフィ
1日塩と香草でマリネし、鶏のオイルで煮込み、皮をカリカリに焼き上げてあります。ナイフを入れるとパリパリッとした音が聞こえてくる!!
骨付きのもも肉は程よくジューシーだそうで。



付け合せはしっとりポテト・焼きトマト・えのき茸。
脂っこさがなくてとても美味しそうでした。
-- 続きを読む --

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: 5

ビストロ ラ・シャンブル -藤沢- その1  

レストランの新規開拓仲間のSっちに誘われて、私達にはあまり馴染みのない藤沢に行ってきました。
こっち方面では茅ヶ崎・鎌倉・葉山にはたびたび出没しますけど、なんか藤沢って通過点扱いだったんですよ。

「評判が良いんだよね」とSっちがネットで探してきたのは、藤沢駅から少し離れた住宅街の中にある『ビストロ ラ・シャンブル』というフレンチのお店。
電話で聞いたら予約は特に必要ないとの事だったんで、11時半の開店時間に合わせてみました。



駐車スペースは店の前に2台分だけ。
こじんまりとして暖かい雰囲気があります。

Sっちは本日のスープ/シャーベット/コーヒー付の『ラ・シャンブルの定番ランチ』 1,260円 +525円のプティオードブル付
私はどーしてもカルパッチョが食べたかったので、 前菜/スープ/主菜を1品ずつとデザートの『Bランチ』 2,940円 を。



まずは最初に温かいパンが登場。
塩とオリーブオイルをつけてちょうどいいような、素朴な味のパンでした。
-- 続きを読む --

category: 料理・そとごはん

tb: 0   cm: 2

KONOMA 樹麻 -小田原-  

好き嫌い大王の幼馴染のりりんとランチに行きました。
彼女は中華(特に飲茶)が大好き♪
平日でも一応GW休みには入っているから遠出はやめといて、去年の冬に友達に連れて行ってもらったKONOMAに決定。ここなら小田原城の御感の藤にも寄れるしね。

小田原城のすぐ近くにある報徳会館の駐車場に停め(守衛さんにどこに用事があるか聞かれる場合あり)、会館の2階に向かいます。
予約は開店直後の11:00のみ必要ですが、それ以降の時間の場合は特に必要ありません。



ここのランチは全てコース料理になっていて、単品は選べません。
だけど飲茶+プリフィックススタイルというか、メニューの基本に点心が入っているし、ある程度の組み合わせができる広東料理なのでお得といえばお得。

今日はKONOMA人気No.1の『白牡丹』 2,625円 にしてみました。

1テーブルに中国茶1種類のポットサービスが。
烏龍茶 ジャスミン茶 プーアール茶から、今日は香りのいい烏龍茶で。
無くなったら新しく入れてきてくれますよ♪

並べられた調味料は、醤油・チリソース?・カラシです。
-- 続きを読む --

category: 料理・そとごはん

thread: 今日のランチ! - janre: グルメ

tb: 0   cm: 2

御感の藤  

幼馴染とランチをしに小田原城へ行って来ました。
前回はデジカメの記録メディアを入れ忘れるというポカをやらかしたんで、今回はお出かけ前にしっかりチェックしましたとも(^ω^;)


が、その前にまずは城址公園の御感の藤(ぎょかんのふじ)の写真を。


-- 続きを読む --

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2

塩ぽん酢  

前回の『大人の夏みかん』からあいてしまいましたが。
本来の目的である、倉敷味工房の『塩ぽんず』です。
360ml 630円。

spon1.jpg

高知産の柚子と、徳島産のすだちの果汁をたっぷり使った酸っぱいぽん酢で、塩といえどもしょっぱさは感じません。
どちらかというとまろやかな塩分で、すっきりしつつもカツオと昆布出汁の豊かな旨みを感じるうまうまぽん酢です。

酸っぱいのが苦手な兄上は一舐めでギブでしたが、父上と私は大満足♪
しゃぶしゃぶのお供として欠かせません(*≧m≦)=3

鰹や牛のタタキにはそのままかけて。
魚の網焼きには木の芽と合わせて。
豆腐・荒く潰した枝豆・さらし玉ねぎ・揚げじゃこ・海苔のサラダには、醤油と柚子胡椒をちょっと足してから。

あー、余分に買っておいて良かった♪
一緒に購入した『しおだれ』と『チゲ鍋の素』はまだ開けてないんで、使ったらまたご報告します~

category: お取り寄せ・お買い物

tb: 0   cm: 0