ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

みちのく庵旅行記・2 「お部屋」編  

通された部屋は、お風呂の付いた『端麗』

予約に利用したJTBの情報では[12帖+洋間25平米の和洋室離れ]とありましたが、本館からすぐにある部屋なので、離れという雰囲気はありませんでした。

廊下

奥の一般客室への廊下。
でも隣にも部屋があるので、なんで離れと名が付いたのか不思議…

部屋代は2名宿泊で 1人36,750円。
普段3万以下の宿を選んでいる私達にとっては大奮発の値段。
でもでも、ちっとも高く感じなかったのですよ。

さてさて、部屋の案内に戻ります。

玄関

玄関を入ると、右手にベッドルーム、突き当たりに部屋付き半露天風呂、左手に洗面所、左奥が和室となっています。

玄関

まずはベッドルーム。
暖房の効きもよくて寝ながらテレビが見れるので、父上専用部屋となりました。

洗面

次は洗面所。ダブルボウルで余裕の作りです。アメニティも揃っていて、トイレはもちろんウォシュレット。
船山温泉と同じく、蓋の開閉から流すのまで自動だったと思います。

和室

はーい、私が独占していたメインの和室です。食事もこの部屋でいただきます。
広くて清潔で快適っ♪

広縁

広縁部分に流し台とお茶・コーヒーセットがあります。
bitWarpも快適につながりましたし、持ち込んだノートPCを開いてこのソファーに陣取って、ずっとお仕事をしてました_| ̄|○
(納期が迫ってて、本来なら出掛けてられない日程だったのです…ほぼ徹夜で仕事してましたー)

庭

庭を挟んだ向こうは一般客室。

景色

部屋からは、なだらかな山々が見渡せます。

一通り部屋を探検し終わった頃、仲居さんがお茶を入れてくれました。
玉露と何かのブレンドって言ってたけど、なんか昆布茶っぽいもわっとした塩分を感じる…なんだろ。

さ、お茶を飲み終わったら、再探索しますか。
スポンサーサイト

category: みちのく庵 旅行記

tb: 0   cm: 4

みちのく庵旅行記・1 「宮城は遠いぞ」編  

本日目指すのは、宮城県白石市の鎌先温泉。
我が家からは車で6時間の距離でございます。

PM3:00のチェックインに合わせてAM9:00に出発しました。

いつものことながら、げんなり…

首都高に入って、さっそく渋滞につかまります。平日の首都高は全然動かねーのですよ。これを見越して朝食をコンビニで買ってあったので、父上と車内でムシャムシャお食事ターイム。

大渋滞をやっと抜けて東北道に入るも、なんだかいつもより混んでる。
単発の渋滞が何度か続き、日光を過ぎてようやくすいすい進むようになりました。

うーわー

すっかりのどかな景色に。
おー、山の上には雪が積もってるぞ。でも紅葉はまだまだって感じ。
景色を見ながらただひたすら走っていましたが、この後どんどん空が暗くなって、小雨がぱらつくような天気に…

うーわー

白石ICを降りた頃には、こんな空模様になっちゃいましたよ。
それから市内の知人宅巡りをして、鎌先温泉に着いたのはPM3:30近く。
今夜のお宿は『四季の宿 みちのく庵』
鎌先温泉街からはちょっと離れたところにあります。

看板を見付けて入っていくと、長野の桃山ばりの坂が。
紫陽花の季節に来たくなるような道をうねうね登って、ようやくお宿に到着です。

どーん

仲居さんが笑顔で迎えに出てきてくれました。

玄関を上がったら、ラウンジを抜けてそのまま部屋へと案内されます。

かわいいお土産がいっぱい揃ってる

category: みちのく庵 旅行記

tb: 0   cm: 0

ちょっとお休み  



第一の波を乗り越えました。
まだまだ年末に向けて納期ラッシュが続きます。ふはーっ

昨夜は積んだままにしてあったDVDを5作一気に観てから就寝し、やっと思う存分熟睡できましたー。


んで。
起きてだいぶ頭がすっきりしたので、ただいま仕事の合間にレポを作ってます。
出来上がり次第『鎌先旅行記』をアップ開始ですー。
本サイトのレポは今週中にできればいいな、と。

さーやるぞー

category:

tb: 0   cm: 0

後から買ったお土産達  



カップ酒と、蓬莱のひやおろし。
現地では時間がなくて購入できず(泣)帰りの新幹線の中からネット注文しちまいましたよ。



ピロリの件で禁酒中って事で、カップ酒は泣く泣く人手に渡しました。が、ひやおろしは来月呑むぞー

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 0

みちのく庵に泊まってきました。  

鱈昆布〆鱈きく

鎌先旅行記として、また全8回くらいでお届けします。
が、今はとにかく忙しいので
レポはその後で_| ̄|○

取り急ぎ感想を挙げていくと
■良い
料理( ゚Д゚)ウマー
接客がすごく良かった
過ごしやすい部屋

■残念
宮城県の条例で塩素消毒が義務付けられているから仕方ないんだけど、塩素のにおいが気になった(特に部屋付き露天風呂)

以上。

女将さんともたくさんお話をさせていただきまして、良い悪いにかかわらずインターネット上に感想を書かれるのがあまりお好きではない様子が窺えました。
雑誌掲載のお話をいただいても、取材料が支払われるものは極力お断りしてるんですって。大々的な宣伝をしてお客さんをどっと呼び込むよりも、常連さんや口コミで来てくれた人を穏やかにお迎えしていきたいという姿勢なんでしょうね。

んー。ということは、私がここで感想を書くのも困るのかなーって、帰りの車内で父上とも相談したり。

でも、我が家の宿選びの主な情報源はネットです。
しかもその恩恵に与って『みちのく庵』さんという素敵なお宿に出会えたんですよね。
だからやっぱりいつも通りに感想を書こうと思います。スミマセン

大浴場

強調したいのは「大人が寛ぎ癒される宿」であるということ。
宿泊客の年齢層も高く、館内には娯楽施設もありません。
女将さんのこだわりがそこかしこに感じられ、温かみがあってリラックスできる雰囲気を持つ仲居さん達の接客も心地良く、宿全体が静かでのんびりできる空間。
この環境を守るために、できれば小学生以下はご遠慮いただきたいかも(^-^;)

やっぱり父上の足の神経痛が出てしまう距離で、片道6時間もかかってしまうお宿ですが、父上はお見送りしてくれた仲居さん達に「桜の頃にまた来るよ」と言い、上機嫌で帰路についたのでした。

部屋風呂

category: みちのく庵 旅行記

tb: 0   cm: 3

お手紙が届きました  

先月宿泊した『割烹旅館 桃山』さんから封書が届きました。



ふむふむと読んでいたら…
ん?



ばれるの、早っ(;゚д゚)ァ....

うちのサイト、泊まった部屋も時期も書いてるし父娘の組み合わせも珍しいので、レポ公開後によく宿の関係者にバレます(泣)
メールアドレスを公開していてネット予約が出来るような宿で、これは是非お勧めしたいと思うようなところには直接「大浴場の写真を撮ったけど自分のサイトに載せてもいいか」の問い合わせをすることもありますし(気まずくなるような感想を書こうとしている宿には連絡しません…っていうかそんな勇気ないよー^×^;)まぁバレてもしょうがないなーとは思います_| ̄|○
目の前で写真撮ってるしね。

んで、思い出したのが、他のお宿の仲居さんから聞いた事。
「私達の前では一切カメラを出さないのに、ぜーんぶ写真に撮ってインターネットに載せてるお客さんもいらっしゃったんですよ。○月頃にお2人で連泊なさったお客さんがね、とーっても夕食に時間がかかる方だなーって。なにしてるのかなーって不思議だったんですけどね。後日そのページを偶然見付けて驚いちゃいましたよ。あら写真撮ってたのねって」と。
父上も私も、なんで内緒で撮るのかが分からず(´・ω・`)というか、内緒で撮ったのに自分達だと分かる記述で公開しちゃうの?

そうそう。その仲居さんは自分の名前が書かれていると(素晴らしい接客だったと褒める記述が多いけど)「私なにかしたかしら」とびっくりしちゃうそうです。
せめてイニシャル表記にしてあげて欲しいと思いました(笑


ちなみに。
そとごはんの撮影は、注文の時に「自分のblogに載せる用に写真を撮ってもいいですか?」と必ず聞きます。ダメな場合はカメラをカバンにしまいます。
テーブルの間隔が狭い店では、写真を撮りたい旨を伝えて端っこの(他のお客さんが写らない)席にしてもらう事もあります。
だから光の加減がイマイチになるー(´;ω;`)
そしてもちろん、目上の人の奢りや仕事の接待の時は撮影厳禁ですー。

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

渓流荘しおり絵に決定  

来年1月の温泉、決定しましたー。

また長野っス。
これで長野はひと段落になりそうです。

その後はどーだろ。
2月上旬に友達と雪見温泉に行って、3月中旬に那須塩原あたりで大田原牛とセット旅行(笑)
5月下旬には東北2連泊できればいいなぁと……


まぁ予定は未定だわな(^ω^;)
また父上の足の神経痛が出てきたので、それに合わせて変えなきゃだし。
予約が取れるところ優先で決めたいと思います。

category: 旅行計画

tb: 0   cm: 6

喜久福 再び  

大福ー

先日(10月31日)の記事でも紹介した『喜久福』という大福。
抹茶クリーム以外も食べてみたくて、ずんだ生クリーム・抹茶クリーム・生クリーム大福3種類セットを購入しちゃいました。

いやね、月末に父上が御宿万葉亭に行ってくるんですって。また同級生のお友達と一泊するらしいんで、お茶菓子を用意せねばと。
でも仕事追い込みのこの時期、買いに行く時間はまーーーったくないんで、こういう時はネットでね(^×^;)
お茶菓子分・父上お気に入りの仲居さんへの差し入れ分・ウチの分の3つ購入しました。


さてさて、甘いと聞いていたずんだ生クリーム。うん、確かに少し甘いけどこのくらいなら全然OK。我が家の一番人気でした。
でも生クリームは入れなくていいと思う(笑 ずんだ一人勝ちでほとんどわからん。

生クリーム大福は、よくある味です。生クリームが強く感じすぎるのでイマイチ。

私が好きなのは抹茶クリーム。やっぱこれが一番バランスいいや。


冷凍しておける手軽さが嬉しいのよねー。
またリピートするぞー

category: お取り寄せ・お買い物

tb: 0   cm: 2

子猫時代?  

生後8ヶ月。
もうこの頃になると成猫さんの顔になってきました。


まだちょっとやんちゃだけどね。顔が怖えよ(泣



これが現在。
携帯カメラを近付けても全然動じませーん。


毛並みというか、触り心地は極上。我が家にあるお高い(笑)ラビットファーのバッグとほとんど一緒。艶々すべすべ。
でかくて重くて仕事の邪魔になるけど、寒くなってきて甘えてくる時間が増えてちょっと嬉しかったりもしますぞ(*≧∀≦)

category:

tb: 0   cm: 2

子猫時代・4  

6ヶ月目。
長くなったなー。


顔もしっかりしてきました。


この後、初めてのサカリ。父上と兄上に撫でられるとお尻が上がっちゃう~
その1~2週間後にもサカリが来て、大人になったんだねぇ…ということで避妊手術を決意。


7ヶ月目。
2泊3日の入院中、緊張のあまりご飯も食べずトイレも出来なくて飼い主が呼び出されました(泣)
ビビリ猫にご飯を食べさせるために面会ー。


退院後、ガツガツご飯を食べてから爆睡。


翌日には自分で抜糸をしてしまい、傷が開きかけて急遽カラー装着命令が。


そして今度はそのストレスで初めての下痢…数時間でカラーとはおさらばしました(泣)そのかわり、傷口を舐めないように厳重監視。

この頃からちょっと病院嫌いになったかも。

category:

tb: 0   cm: 3

子猫時代・3  

生後4ヶ月初めの頃と


生後5ヶ月近く。
顔は幼いのに手足がグーンと長くなって体がしっかりしてきたかも。確実に成長してます。


寝る子は育つにゃ!!
もう片手では持てないぞっ


生後5ヶ月目は梅雨時期だったので、一日中寝てばかり。


この頃から寝相が変になりました。
アンモナイトのように丸まって寝るのが半分。後は踊ってるようなポーズが多かったかな。見ていて面白かった(笑

category:

tb: 0   cm: 0

子猫時代・2  

生後3ヶ月。

50cmくらいの高い所なら登れるようになりまちた。


ひなたぼっこが大好きでち。
父上のバーバリーのひざ掛けがお気に入り。


モリモリ食べてべったり甘えて。
降ろしても降ろしても足を上って腿の上に来ちゃうので、この頃は穴が空いてもいいようにジャージしか着れなかった(泣


あとはひたすらぐぅぐぅ。


主食がカリカリになってから、急に成長し始めました。



ロシアンブルーということで、この頃は全然鳴き声を発しないボイスレスキャットでしたね。今では甘える時は「みゃっ」、何かをして欲しい時は「みゃうやう」、ゲージから出して欲しい時は「まーーうーー」と鳴きます。

category:

tb: 0   cm: 2

子猫時代・1  

体調不良&仕事追い込みで自動更新続きっス。
すみませーん(´Д⊂グスン

自分自身も癒されたい意味で、この前発見したこにゃんこ時代のうららさんの写真をば何回かに分けてお届けします。

生後2ヶ月で我が家に来た日。


ちっちぇ~(≧Д≦)


布団の上で猫じゃらしの出番を期待してワクテカ中。


兄上の膝の上でお休み。この頃は仲良かったのにね(泣


大昔に犬(でっけー嘱託警察犬で生肉ばっかり食ってた)を飼っていたことはあったけど、子猫なんて初めて。
なかなかご飯食べてくれなくて全然体重増えないし、ペットショップに勧められたサイエンスダイエット(キトン)缶詰のレバー臭が苦手で、ご飯のたびに私が悶えていたり、ぴょんぴょん移動するさまが危なっかしくて目が離せなかったなぁ…

まさかこの子がねぇ…
「自分を撫でろ」と、人がやってるDSを頭突きで吹っ飛ばすような子に育つとは(笑 甘ったれなのはこの頃のままだけどね。

category:

tb: 0   cm: 4

ピロリ菌発見  

先月からの腹痛の原因。

「ピロリ菌いました♪」と嬉しそうな先生がムカついたわー。

r400.jpg

これから一週間ずっと薬を飲み続けて除菌だそうで、副作用でお腹が下ったり味覚異常がでるとか。こういう時は自宅で仕事できる身分がありがたいっス。(トイレ近くても困らないー)
この後、更に他の薬を処方されるらしいです。


はー、今年は本当についてない。
残りの約1ヶ月半は何事もなく平穏無事に過ごせます様にっ。・゚・(ノД`)・゚・。
その前に目の前の仕事が間に合いますように(泣

category: 日常

tb: 0   cm: 7

グイド・ゴビーノ  



仕事詰め詰めで意識飛んでます…
風邪と女子の痛みのWパンチ。ううーil||li_| ̄|○ il||li

先日、いつものようにポータルアスクルでお仕事道具を購入していると、DVDを観に来ていた友達が伊勢丹のバナーを発見しました。
「お菓子食べたいかもー」とおねだりされたので、じゃあついでだし何か買うかと見てみたら…あー!!グイド・ゴビーノが売ってるー!!!
今年のバレンタイン時期に何回かもらったなー。
お酒のおつまみにちょうどいい苦味なの。

『ブラック ボックス』は量が多すぎるから、『チャルディーネ エクストラ16』を買いました。



残念ながら友達には「刻みカカオが邪魔~(+д+)ドリップ失敗してコーヒー豆が溢れてカップに入っちゃった時の舌触り」という素敵な理由で不評でしたが、私は久々に満足。

お、おいおい、刻みカカオだけ口から出すなよ(怒)

category: お取り寄せ・お買い物

tb: 0   cm: 0

奥飛騨旅行記・最終回 「今日中に帰らせて」編  

あっはっはっは。

また渋滞に巻き込まれましたよil||li_| ̄|○ il||li

最初の渋滞情報は0.5kmだったのに、全車ぴたっと止まったと思ったらどんどん延びていく…
事故渋滞だったら下の道通った方がいいけど、自然渋滞だったらそのうち解消されるよね?と判断が付かず、とりあえず群上八幡ICで一度降りてトイレ休憩(泣
また乗り直して、ジリッジリッと進んでる車列の中へ。

いい加減飽きてきた頃に原因のひとつがわかりましたよ。
後部の電光掲示板に「パトカーに続け」の赤文字を光らせて80km/hぴったりで走行しているパトカー発見。
だれも抜かそうとしませんとも。
あんなにはっきりした渋滞の先頭を見たのは久しぶりでしたよ(;つД`)
そのパトカーは、速度違反をしたであろう車を引き連れてPAに入っていきました…

岐阜のおまわりさんは働き者ですな。取り締まり中のパトカーを2日間で5台以上見ましたさ。


夕日

さてさて。渋滞の遅れを挽回すべく激走。でもどこも小渋滞。
どんどん日が暮れてゆく~
だいたい到着時間も読めてきたし、帰りの新幹線が混んでそうだから携帯から予約しちゃえと思って検索したら大ショック。
満席の嵐(;゚д゚)
えーーーーーーーーっ!! グリーン車まで埋まってるって(泣
しかも、こういうときに限って携帯の充電がヤバイ(泣)

と、とにかく駅に着いたら速攻で買わなきゃまずいよ!!と焦る私達。
それなのに駅周辺を迷走させるおバカなカーナビ。
あたりは真っ暗。
名古屋駅付近の駐車場に車を入れてみどりの窓口に着いたのは、5時半近くでございました(´Д⊂グスン



…すごいよ。券売機も窓口も大行列。
アナウンスでは「東京方面は9時半までの便全て満席となっております」って。みんな「今日中に帰してよ~」と半泣きですよ。
連休中に出掛けるって、こんなに大変なことなのですか_| ̄|○

しかし、さすが各駅停車で不人気のこだまちゃん。グリーン車のみ若干の余裕あり!!
どうせ小田原で降りるんだし、ひかりちゃんの倍以上の時間かかってもいいわよ!と、券をゲット。

4,000円高いグリーンだよ

お気に入りのお店での夕食もお土産購入も諦めて、トモとのお別れ挨拶もそこそこにダッシュで乗り込みました。

PM:6:01。
あきらかに『グリーンしか取れなかったよ』組の疲れきった皆さんとともに、名古屋を出発。

乗り心地はいいけどさぁ


チェックアウトから12時間後…
PM9:45にようやく我が家に帰り着きましたとさ。・゚・(ノД`)・゚・。


次に奥飛騨へ行くときは、絶対平日泊で早朝出発にしますぞ(泣

【終】

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 4

奥飛騨旅行記・9 「チェックアウト」編  

一服

はーい。準備完了。
AM9:45にロビーで会計を済ませ、チェックアウトをします。
ご主人をはじめ、皆さん客との距離に気を使ったソフトな接客でしたね。

さよなら山~

ぜひともまた来たいぞーvvvとハッピーな気分で宿を後にしました。

父上を連れてくるなら、雪がなくなってからの平日で、中尾平さん→桃山さんの連泊セットかな。
うららさんを精神的に強い子に鍛えなければ…フフ。

さよなら橋~

さて、とりあえず朝のコーヒーを飲みそびれたので、赤い橋に曲がらずまっすぐ進んで『道の駅 奥飛騨温泉郷上宝』に行ってみたり、キレイな景色を見かけては止まって写真を撮ったりとマイペースに高山に向かいます。
もちろん途中でかぼちゃを購入。
とても自力で運べる重さじゃなかったんで、宅急便の営業所を探してうろうろしちゃったよ。


んで、ちょうどお昼頃に高山市街に到着。
陣屋近くの駐車場に車を預けて、古い町並や中心街のお店を物色しながらラーメン屋さんを探すも、どこがいいのかさっぱり分かんない(´・ω・`)<ガイドブックくらい買え。
こうなったら適当に入ってみるかと、行列ができてた『飛騨高山中華そば 鍛冶橋』というお店に。

普通

私は普通の中華そば。

ねぎ

トモはねぎ中華そば。
んー、味は「へぇー、これが高山ラーメンなんだー」という感想しかなく。
いや、2人とも元々ラーメンにそんなに興味ないんだな(^-^;)とりあえず名物が食べたかっただけなのでした(笑


「後は名古屋駅に向かうだけだね」と、高山を出発したのですが…この時は、これからが大変だということにまったく気が付かなかったのです…

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 2

奥飛騨旅行記・8 「のんびり朝食」編  

食堂の窓からの景色

時間はAM7:30・AM8:00・AM8:30のいずれかを選べます。
1階の食堂で、夕食と同じ席に着席。

ありゃ

私達はのんびり寝たかったのでAM8:30でお願いしていたら、皆さん早めに済まされたようで食堂には私達1組だけ。
すでに準備がしてあって、お腹を空かせたトモは上機嫌。

じゃーん

炭で焼いている朴葉味噌。白いご飯と合う~vvv
頃合を見計らって、バイト君が火から下ろしてくれました。

ピーマン

こんにゃくとピーマンのピリ辛。すみません、ピーマンだけ残しました_| ̄|○この青臭さはイマイチ克服しきれないのです(泣

大根

切干大根。

おひたし

おひたし。

好き♪

好き好きvvv温泉卵♪

あつあつ

焼きたての塩鮭が運ばれてきました。甘塩で美味しかった~

塩分控えめ

お味噌汁。


これらのおかずと漬物で、トモさんまたもや朝から3杯飯。
あんたすごいよ( ゚Д゚)ポカーン
その間に私は、宿儺かぼちゃがどこで買えるかをバイト君と奥様に教えていただきました。


んじゃ、部屋に戻って化粧して着替えて、帰り支度を始めましょうね。今日はお昼に高山ラーメン食べるんだから!!
ご馳走様でしたっ!

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 0

奥飛騨旅行記・7 「ちょっとお散歩」編  

夜中に何度も目を覚ます2人…


………うぅ…あ、暑いぃ……


布団が暑すぎて蒸す~
でもはがすと寒くて風邪ひく~



トモは深夜過ぎに露天風呂にチャレンジした後、どうにか眠れたみたいだけど、私はAM2:30~AM5:00くらいまでうつらうつらした後に完全覚醒。おおう。隣の部屋のいびきが気になるぅ。
もう寝直せんil||li_| ̄|○ il||li

どうせ寝られないなら散歩をしようと思い立ち、あちこちのお風呂に入りながら探索してました。

ロビー

深夜に入浴する人が多くてびっくり。いつ見ても1箇所は必ず使用中って感じだったのですよ。

もうすぐ夜明け

外は寒ーいっ(+д+)!!
あきらかに神奈川とは違う空気だわっ!!12月にならなきゃ味わえない、ちくちく刺さってくる寒さなの。
何度もお風呂に入りましたわよ。

朝の食堂 外から

道路の向かい側にあるキャンプ場から、時たま奇声が聞こえてくる(^×^;)朝から楽しそうだねぇ。

ガラスの器がキレイ

ロビーの一角。どなたの作品なのかな?
夕食の時に使ったガラスのぐい呑みがいい感じだったから、ちょっと欲しかったりしたのよねー。

階段の板はちときしむ

この階段は一部板がたわむ感じなので、通るたびにトモと踏み踏みしてしまった(笑

2階ロビー

1階・2階両方のロビーに色々雑誌が置いてあって、カップルさんが次の日の予定を相談したり、年配のご夫婦がお風呂上りに休憩したりしてましたね。

山がキレー


よしっ。そろそろ朝ごはんの時間だから、トモを起こさねばっ!!

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 0

奥飛騨旅行記・6 「内湯は熱いぞ」編  

食べ過ぎてうだうだ布団に転がっているうちに、早くもトモが寝てしまった…
満腹過ぎて寝れないぞーって事で、私だけお風呂に入って腹ごなしでもしてくるかと。
露天風呂…と思ったけど、外の寒さがハンパないから断念っ(+д+)サムー

夜中に撮った(笑)

1階のミニフロント奥に4つの内風呂があり、右の2つがとっても広く、奥の2つが1人~2人用の大きさです。
全て予約不要で24時間入浴可能。フロント前にタオルがたっぷり積んであるから、濡れたものを何度も使わずに済んでラッキー♪

ひっくり返せー

足元の木札を裏返して、内鍵をかけるだけ。

広々
がらーん

まずは大きいお風呂から。脱衣所も広いぞー。

うっとり

泳ぎたくなるお風呂…って、これじゃ大きさが分かんないか。

朝撮ってみた

朝、取り直し。隣のお風呂も同じ大きさで、小規模の宿の大浴場くらいはあります。でも洗い場は1人分のカランしかありません。
違いはそのカランの配置と、若干窓の外の景色が変わるくらいかな。
天井が高く、湯気抜きがありましたよ。 クモの巣すごかったけど(^ω^;)
お湯の温度は43.7度くらい。私は端っこにある水道の蛇口を細く開けて、その近くで入浴してました(^×^;)

夕方撮影

こっちは小さいお風呂。
明り取りの窓も大きいし、木の香りがプーンとしてなかなかでしたよ。



朝撮影

これも朝撮ったヤツ。
目の前に休憩スペースもあります。

麦茶ウマー

無料の冷たい麦茶も用意してありますし、左の冷蔵ケースの中にも色々入っていて、これは飲んだものをカードに書いていく(料金はチェックアウト時にまとめて支払い)自己申告制。



体も暖まったから、部屋に戻って寝ようかな。

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 0

奥飛騨旅行記・5 「お待ちかねの夕食」編  

食事開始はPM6:30・PM7:00のいずれかを選べます。
お風呂にゆっくり浸かってからにしようかとPM7:00を選びましたが、よく考えたら2人とも今日はお昼の1食しか食べてない。
6時を過ぎたあたりからお腹がぐぅぐぅ空きだして、お茶でごまかすのももう限界かも_| ̄|○ってところでようやく時間となりました(笑


翌朝に撮った写真ー

朝・夕ともに1階の食堂でいただきます。
テーブルが近いので、隣の会話が結構はっきり聞こえちゃいますな(笑

ガラスの器がいい感じ♪

まず、事前にお預けしてあった日本酒(醸し人九平次 別注)を出していただきました。
うん。よく冷えてる♪
持ち込み価格は500円と、かなり良心的。冷やした上に約2合入るガラスのとっくりに移してくれます。(もちろん残りの2合もおかわり自由・笑)
トモの好みに合ったようで、ぐいぐい呑んでくれましたv

夕食開始っ

■前菜/イクラおろし・南蛮味噌・栗渋皮煮

きのこ

■蒟蒻・こも豆腐・蓮根の煮物。蓮根が固くて残したら、トモが食べてくれた~
■キノコのマリネ
■柿と春菊(?)の白和え

砂肝

■砂肝ピリ辛
嫌いな砂肝が美味しく食べられましたー!!辛さはあまり感じなくて、適度なすっぱさで食べやすいの。山芋ときゅうりの食感も良かったです。

ホタテ

■ホタテ湯葉巻きの蒸し物
ホタテの味は弱かったけど、温かくて優しいお味。蒸してあるからふわっと柔らかいの。全体的に薄味でいい感じだね。

ローストビーフ

■飛騨牛ローストビーフ
最近、肉の脂が胃に堪えるようになってきたから、あっさり目のローストビーフは嬉しい♪火の通り具合も柔らかさもなかなかです。
私は父上と肉好きOLに、トモは社長に連れられていい肉食い歩いてますが、納得の美味しさでしたぞー。

天ぷら

■そばがきの天ぷら
そばがきの中にとろとろチーズと海老が入ってます。
んー…後味が全部チーズになってしまう(泣)大好きなそばがきの味が薄れてしまったのはちょっと残念(泣

岩魚

■岩魚笹焼
笹で巻いてありましたが、香りはさほど移ってなかったかな。
んで、はらわたを抜いた部分に味噌が詰めてあるの。あっさりした身に合ってうまうまでしたわよ。

ご飯

■ご飯・漬物
お茶碗3杯分強はあったのに、漬物と一緒にほとんどトモが食べちゃったよ(°Д°)スゲー
目の前にあると残せないの、この人。
デザートはラ・フランス2切れでした。

お吸い物…

唯一残してしまいました。キノコの出汁もそれほどでてなくて、具だけいただいて汁はそのまま…すみません…
このほか、ウーロン茶とグラスワイン(ロゼ)も注文。良心価格でございました。


全体量は少し多いくらい。
私達のペースに合わせて出してくれるので、ゆっくりいただけます。

家庭料理の延長線上のおもてなし料理っていうのかな。
「すごいご馳走!!」って派手さもないし、絶賛したい一品というのもないけれど、手が加わってて温かい気持ちがこもってる素朴なおいしさ。

でも、盛り付けにも器にも凝ってる「旅館の夕食」を期待する人向きではないですね。
父上みたいな『非日常』を求めて旅館に泊まるタイプには物足りないなって思います。(実際、写真を見せたら反応が薄い薄い ^ω^;)
私もそのケがあるけれど、こちらのお料理は食べ終わって「ふー」って落ち着ける満足感がありましたし、トモは笑顔で完食しました(*゚ー゚)
11/11 追記→料理よりもお風呂を期待して泊まった宿なので、いつもよりは甘い評価なのはご了承下さいな( `・ω・´)


ごちそうさまでしたっvvv

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 0

奥飛騨旅行記・4 「次は奥の湯だ」編  

鍵を返しに行ったら『奥の湯』の鍵みーっけ。
すぐさま鍵を変え、さっきの小道に引き返します(笑
前の湯を通り過ぎると、木戸がお出迎え。

階段

ちょっと斜めってる階段を一気に上ると息が上がります(^ω^;)
運動不足を痛感したよ(泣

脱衣所

前の湯と同じく、木札を裏返して脱衣所に突入。
こちらの露天には屋根がないからか、雨や雪用の笠が置いてありました。
うおーっ。雪の日にこれかぶって入りたーい。

The 露天風呂

どーん。
前の湯より少し大きいお風呂。
深さは同じくらいかな。湯温は43℃と多少高く、硫黄のにおいも幾分強く感じました。
夜中に入りに来たトモは、木々の間から覗く星を見ながらのんびり浸かったんだって。
くぅー、寒さに負けずに行けばよかったー(≧Д≦)

反対側

反対側は林が広がってます。
あー…出たくない~~~
はぁ~この露天2種類だけでも、ココまで来た甲斐があったってもんだよ。

2箇所続けて入ってのぼせてしまったトモは先に部屋へ戻り、私はもうちょっとだけ…と残ってほこほこしていたのでした。

硫黄のにおいが好きー

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 0

奥飛騨旅行記・3 「まずは前の湯だ」編  

とりあえず部屋で休憩した後、風呂にでも行きましょうかと一階に向かう私達。
ここは部屋6室に対してお風呂が6つ(露天風呂/2・内風呂/4)もあるのですよ。宿泊客が一斉に入ることはまずないから、どこかしら必ず空いてました。
鍵が1個しかないので、めちゃくちゃ久しぶりに同行者と一緒に行動しちゃったよ(笑

電話の向こうにかかってまーす

階段を下りてすぐ左のミニフロント横に、露天風呂のキーをかける場所があります。
ここに鍵があったらそのお風呂は空いているという意味なので、各自自由に取って外に向かいます。

奥飛騨は寒いね

玄関からいったん外に出て駐車場左手の小道に入っていきます。

まだ新しいぞー

枯葉をサクサク踏みながら進むとすぐに見えてきました。

布団ー

木札を『入浴中』に変えて、脱衣所へGO。

脱衣所

籠が6個あり、2人で使うには余裕のスペースです。
(あれ?この写真は奥の湯のだ。まあ造りは一緒だからいいか)

どーん。

お風呂、広いぞーvvv
横幅が3mはあるかな。深さは脇から肩が浸かるくらいで、温度は42.2度。
屋根があるから、雨が降っても楽しめそう。
無色透明なお湯のにおいは硫黄だし、こんな素敵なお風呂に24時間自由に貸し切れて別料金ナシだよ。
うおー!!テンション上がってきた(笑

おおー

夕方も深夜も早朝も、何度も入ってしまいました♪


でね。このお風呂から、奥の湯の階段が見えるのですよ。カップルさんが降りていくのが分かったので、「次は奥の湯に入るぞー!!」と、入浴を切り上げて館内に戻りました。

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 2

奥飛騨旅行記・2  「チェックイン」編  

やっと着いたぞーっ

車に乗り続けて体ががちがちに固まってた2人。
ヘロヘロになりながら玄関に向かいます。
宿のご主人が優しい笑顔で出迎えてくれました。
(「あ、でも荷物は持ってくれないのね」と、ポカンとするトモ)

なんか落ち着くロビーだ

天井に高さがない分、あまり広くは感じないけど、ホッと落ち着く感じかも。
靴を脱いで…あれ?スリッパがない??

一歩上がってようやく判りました。
床暖房っスv

お茶とクッキー

いったんソファーに座って休憩。お茶をいただきながら記帳を済ませます。
さて、部屋に移動しますか。

客室は全6室。部屋はすべて2階にあるみたい。
わくわくしながら階段を上って…

おおー

天井が高くて、梁がいい感じだよー!!
外観も内装も本当に『山の宿』って感じ。これは期待が高まってきました。

布団ー

通常客室です。
畳部分は約8畳だそうで、すでに布団が敷いてあり、チェックアウトまでこのままなんでゴロゴロしていられます。
テレビは液晶の壁掛けタイプでスッキリ。
早速写真を撮りまくる私を尻目に、窓辺ではトモがロッキングチェアに腰掛けながらタバコをふかしてました。

水周り

トイレと洗面も付いてます。温度の切り替えはスムーズですが、隣の部屋に音が響くので夜はちと使いにくいっス。
ついでに書いときますと、廊下を歩く振動も響きます。深夜のお風呂移動はひたすら忍び足でお願いしたいっ( `・ω・´)

お好きなものをどうぞ

客室に用意されているのは、 ドライヤー・タオル・バスタオル・浴衣・歯ブラシ・ヘアブラシ・綿棒・カミソリ・電気ケトル・ティーパック類・コップ・ハンドソープ。
何も入っていない冷蔵庫と金庫もあります。

壁が薄いようで、隣室の音がかなり聞こえてしまいます。隣の方のいびきがずーっと丸聞こえ(笑
夜と朝の会話はボリュームに要注意ですな。


それではトモさん、風呂にでも入りますかね。

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 2

奥飛騨旅行記・1 「遠さ実感」編  

トモと行ってきましたよ、奥飛騨温泉郷。
宿泊したのは新穂高温泉の『山の旅舎 中尾平』さん。


朝のホームは寒いー

寝不足を引きずったまま、AM9:10小田原発の新幹線で名古屋に向かいまーす。
「今、乗ったよ♪」とトモにメールして、車内ではずっとDSどうぶつの森してました(笑

AM10:20頃、名古屋駅に到着。
んが、改札前で待っているはずのトモの姿が見えない。
きょろきょろと探していると、メールの着信音が。
まさか…
「寝坊した!今起きた!!
どっかで茶でも飲んで待っててくれ~(@△@;)」



るーるるーー

全力疾走でやってきたトモと合流できたのは、AM11:00過ぎでした(´・ω・`)

いい天気だねっ

き、気を取り直してトモの愛車に乗って市街を脱出!
東海北陸道などをスイスイ走り抜けて行きます。
「ここら辺はまだ紅葉始まってないねー」なんて快調に飛ばしてました。

ところがだんだん車が多くなり、あれよあれよという間にスピードも落ちていって

ずーっと先まで…

大渋滞il||li_| ̄|○ il||li

観光シーズンの連休をなめてました(泣
美並IC手前から全然動かねーーーーーっ!!
「早く着いたら観光して行こうね~」なんて言っていた朝の自分を殴ってやりたくなる私達(^×^;)

去年の福地温泉行きも同じ行程だったけど、平日+豪雨で車が全然いなかったんだよねー…


どうにかこうにか渋滞を抜けて飛騨清見ICで降り、高山清見道路出口の『道の駅ななもり清見』に着いた時にはもうPM2:00。
時間を惜しんで、私は飛騨牛まん・トモは飛騨牛串焼きを買って車内で昼食を済ませましたわよ。

ピリ辛の具ばかりで肉が少なーい

そして、ここまでくるともうお約束。
またもやちっとも動かない渋滞にはまって、市街を抜けるのにどれだけ時間を食ったか(泣

その後も小規模な渋滞が続き、空はだんだん暗くなっていきます。
「明るいうちにチェックインするのよ!!」を合言葉に走り続けました。



神奈川の家を出てから約9時間。
時刻はもうPM4:30近く。

写真よりももっと薄暗いのーっ

ようやく『山の旅舎 中尾平』さんに到着しました。・゚・(ノД`)・゚・。

category: 奥飛騨旅行記

tb: 0   cm: 2

帰ってきました。  

だはーっ やっぱり奥飛騨は遠かったーっ(≧Д≦)!!



これは宿儺(すくな)かぼちゃ。
高山市丹生川町のあたりで作られているそうで、「宿儺かぼちゃ研究会」というラベルが付いてました。

これがでかいの。長さは60cm強。
でも切ってみると普通のカボチャ。しかも皮が薄いから切りやすいし、種の剥がれが良くて調理しやすいっス。
味は、甘くてホクホク。人によっては粉っぽいと感じるかも。

お土産用に1本1,200円のと1,400円のを買いましたが、割高感は否めないかも。
でも半分以下の大きさに切って売ってたら買っちゃうかなー。
(だって普通のかぼちゃを切る時のあの大変さがないんだもん)



ではでは、今からレポートをまとめますか。

今月来月とめちゃくちゃ忙しいので、まず旅日記をぽつぽつとブログで公開後、来月中旬過ぎあたりにいつものホームページ用のを製作してアップします。
次の『みちのく庵』と『なごみ野』も同様です。

さーて、やるぞー

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

邪魔っ(´Д⊂グスン  

うららさーん(泣

学習能力が上がったのか?
旅行の準備を始めようと思うと、「行かせないニャッ!!」とばかりにカバンの上にどかんと居座るうららさん。

何度ひっぺがしても戻っていくんで、しょうがないから諦めてウォーキングしてきたのに、まだ乗ってる(泣

普段は鞄なんて気にもしないのに。鋭いなぁ。
ああ、トモの分の酒買ってこなきゃ。帰ってくるまでにどいててよ~

category:

tb: 0   cm: 4

来年1月の宿  

さてさて、来年の宿で悩んでおります。

第1候補は『渓流荘しおり絵』さん。
安曇野の友人が「けっこう人気らしいよ」と教えてくれたんですわ。
洞窟露天風呂の写真に興味をそそられてます~
露天風呂付きで21,150円(平日料金)という価格も魅力…
でもでも!今月の鎌先温泉行きと12月の『なごみ野』さん行きで、父上の腰の状態がどうなるか…といった感じだから、一応保留。

第2候補は『山あいの宿 うえだ』さん。
新しく出来たお風呂に入りたい~

第3候補は『旅亭懐石 曾我』さん。
距離的にもいいし、やっぱり料理が気になるんだよなぁ…でもお風呂の循環ろ過具合が不安。塩素臭いのはヤだし。

最近ちらっと思うのですよ。
東北や信州などへの交通費を考えたら、伊豆で3万円台前半ならアリなのかなって。
いかんいかん、ちょっと感覚が狂ってきた(+д+)


友達との旅行は雪がガッツリありそうな2月上旬になりそうだし、草津温泉一人旅は暖かくなってからにしたい。だってお湯が余計に熱く感じそうなんだもん(泣

んー、どうしよっかなー。

category: 旅行計画

tb: 0   cm: 2

The World of GOLDEN EGGS  

どこかで『ボディービル部』の動画を見て以来、気になっていたゴールデンエッグス。
仕事仲間がDVDを購入したというので、鑑賞会となりました。

うわー!!ノリがめっちゃ好きかも(笑
この友人、宮崎吐夢・みうらじゅん・ラーメンズ等、ツボなDVDやらCDを次々に持ってきては人をハマらせるんですが、今回もヤラれましたよ(≧Д≦)
ゆるい感じがたまらないっス!

「ボディービル部 YouTube」あたりで検索かけると動画が見れると思いますので、時間があったら試しに見てみてくださいな~


The World of GOLDEN EGGS Vol.01 The World of GOLDEN EGGS Vol.01
アニメ:ワールド・オブ・ゴー (2005/08/03)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


The World of GOLDEN EGGS Vol.02 The World of GOLDEN EGGS Vol.02
アニメ:ワールド・オブ・ゴー (2005/08/03)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

category: 日常

tb: 0   cm: 0

醸し人九平次 別注  

血液検査で「肉ばっか食べてるでしょ。血に出てますよ」と指摘された肉食親子。わりとサラサラなのにー
魚をもっと食え!と怒られたので、現在主食が魚と野菜でございます。

んで、その魚をおいしく食べるためにも…と、家での食中酒が復活。
父上の目(初期の白内障)に考慮して2人で1合未満と決めたんで、その分お値段的にいいお酒を購入してます。


『醸し人九平次』という日本酒は、お店で見付けると必ず注文してしまう大好きな1本です。
今回ははせがわ酒店オリジナル商品を見付けたので、早速購入しちゃいました。

kamobe.jpg

おお。開栓するとやや控えめにフルーティーな香りが立ち上がります。
口に含むと柔らかな酸味。んー、この酸味は好き嫌い別れるかもしれないけど、私は好きだなぁ。
食中・食後のお酒としてはかなりいいかも♪

500mlで2,857円という価格は、正直高い気がする…でも素敵パッケージ代も込みと考えれば合格かな(*^ー゚)/

トモへの差し入れ分も買ってこなきゃ!!

category: お酒・スイーツ

tb: 1   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。