ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[1] 館内  

 
今までに4回泊まったくらいお気に入りのお宿 鶴鳴館 松坂屋本店 に再訪してきました。
2011年3月上旬に父上と2人泊して以来だから、4年3ヶ月ぶり。
料金の値上げと非バリアフリーな構造がネックで、選択肢から外しちゃったんですよねー…


「近すぎて泊まる所じゃない。日帰りで充分」と、箱根の温泉には今までまったく興味を示さなかった幼馴染が急に泊まってもいいと言い出しまして、
「チャーンス( ゜∀゜)o彡°」とばかりに決定しちゃいました。


今回はらくだ倶楽部から予約。
らくだ限定☆【アワード2014】プラチナ賞受賞記念プラン~2014年予約ランキング全国1位!特別謝恩プラン1室14,000円OFF!
源泉内風呂付【庭園を望む和洋室】和室8畳+ツイン◆禁煙◆ 2人 40,300円(消費税・サービス料込)

お気に入りの宿には直接予約の方がいいのだけど、今回は提示予算内で収めねばならず(^ω^;)


ロビー



鶴鳴館 松坂屋本店
住所/〒250-0523 神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯57
客室/全18室
チェックイン/PM3:00  チェックアウト/AM11:00
一人泊/可
au、部屋によっては1X~3Gギリギリ。


4_2015060721220552e.jpg

箱根の山は寒すぎて部屋に籠っていたから、外観撮るの忘れてたよ…:(ヽ'ω‘):
玄関前の駐車スペースに車を停めるとスタッフさんが来てくれるので、キーと荷物を預けます。

5_20150607212206780.jpg

館内に入り、カウンターでチェックイン手続き。
予約サイトを利用した為、記帳項目がプリントされた申し込み内容の確認とサインのみ。
この日の夕食の時間は 17:30 か 18:30 どちらかを選んでくださいとの事だったので、遅い方を選びました。

前は名刺サイズの紙に書いといてくれたのだけど、それはなくなってました。


館内



8_20150607212208445.jpg

幼馴染は初めてだから、隅から隅まで探索(笑
ここまでアップダウンが多くて入り組んだ宿は初めてだったようで、珍しげにしてました。
松坂屋さんの歴史が分かる資料部屋で展示品を熟読したりと楽しそう(`・ ω・´)b

ロビーをうろついてた時、何かを運ぼうとしていたスタッフさんが突然Uターンしたので忘れ物かな?なんて思ってたら、女将さんを呼んでくれてた(笑
父上が好きだったお菓子を心づけ代わりに渡したから(食材対応してもらうのでね)それのお礼と、父上の思い出話をしてみたり。
そうそう。夕食時の女将さんの挨拶が無くなっちゃったんだってね~。
だからタイミングが合わないとチェックアウトの時まで会えない場合もあるそうで。
幼馴染は「挨拶なんていらないよね~」な人なので、私を置いて1人で散策を続けておりました(´・ω・`)

10_20150607212212435.jpg

平日でしたが、半分くらいの部屋が埋まってたのかな?
いつも通りお客さんの年齢層はちょっと高め。静かにのんびり過ごせますな。

7_20150607212211967.jpg

緑の木々がとってもきれい。この時期の箱根ってやっぱ好きだな~と再確認。


若旦那の庵



3_201506072122320c3.jpg

コーヒーサービスのある朝はめっちゃ混んでる共有スペース。
観光案内や割引券、本なども揃ってます。

2_20150607212234153.jpg

私がここを利用したのは、スマホの電波が弱々で(4Gなんて表示されなかった…3Gもギリギリで1xを久々に見ましたわ)繋がらなかった時と、ipadを使う時のみ。
Wi-Fiが繋がるのはこことロビーだけらしいです。
天上が高いからかな。あまりこの部屋が温まってなくて、長居は出来なかったっス(;´Д`)


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店


スポンサーサイト

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[2] 部屋  


予約サイトによって名称がまちまちですが、公式サイトによると
源泉内風呂付 庭園二間(和洋室) ※禁煙
という部屋になります。


若松 玄関付近



27_2015060817224562b.jpg

2帖ほどの玄関と、5帖くらいの空間にクローゼットと水屋っぽいコーナーがあります。

クローゼットには浴衣・丹前・足袋ソックス・金庫と、大浴場用のバスタオルとフェイスタオルが1枚ずつセットされた籠バッグが用意されています。
ここのバスタオルは大判で厚手で好き~゜ +(*´∀`)b°+°

浴衣は標準サイズで、部屋へ案内されたのちにスタッフさんが交換してくれるようです。
私達はいつも持参の部屋着で寛ぐので断っちゃった(0w0)

15_20150608180007460.jpg

水屋コーナーには水500mlのペットボトル人数分・コーヒーセット・お茶のセット・ポットが。
プランによるのか何なのか、下の扉の中にある冷蔵庫の中身は空だったので、館内の自販機で買ったものを冷やすのに使ってました。


若松 主室


鍵は2個。

34_20150608173810a44.jpg

お着きお菓子はお宿オリジナルのゴーフルです。ロビー横のお土産で購入可能っス。

21_20150608172242a77.jpg

8帖の和室+4帖分くらいの広縁付き。
2人には十分な広さだから、ひたすらゴロゴロしてました。

25_20150608172244645.jpg

床の間に設置されたテレビは部屋の広さの割には小さく感じるかも?なサイズですが、
どこだったかここのような泉質(硫化水素とか硫黄?)の宿の御主人とお話した時に
「温泉の成分が金属を腐食させる関係で電化製品が壊れやすく、買い替え頻度が高いので大型テレビはなかなか入れられないんです(´・ω・`)」
と聞いたことがありまして。
それ以来、においの強い泉質の宿では気にならなくなりました~

シニアに優しい座椅子(脚力の弱いお年寄りの立ち上がり時の負担を減らせるのです)も有り。
とにかくこの日は寒くって、右手のストーブが大活躍!!
箱根(特に高所の芦之湯)を舐めてました(泣

18_201506081723453e8.jpg

せっかく広くてソファがある広縁でしたが、掃き出し窓からの冷えが恐ろしく強くてですね。
冷え性の幼馴染の命により、和室との境目の障子はほぼ閉めっぱなしでした…:(ヽ'ω‘):

26_2015060817234012f.jpg

ここに来るのは、トイレと洗面所兼脱衣所とお風呂を使う時だけ。

33_201506081738115ea.jpg

トイレはTOTOのウォシュレットです!!


若松 ベッドルーム



23_20150608172246e16.jpg

洋室…ではないな。
10帖の和室にカーペットを敷いてすのこベッドを置いた和室だね。

28_201506081722489fb.jpg

ベッドしかないから無駄に広い…
こちらも床の間にテレビ。
広縁には同じくソファがありますが、テレビには遠すぎるし底冷えしたので未使用。

24_20150608172342cd0.jpg

景色も良くはないのでね(笑
「あー!! 噂の室外機だー!!」とバシバシ撮ってたら案内スタッフさん苦笑い(;´Д`)


30_20150608172343188.jpg

上階の音が伝わりやすいというのは、以前他の部屋に泊まった時に体感済み。
この日は夕方から雨が降り出して、0:00頃には風も強まり豪雨に。
ベッドルームの天井(床の間付近)からずーっと聞こえる、激しく叩きつける雨の音…
1:00に風雨が弱まってやっと寝て、2:30くらいにはまた雨が強くなってさー。
左の天井からはバタバタという雨の音。右からは雨どいから大量に溢れて落ちる水の音が大きくて起きちゃったよ(ヽ゜言゜)
幼馴染はすぐに慣れて寝てましたがε-(;ーωー)フゥ…

仕方ないから大浴場行ったり感想をipadに入力してたらすっかり目が覚めてしまいました……


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[3] 内風呂  

 
こちらの部屋には、源泉かけ流しの内風呂が付いてます゜ +(*´∀`)b°+°

風呂



41_201506090142053a4.jpg

浴室はちっちゃくて、半分が浴槽・半分が洗い場の1人用(゜∀゜)=3

43_201506090142073aa.jpg

縦 54.5cm × 横 118.5cm × 深さ 62cm
169cmの私が足を延ばして入れるサイズ。温度は42℃~43℃くらい。
深さがあるので、余裕で顎まで浸かってしまいます(;´Д`)

他の部屋のお風呂と同様、浴槽内にステップになる一段がありません!!
なので、脚力がないと出入りがとてもツライと思います。
狭いから腕力以外の工夫のしようもないしねぇ…

73_20150609015003126.jpg

換気扇はありませんが窓の上に空間があって、多少の湯気は抜けます。
ガラスとか嵌ってないから夏場の夜なんて虫が入り放題になりそうだなぁ(;´Д`)

あ!! あとシャワーが付いてません!!
洗い場が狭くてシャワーを使うと浴槽内に泡とか入り放題だろうから仕方ないか。
お湯と水の蛇口があるし、シャンプー・リンス・ボディソープがあるから一応洗えます。
でもお湯の方は温泉を少し冷ましたものなんです。だから温泉のにおいを落として帰りたい…というのはここでは無理ε-(;ーωー)フゥ…
そしてお湯と水の蛇口が微妙に離れてて、同時に桶に入れられないので温度調節がすごくめんどい(泣
幼馴染は大浴場へ、私は洗面台でムリヤリ髪を洗いましたわ(;´Д`)

45_20150609014209b58.jpg

大きな窓を開けると、半露天気分が味わえます。
福島県中ノ沢温泉 『御宿 万葉亭』 さんのすみれの間を思い出す造りですな。
湯気が一気に抜けて、快適に長湯出来ました(*゚Д゚) ムホムホ

44_20150609014210927.jpg

透明(最初の2枚が到着時の写真)→薄い白濁という微妙な変化のみでした。
湯の花も少なめだったっス。


洗面所 兼 脱衣所



37_20150609014211260.jpg

1人1枚のバスタオルと、バスマットが1枚用意されています。

39_20150609014238718.jpg

スキンケアのアメニティはPOLAのアロマエッセ
あとは歯ブラシ・コットンセット(綿棒とヘアゴム入り)・ブラシくらい。充分ですな。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープはハーバルエクストラ(フローラル)
ローズ系の香りもするものの柑橘を感じる香りで、髪に張りも出て自分の髪質には合ってたから購入したいなーと思って帰宅後に調べたら、20kgサイズしか売ってないThe 業務用だったil||li_| ̄|○ il||li
こんな量はいらんのでポチれませんでした(泣


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[4] 夕食  


チェックイン手続きの時に、17:30 開始 か 18:30 開始 のどちらにするか聞かれました。
幼馴染の希望で遅い方をチョイス。

以前は時間になったらロビーで待機して順番に案内されたけど、平日で宿泊客が少な目だったからかすぐに2Fの『お食事処 えん』へ向かえました。
料理長が今の山本さんに変わってからは初めてなので楽しみですっ(゜∀゜)=3


お食事処 えん



中央部にオープンカウンターを備え、周りに半個室が並んでます。
私達の部屋は少し奥まった場所だったので、落ち着いて食事が出来ました。

とりあえず飲み物を注文。
幼馴染はホット烏龍茶(500円)、私はアイス烏龍茶(500円)で。

66_20150609023828d51.jpg

【食前酒】 さくらんぼの果実酒
甘いのに強いっ!!
あらかじめテーブルに用意されていたので、下戸の幼馴染の分もちびちび飲みながら最初の料理が来るのを待ちます。
…15分くらい待ったのは初めてだったかな(´Д`;)テモチブサタ…
前菜は冷たい料理ばかりだったので、最初にセッティングしてあっても良かったんじゃないのかなぁとか思ったり。

64_20150609023829c07.jpg

【旬菜】 若布よせ おくら 白瓜 さふぁいや茄子 順菜 茗荷 美味ぜりー
白きす酒焼 焼もろこし かぼす 青梅 浜防風


67_20150609023831efc.jpg

「旅館の食事でトウモロコシのかたまりに齧りついたのって初めて」と戸惑う幼馴染。
私もあんまりないかも。
緑に色付けされたものは、梅酒に使った梅の甘煮ですかな。

65_20150609023832a5d.jpg

若布の葛寄せと蔵王サファイヤっていう種類の茄子の煮びたしに、じゅんさいと出汁がたっぷりかかった冷たい鉢で美味しかった(`・ ω・´)b

今回は幼馴染の好き嫌いのみを伝えてあって、それは全部対応していただけて有難かったのですが、
毎回伝えなくても記録は残ってるかなーと、私の茗荷抜きを連絡してなかったんですよ。
そしたらしっかり出てきちゃった(;´Д`)
やはり4年のブランクは長かったよね…
次からはどの宿にもちゃんとお願いしないとイカンと反省しました(泣


椀物



59.jpg

【椀盛】 冬瓜 帆立 かます どんこ 焼葱
鰹出汁がしっかり効いた好みのお味(*'ω'*)
葱に焦げ目がなかったので焼いた香ばしさはなかったけれど、トロトロで美味しかったそうです。
(葱のニュルッとした食感が苦手なので幼馴染にパスしました)
肉厚どんこもうまうまですな。
ちょっとかますがしょっぱかったっス。


お造り



56_201506090239102bd.jpg

【造里】 季節の造里
お刺身盛り合わせかと思ったら、鱧の湯引きとおろしポン酢でした。
生魚をいっぱい食べられる♪というお宿のイメージがあったので、ちょっと残念だったり。
関東人なので、鱧って好きでも嫌いでもない食材なもので(;´Д`)

70_20150609023912f6f.jpg

生魚が食べられない幼馴染には、鯛の蒸したものにおろしポン酢がかかったものに変更。
冷やしてあっても身が柔らかく、たっぷりの白髪葱の食感と合ってて美味しかったって♪


しゃぶしゃぶっと



58_20150609023909997.jpg

【蓋物】 蛸 白だつ もろっこいんげん
あさり出汁が入った鍋を固形燃料で加熱開始。
湯気が出てきたら生蛸スライスをさっとくぐらせてしゃぶしゃぶにします。
このあさりの出汁がとっても美味しくて、幼馴染と2人、ひたすらつゆだけすくって飲んでました(笑
割り醤油は特に印象なかったなー。


…なんか写真が多くなったから2つに分けます(0w0)


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[5] 夕食  


はい、続きです~


もっちり



54.jpg

【強肴】 蓮根餅 湯葉 太刀魚 わたりかに 白髪葱 旨味餡
豆腐のように柔らかい汲み上げ湯葉が四角く固められたものと、すりおろした蓮根のみで作られたもっちりねっちり蓮根餅。
その上に皮目がパリッと香ばしく焼けた太刀魚と、白髪葱たっぷり。

全体的にはあっさりしてるけど、胡麻油香る餡と蟹をしっかり絡ませると中華っぽくて美味しい(*´艸`*)

63_201506090322582fb.jpg

最初は蟹が見えなくて、あれ?蟹ってどこにあるの?と2人できょろきょろ探していたら、
スタッフさんが「白髪葱の下に隠れてます」と教えてくれました(笑


お肉ーーー!!



53_20150609032259174.jpg

【中皿】 牛ろーす あしらい物
待望のお肉は2切れだけなの~(´;ω;`)って最初は悲しかったけれど、
しっかり噛みごたえのある赤みの多いお肉で、塩胡椒と山葵というシンプルながらも王道の味付けでじゅうぶん満足感がありましたっ!!
右にあるのは、パプリカとりんごを刻んだものを乗せてフレンチドレッシングをかけたトマトカップ。
上に乗ってるのはデトロイトという種類のベビーリーフ。

71_20150609032301225.jpg

鶏肉以外のお肉が食べられない幼馴染のは、さわらの蒸したのに変更されてました。
…コンデジの方はホワイトバランスを調節してなかったorz


炊き込みごはん



50_20150609032302fbe.jpg

【食事】 新生姜釜飯
【汁物】 赤出汁

香の物3種盛とアサリの生姜煮もありました。

52_20150609032304a98.jpg

漬物もアサリも、具が玉葱の赤出汁もとっても美味しかった(゜∀゜)=3

が。ご飯の水加減が……
いつもだったら、どの旅館でもこの時点でお腹いっぱい過ぎてご飯ものをパスする事が多いんですが、
全体量が女性向けというかやや控えめになっていたので、初めてご飯がしっかり食べられる!!ととても楽しみにしていた幼馴染。
しかし、ご飯が固すぎましたil||li_| ̄|○ il||li

釜炊きのご飯と言えば白くツヤツヤふっくら…のはずが、透き通ってカチカチになってる…
幼馴染は「保温しすぎたご飯」といい、私は「茶碗によそってから何時間か放置して乾いちゃったご飯」だと思いました(´Д` )

生姜でさっぱりしてたのに半分も食べられませんでした(´-ω-`)
うーん、残念……


デザート



49_201506090323203b1.jpg

【水物】 抹茶ばばろあ いちじく さくらんぼ
ババロアがヨーグルトのようにトロトロ食感なんですよ!!
抹茶も濃厚でこれはうまーい!!!
果物も程よく熟れていて大満足ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ ヒャッホォ!!

48_20150609032321b3a.jpg

以前は葛や寒天で固めただけのイマイチなデザート率が高かったので、これは嬉しい変化!!

楽しみにしていた塩シャーベットはなかったけどさ(泣


以前の料理長さんの時は定番の旅館の料理にはない独創的な料理にチャレンジしたりと、正直やや当たりはずれがありました。
でもメインのお刺身はいつでも美味しかったし、その遊び心が楽しみでもあったのですよ。
料理長さんが変わって、メニューや食材に驚きはないものの味は以前よりも好みになってました。

一番有難かったのは食事量とデザート。
私達にはちょうどお腹いっぱいになる量で、ご飯以外は残さずに済んだので有難かったです。
多く食べられる女性や成人男性には多分足りないかも。


少し奥まった個室だったのとお酒を飲まなかったので、配膳ペースが掴みにくかったようで手持無沙汰になることが度々…
女性スタッフさんは素敵な笑顔で応対してくれるのに、男性スタッフさん達はまだ慣れていないのか会話も動作も固かったなぁ…というのは感じましたが、この接客の距離感も好みがあるからね。


荷物置き場になってたバーや、
見知ったスタッフさんをあまりお見かけしなかったところに年月を感じた夜でした(´・ω・`)


スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[6] 大浴場  


大浴場から足湯まで全ての浴槽に、
加水・加熱・循環一切ナシ源泉掛け流しの温泉が注がれている素敵宿。
箱根で一番好きな泉質だったりします(`・ ω・´)b

含硫黄‐カルシウム・ ナトリウム・マグネシウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)
旧泉質名・含重曹 石膏硫化水素泉


15:00~翌日10:00の間に入浴可能。
日によって夕食後に男女の入れ替えがありますが、この日はそのままでした。


大浴場 《朝昼》



75.jpg

左右の浴槽で温度が違うので、好みの湯温で浸かれます。
湯気がこもっている内風呂って苦手だけど、入って左手の大きい窓(網戸付き)を開けると一気に抜けてとても快適になるのです( ゜∀゜)o彡°
他のお客さんがいるとやりにくいから、独占状態の時だけ全開にしちゃう。
もちろんちゃんと閉めてから出ますよん(0w0)

81_201506091846105dc.jpg

大浴場も色の変化が少なかったなー。

でも温泉宿に泊まっても大抵夜の1回しか入らない幼馴染が珍しく複数回入ってた( ゜∀゜)o彡°
「なんかお肌ツルツルになった」と面白がっておりました。


大浴場 《深夜》



80_20150609184609fc1.jpg

雨の音で全然眠れなかったので、夜中にやってきたら独占状態。
だらだらと長ーく入ってました(笑

84.jpg

縦長の写真の左側の窓が開いてるの、分かるかな? 湯気抜きポイントっス。

大浴場へ行くにはどの部屋からも多少の階段利用があったような気がしますが、
こちらには手すりがあって浴槽内の1段(ステップ)も設置されているので出入りやすくてね。
高齢者用のシャワーチェアもありますし、滑りやすい泉質でもないし、高齢者でも比較的安全に使えるお風呂だと思います。

あ、シャンプー類は部屋と同じくハーバルエクストラでした。


脱衣所



83.jpg

おしゃれさはなくても、広くて快適。
バスタオル・タオルは用意されていないので、部屋から持って来てください。

82_20150609184612b75.jpg

フェイシャル系のアメニティは、クラシエのZIRA(ジーラ)
サラッとしてベタつきがなかったから使いやすかったな~


休憩所



76_20150609184608d5d.jpg

手前右が男性用。奥のピンクの暖簾が女性用入口。
鍵付きの貴重品ロッカー・ベンチ・ウォーターサーバーがあるので湯上り休憩に便利です。



スタンダードプランはコチラ
【楽天トラベル】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【一休.com】 芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店
【じゃらん】 鶴鳴館 松坂屋本店

 

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

鶴鳴館 松坂屋本店[7] 朝食  

 
前夜の夕食でデザートが運ばれた後、朝食の時間を聞かれます。
8:00 か 9:00 との事だったので、早めの方でお願いしました。


全景



95.jpg

眠い目をこすりながら朝食開始(;´Д`)
すでにほとんど並んでます。


おかず



90.jpg

鯵の開きの焼き加減がなんだか昔と違う…
というか、あとから持ってきてくれたのにほんのり温かいくらいで熱々じゃなかった(泣

91.jpg

朝から鮪のお刺身はとっても嬉しい(≧ε≦)
生ものNGの幼馴染の分は茄子の焼き浸しに変更。

94.jpg

あとは定番のふのりのお味噌汁や煮物。それから納豆ね。
デザートは初物のスイカでした♪

89.jpg

2人とも一番気に入ったのはコレ。
蒸し野菜(キャベツと水菜)に冷たいだし汁と味の濃い鰹節がたっぷりかかってます。
生野菜のサラダの方が好きだけど、火が通った野菜の方が胃に優しいものね~

お腹いっぱいで残してしまったけど、お互い限界まで食べ進めてました(゜∀゜)=3

92.jpg

固形燃料で温めたのは、飛竜頭を葱と大根おろしで煮たもの。
夕食もそうなんだけど、ここの料理は甘さがすっきりで食べやすいんだよね。
煮物にみりんすら入れないほど甘みに弱い幼馴染が、美味しい美味しいと鍋のスープを飲むんですよ。
かなり珍しかったです。


感想



朝食後しばらくしてから大浴場に行ってお湯の入り納めをして、急いで帰宅準備。

いやー、ひたすら眠くて家で寝直したいというのもあったんですが、
我が家の毛玉様が早朝から激しくご機嫌ななめの御様子で、兄が近寄ろうとするとウーシャー狂ったように唸りまくってるという連絡が来て(ヽ゜言゜)
やはり次からは病院に預けるしかないか…

そんな訳で早めにチェックアウトをして帰宅となりました。
(家に帰ったらスリスリゴロゴロでべったり引っ付いて離れませんでしたがね)


昔よりも男性スタッフさんの接客に笑顔が少ないかな?とか、いくつか気になるところはあったけれど、
お得なプラン料金から考えると大満足。
料金以上にたっぷり楽しめました!!!

女将さんともお話しできて良かったぁ~
火山性の有感地震とかも特になかったんでのんびりできましたっ(*´∀`)ノ
次は冬に来て、ぶるぶる震えながら温泉に浸かりたいです(笑

category: 鶴鳴館松坂屋本店 旅行記

tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。