ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたい(泣

樹氷!! その1  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 
2月某日の日曜日。
幼馴染・のりりんとの3年越しの夢だった樹氷見学に行ってきましたよ。
「最初に見るんだったら山形側の蔵王が良いよ!!」と複数名の方からアドバイスをいただいたので、宿泊先は蔵王温泉に決定しました。

今回利用したのは、びゅうのスキープラン。
往復の山形新幹線は指定席・蔵王四季のホテルに1泊(夕朝食付き)・山形駅と宿の往復送迎有り(要予約)。
びゅうプラザ窓口の予約で、1人 28,400円です。

 

まずは山形へ


山形新幹線 つばさ127号  東京駅(8:08発) → 山形駅(11:00着)


img_224867_1693694_0.jpg
 
東京駅から山形新幹線に乗って行きます。

img_224867_1693694_1.jpg

指定席の座席幅は、グリーン車に比べると前後の余裕がないけど充分な広さ。
東海道新幹線よりはゆったりしてると思います。
読書灯とパソコンや携帯電話の充電に使えるコンセントが足元にあるのがとても嬉しいっス( ^ω^)


おおみやグループ送迎バス 山形駅西口(11:20発) → 蔵王四季のホテル(12:00着)


送迎バスに乗り込み、蔵王温泉に向かいます。
所要時間はおよそ40分。
12:00には蔵王四季のホテルに到着しました。
 
前日が満室だったので、アーリーチェックイン(有料)はできず。
チェックイン手続きだけをして、先に送ってあった荷物を受け取って防寒用の服に着替えました。
 

いよいよ樹氷へ


蔵王ロープウェイ山麓線 蔵王山麓駅 12:50到着


img_224867_1693694_2.jpg

日曜日ということもあって、観光客やツアーの団体がいっぱい。
窓口で往復券(2,500円)を購入する際に、「ここで1時間、上の乗り換えでも1時間待つようになりますが、それでもいいですか」と聞かれて( ゚д゚)ポカーン
じゅ、樹氷見るためにはるばる神奈川から4時起きで来たのよ!!と気合を入れて、長い列に並びましたよ。
 
でもでもっ!!
誘導のおじさんが
「昨日は吹雪いて全然ダメだったけど、今日は頂上晴れてるよ!!ここ数週間で一番いいコンディションで、今日のお客さんはラッキーだよ!!」
ってニコニコしてるからテンション急上昇(゚∀゚)=3
 
ロープウェイに乗れたのは、きっちり1時間後だったけどね_| ̄|○ 


蔵王山麓駅→樹氷高原駅 (約7分)


ぎゅうぎゅう詰めの車内でまったく身動きできず…
外の景色も全然見れませんでした(ノД`)


蔵王ロープウェイ山頂線 樹氷高原駅 14:00到着


ロープウェイから降りたら階段を上り、外の渡り廊下に出てさらに数段の階段。乗り換え駅に進みます。


樹氷高原駅→地蔵山頂駅 (約7分)


こちらのロープウェイは次々にやってくるので、5分も待つことなく乗れました。

img_224867_1693694_3.jpg

全員座れる人数しか乗り込まないから、じっくり足元の樹氷を堪能できます。

img_224867_1696292_4_201312051452031f7.jpg

どんどん大きく立派になっていく樹氷や、その間のコースを滑降するスキーヤーやスノーボーダーの姿を見ては歓声が上がる車内。
みんなカメラを片手にキャッキャウフフですよ゜ +(*´∀`)b°+°
7分なんてあっという間だったwww

次に続きます。
スポンサーサイト

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その2  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 

とうとう生樹氷!!!


地蔵山頂駅 14:10到着


img_224867_1696292_0.jpg

まずは駅の屋上にある展望台に登って樹氷を見渡します。

img_224867_1696292_2.jpg

山頂の気温は-1℃。
すげー寒い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル でもでもっ!!

img_224867_1696292_1.jpg

うおおおおおおーーーーー!!!

img_224867_1696292_4.jpg

青い空と白い樹氷!!

img_224867_1696292_3.jpg

予想よりでっかいんですけどっっっ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
※上の写真の緑のモザイクは知らない2人組さん。 
 
無心でばしばし撮り続ける私達。

img_224867_1696292_5.jpg

一面が白くて眩しくて、液晶画面が全然見えない(ノД`)
適当にシャッター押しまくってました。


今度は蔵王地蔵尊付近に移動。


img_224867_1696292_10.jpg
img_224867_1696292_6.jpg

360°どこ見ても樹氷がある。゚+.(・∀・)゚+.゚!!


ところで。


http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/blog-entry-1196.html

ここにも書きましたが、この日の為に買ったFinePix XP10。
もちろん全然充電残量も減らず、夜まで大活躍でしたよ。
 
もう一つのコンデジ(Canon S90)もまったく問題ありませんでしたがね_| ̄|○
 
雪崩注意報が出るような温かい日だったおかげなのかな。
夕方まで普通に使えたよ…
 
ところが、朝から腹痛が続いていたワタクシ。1時間もすると冷えすぎて痛みが強くなりまして。
私がレストランで休憩している間、のりりんが私のFinePix XP10を持ってベストポイントを探し続けたそうで。
いっぱい写真を撮ってきてくれました(≧ε≦)

img_224867_1696292_8.jpg
img_224867_1696292_7.jpg

風が吹くと寒くて凍えちゃうのに表にまた出て、雪の上に座ったりして。
来た甲斐あったなぁ…と、飽きることなくこの景色を眺め続けてました。

img_224867_1696292_9.jpg

 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その3  


※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 

日が暮れ始めて…


img_224867_1696510_0.jpg

気温は-4.4℃に下がってきました。
17:00からライトアップが始まるけれど、私達が購入したチケットでは16:45の最終ロープウェイに乗って一旦下まで降りなければならないようで。
 
冷え性ののりりんは、夜に向けてもう少ししっかり防寒対策をしなきゃ厳しいし、そろそろお腹がすいてきた2人。
名残惜しいけど下山しますか。


地蔵山頂駅 16:43発


img_224867_1696510_1.jpg


地蔵山頂駅→樹氷高原駅 (約7分)


img_224867_1696510_2.jpg

夕日を浴びた樹氷もきれいだなぁ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
 
「来年もまた来ましょうね」って寄り添って景色を見ていた老夫婦が可愛くて、ほっこりしてしまいました。
私達も「来年は宮城側にチャレンジしてみるか?」と相談開始(笑


樹氷高原駅 17:15発


img_224867_1696510_3.jpg

またここで混雑してたよ |A`)
30分近く列に並んで、またギュウギュウの車内で身動き取れぬままの7分間でした。


樹氷高原駅→蔵王山麓駅 (約7分)


近道。
蔵王四季のホテルから蔵王山麓駅への近道というのがあって、たかみや瑠璃倶楽リゾート横に抜けるルートになってます。

img_224867_1696510_4.jpg

この道がねー(泣
階段以外はまったく雪がならされてなくて、しかも所々凍ってたり柔らかい雪が積もってたりとマチマチ。雪に馴染みのない私達には歩きずらいったらもー(泣
予想通り滑って転んじゃいましたよ_| ̄|○
 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その4  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。
 

蔵王四季のホテル


img_224867_1700212_0.jpg

ホテルに戻って、夕食の予約も完了。預けてあった荷物とともに部屋へ案内してもらいました。
広縁付きの12.5畳くらいの和室です。
 
テレビはSONY。大きくて見やすい~

img_224867_1700212_1.jpg

暖房の効きがすごく良くて、lowでもあつあつ。加湿器の類はなかったので、乾燥が激しかったです。
私達はマメにタオルを濡らして掛けてました。
掛け布団は1枚だけど、保温性に優れてて全然寒くなかったですよ。ただ、168cmの私でも長さがギリギリに感じたので、高身長の男性は足元にもう1枚掛けたくなるかも。

バスアメニティはシャンプー・リンス・ボディソープ・歯ブラシ・化粧水・乳液のみ。バスタオルとタオルは1枚ずつ。浴衣は各サイズが用意されていました。

img_224867_1700212_2.jpg

お風呂も付いてます。
トイレはウォシュレット(動作確認済)でした。


夕食

 

1階レストラン『山の詩』 (18:00~21:00)


夕食は18:00からでお願いしました。
入口で部屋番号を伝えると、テーブルまで案内してくれます。

img_224867_1700212_3.jpg

料理がずらっと並べられていて、まずは飲み物の注文。
それから蔵王牛&高原野菜の陶板焼き用と芋煮鍋用の固形燃料に火を入れてもらって、食事開始です。

img_224867_1700212_4.jpg

芋がらのお味噌汁・御飯(はえぬき)・お造り(紅マス昆布〆・鯉の洗い・刺身湯葉)・炊き合わせ(淡雪饅頭)・おろし蕎麦・デザートは後から運ばれてきます。
 
宿代を考えるとまあまあ満足かなぁ。
東北だからといってあまり味の濃いものはなかったし、郷土の食材にも結構こだわってたと思いますよ。

img_224867_1700212_5.jpg

量もそれなりにあって、好き嫌い王の幼馴染が肉や生魚を除いて食べても、しっかりお腹いっぱいになってました。足りない場合でも、別注料理が何種類かありましたよ。
 
それではライトアップ鑑賞準備の為、部屋に戻ります。
 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その5  

 
※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。

一息ついてから、ふたたび山頂へ…!!!


の、ハズがですよ。
食事中からどんどん腹痛がひどくなっていくワタクシ_| ̄|○
夜のライトアップ鑑賞は無理と判断し、泣く泣く諦めました(泣
 
「じゃあ私は行ってくるよ!!」と張り切る幼馴染にカメラを託し、私は掛け流しの温泉に入ってお腹を温めた後に布団へin。(あ、布団は食事中に敷いといてくれました)
 
のりりんから受け取った写真がコレですー

 

樹氷ライトアップ


img_224867_1700384_0.jpg
img_224867_1700384_1.jpg
img_224867_1700384_2.jpg
img_224867_1700384_3.jpg

幼馴染曰く、
「キレイっていうよりは不気味な感じがあったかも。
 でも風が強くて、それを上手く撮れなかったのがくやしい(ノД`)」

と、ずーっと悔やんでおりました。
 
ううっ。生で見たかったなぁつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

img_224867_1700384_4.jpg

これは携帯で撮ったのを赤外線通信で貰った分。乗換駅付近のほうが照明の色が派手だったんだって~

 

大浴場

 
そして1階大浴場(沸かし湯)で再び温まります。 
 
あ。両方のお風呂とも混んでいたので写真はナシ。広くてとってもいいお湯でした!!!
一旦屋外に出て移動する必要がある『離れ湯 百八歩』(掛け流し)の入浴可能時間は、6:00~23:00。
館内の『白樺の湯』(沸かし湯)は、24時間入浴可能です。

img_224867_1700384_5.jpg

部屋から見た、『白樺の湯』の露天風呂部分。
 
その後、1:00には就寝……
慣れない雪上を歩くのは、楽しいけど疲れるね(;^ω^) 片栗粉踏んでるみたいで面白いけどさっ
 
次に続きます。

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --

樹氷!! その6  


※2011年2月の他blogでの記事をこちらに移動しました。


5:30 私だけ起床


毎回私が先に起きて、あちこち写真を撮りに散歩をするのですが。

img_224867_1713863_0.jpg

真っ白。雪が降り続いてました。
私と幼馴染は神奈川でも特に雪が降らない地域に住んでいるもので、年に1回、1~3cm積もるかどうか。
みぞれすら1~3回くらいしか降らないんですよ。
 
風に舞うような軽い雪って旅行先でしか見られないので、窓の外をずっと眺めてました。


7:30 のりりん起床


「昨日こんな真っ白に煙らなくて良かったよね~」と話しながら身支度。
大浴場に行こうか悩んだけど、中国からのツアー客がいっぱいお風呂に向かうのを見まして。
そうとう混んでそうだなと思ってパスしました。
 
ホント、中国の人が多かったよ~

 

朝食


7:00~9:00 レストラン「山の詩」


和洋取り揃えたバイキング形式です。

img_224867_1713863_1.jpg
 
地元食材を使った山菜・漬物、名物の玉こんにゃくはもちろん、サラダや焼きたてパン・スープ等もありました。
ご飯は炊き立ての『はえぬき』とお粥。目玉焼きはその場で作ってくれます。

img_224867_1713863_2.jpg
 
バイキング形式だとつい洋食のみにしてしまう…のりりんは煮物や玉こんにゃくも食べてました。
 
品数や種類、味も平均点をクリアしてると思います。
でも一番いいなと思ったのが、追加のマメさとスタッフさんのキビキビ働く姿(*≧m≦)=3
接客スタッフさんが料理と飲み物の残量をこまめにチェックしていて、取りやすいように中央に寄せておいてくれたり、すぐに新しいものを足してくれるんですよ。
「食べたかったのにもう無かった」っていうのが一回もなくて、何度もおかわりに立つ幼馴染が毎回笑顔(笑
 
お腹いっぱいになりました。
 

チェックアウト


お土産を購入(定番のレトルトカレー、さくらんぼ・蔵王ホワイト・芋煮 等) してキャリーバッグに詰めてフロントから送り返して…とバタバタした後、ロビー横のテラスに出て雪と戯れたり。


おおみやグループ送迎バス 蔵王四季のホテル(10:00発) → 山形駅西口(10:40着)


送迎バスで一気に山形駅へ。
今回ホテルを決めた理由のひとつに、この送迎バスの有無がありました。荷物が多いと分かっている場合、やっぱ直行って楽なんですよね(^ω^)
 
山形駅ビルのエスパル1階でのんびりお土産を探したり、ホームにあるコンビニで地方限定お菓子や三陸海宝漬のミニ版・あわび海宝漬を買ったりして。

 

神奈川に帰るぞーっ


山形新幹線 つばさ140号  山形駅(12:06発) → 東京駅(14:56着)


img_224867_1713863_3.jpg

帰りも指定席。

img_224867_1713863_4.jpg

さあ昼食にするぞ!!と、エスパル1階の『ヴィドフランス』で買ったパンを食べ始めたら、赤湯駅~高畠駅で強風のために停車したり、福島の方で強風による運転見合わせがあってダイヤ乱れまくり。

結局15分くらい到着が遅れたかなぁ…
このあと新宿からの電車もトラブル続きで、家に帰り着いたのは19:00過ぎ。
 

すっごく疲れたけど、とっても楽しかったヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ ヒャッホォ!!
 
来年は宿を変えて蔵王温泉に再び行こうかな…
それとも遠刈田温泉あたりに泊まって、ワイルドモンスター号に乗って宮城側の樹氷を見ようか…と、今から相談しています。
 
さ、これからフォトブックを注文するぞ!!

category: 蔵王樹氷

tb: 0   cm: --