ふらふら温泉日記/保管庫

温泉行きたいー(泣

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

茜庵に再々訪してきました!  

さすが梅雨時期。
ほんの5分程度の晴れ間以外は雷雨だったよ_| ̄|○

aa5.jpg

今回は希望通りに「春月」の部屋。
従業員のお兄さん、にっこり笑顔で「全室制覇ですね」と。
へへ。
一番お気に入りの部屋となりました♪

入浴中に小さいアブや蚊の姿も見かけて、もうすぐ夏だなぁと感じたり。

aa4.jpg

ご飯は相変わらず大満足♪
この生牡蠣なんて、デカイのなんの。

aa3.jpg

今回のプランでは牛肉がランクアップ。脂で照り照りですとも。

aa2.jpg

夕食も朝食も全部大満足。
父上も終始笑顔で、久々の温泉旅を満喫できました。


詳しいレポは来週から開始しますー+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
スポンサーサイト

category: 茜庵 旅行記

tb: 0   cm: 8

茜庵に再訪してきました!  



雪の残る那須に行ってきましたぞー。



相変わらず料理はうまうま(*´д`*)ハァハァ



親子共々、限界まで腹に収めましたとも。



また風邪ひいたり、ちと忙しいので
本サイトのレポを優先的に作成中でございます。
来週は福島行ってくるぞー

category: 茜庵 旅行記

茜庵レポ 完成しました~  

[那須温泉]茜庵 レポートを本サイトにアップしました。

http://furafura.sakura.ne.jp/akane/index.html

今回から写真を大きくしたので、少し重いかもしれません…
ま、それは追々調節していくということで( ´_ゝ`)


最近はテンプレート配布サイト様が多くて、とっても大助かり。
せっかくデザインを考えても、それをどうやって構築するかが素人には難しくて、今回も挫折しそうになっちゃったよ(泣)
また時間が出来たら素材配布サイト様巡りをしよーっとvvv


と。
その前に『ARCANA IZU[2]』のレポを作らないとね。
早くしないと、せっかく残りを減らしたのにまた奥飛騨レポートも抱える羽目になる(泣

category: 茜庵 旅行記

tb: 0   cm: 6

茜庵 旅行記・4 夜から翌朝編  



お風呂に入り倒して腹ごなしをしないと眠れない!!って事で、父上と交互に入浴しまくり。
虫の声を聞きながら、ずーっと浸かってました。
上がった後はローションとかボディクリームを塗りこむ必要がないって本当なのねと、強アルカリのお湯を堪能です。




朝、6時頃に起きて部屋の周りをおさんぽ。
朝風呂に入ってからのんびりしていると、仕事に向かう前の兄上から電話がありました。
部屋の中で自由にさせておくと破壊活動が繰り広げられるので(泣)うららさん1匹だけのお留守番は基本、ケージの中です。
朝ごはんをあげて、昼食の準備もしてからケージの中に入れて出かけてねとお願いしてあったんだけど、なにやら猫がご機嫌斜めなようで、部屋中暴れまわって収容にも一苦労だったとか。
ケージは過ごしやすくて自分から入るような子なんで、こんなのは初めて。
電話の向こうからうーうー唸る声が聞こえ、「さっきからずっと喚いたり唸ったりしてるから、早く帰ってやれ」と兄上に言われ、8時半の予定だった朝食の時間を急遽早めてもらいましたつД`)・゚・。・゚゚・*:.。



昨夜と同じく、母屋の個室で。
ボリュームも味も満点♪な朝食がずらっと並びます。
味の濃さや油の強さが北の県だなぁといった感じ。父上にはどストライクですよ。
案の定、食事の後に「おいしかったぞ♪」のチップを渡してました。

私は昨夜のご飯がまだ胃に残ってる状態で、申し訳ないけど1/4は残してしまいました(´・ω・`)おいしかったけどムリだった(泣



とにかくお猫が心配な父上にせかされて、8時半過ぎにはバタバタとチェックアウトをしました。
あー、もっとゆっくりしたかったなー(´;ω;`)
お料理も接客もすごく良かった!!帰りの車中では「次はいつにしようか」と相談が始まるほどでした。

あ、ETC車載の場合、那須高原SAのスマートICからの出入が一番近いかも。



それから、チェックアウトの時にお土産をいただきました。
父上が大好きな薄皮饅頭のお店『柏屋』の、柏やき ゆで小豆風味(どら焼)♪車内でお昼代わりにいただきました+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚



…そうそう。
首都高の渋滞がそんなにひどくなかったので、12時過ぎには家に着いたんですが。

うららさん、ゴロゴロ言いまくって穏やかなお出迎え。

…なにか病気なのかと焦った私らはなんだったのだ…il||li_| ̄|○ il||liただ単にカリカリばっかで猫缶もおやつくれない兄上に切れただけだな。
そうなんだな!?(怒)

それから数日間、ストーカー度が悪化したお猫様に付きまとわれております(泣
次の長野と奥飛騨は動物病院に預けるからなー…

category: 茜庵 旅行記

tb: 0   cm: 0

茜庵 旅行記・3 夕食編  

茜庵に泊まりたかった一番の理由はコレ!
食事は夕朝食ともに母屋でいただきます。
完全個室になっていて、テーブルは掘りごたつ式で足が楽なタイプ。


■本日のお献立■

食前酒/自家製梅酒
先附/あん肝うめみそがけ

新鮮なあん肝ほどのすっきりした濃厚さはなかったけど、その分梅みそがナイスカバー。


前菜/自家製ごま豆腐 秋刀魚時雨煮 山くらげごま和え ずいき白あえ 合鴨ロース
胡麻豆腐はもっちり具合がいいのに胡麻が薄ーい。でもしゃきしゃきの山くらげの滑らかなソフトな胡麻具合がよかったからいいか。
全部、一口ごとに日本酒が進みました♪

お造り/本まぐろ大トロ刺身 かんぱち刺身 生タコ刺身


台物/那須黒毛和牛霜降りたたきサラダ添え
生野菜のサラダは大体残す私達ですが、ここのはペロリといただきました。特に、本気でいつも見向きもしない父上がばくばくと。
野菜の新鮮さと、からしの効いたドレッシングがうまいうまいって。
これにはビックリですよ。
もちろん肉そのものもウマウマ。


留鉢/真鱈白子ポン酢
文句なし。つるっと一口で食べ終わる親子。はー、トロうまー


ここまでが、席に着く前にずらっと並べられています。
それから、到着時に頼んであった飲み物が。
ここ、ウーロン茶が200円で、お酒もかなりの良心価格なんです。
森伊蔵・魔王・百年の孤独等、プレミア価格の店頭販売額くらいの値段。宿の儲けがあるのか心配して質問したら、ご主人のポリシーなんですって。
値段で飲むのをやめちゃう人も多くて、それじゃ楽しんでもらえないから、価格はなるべく低くしてるんですと。
味が濃いという意味じゃなく、お酒が美味しく飲める料理が多くて、これなら酒呑みにも勧められる宿だねとにっこり。


上の品がだいたい食べ終わった後、次の品が一品ずつ運ばれてきます。


焚合せ/フォアグラ大根辛子あんかけ
うう、「苦手なフォアグラだよー」って警戒してたけど、そんな心配全然ナシ。
焼いて充分油を落としたフォアグラは、香ばしさとふわっと濃厚さが共存。脂っぽさが薄いの+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
柔らかく炊けた大根と辛子が利いたあんかけが絶妙で、これはうまかったーヽ(*´∀`)ノ

蒸し物/ずわいがに茶碗蒸し


お食事/松茸ごはん 香の物
もち米好き父上、腹がいっぱいなのに無理して食いました。もちもちの御飯に松茸の香りが行き渡って、一口ごとに香りがふわー。

汁物/けんちん汁
デザート/杏ゼリー


私は御飯とけんちん汁を半分残したのに、お腹が苦しすぎて部屋に戻ってから何度もリバースしそうになりました。
だって美味しいから残したくなくて、限界まで食べちゃったんだもん(泣
「お腹いっぱいだから、これは無理して食べなくていいよね」って品がひとつもなかった♪
食後2時間まるまる動けなかったよ_| ̄|○


もーう大満足(*≧m≦)=3
部屋に戻ってしばらく休んでから、父上は同級生たちにオススメの電話攻勢。
私は帰宅後、友達にプッシュのメールをがんがん送りました(笑
ぬるぬるすべすべ強アルカリのお風呂がついてて、この料理で平日23,000円なら安いよ~

category: 茜庵 旅行記

tb: 0   cm: 5

茜庵 旅行記・2 部屋編  



次はお部屋。
茜庵は全3室の宿。離れ形式ではあるけれど、それぞれの棟の距離がかなり近いです。



玄関を抜けると、12畳分の板の間。
太陽が沈むまで、この窓方向から光が注いで気持ちよかった♪
冬はぽかぽかしていいですね。

ただ、景色を楽しめて光も入るように囲いが途切れている分、宿へ入ってくる道からは丸見えなので、ここから裸で半露天風呂へ移動するのはとっても危険(笑



テレビ・空気清浄機・暖房器具・冷蔵庫もこの部屋に。
冷蔵庫の中にはオレンジジュースとサイダーが一本ずつ。それから麦茶の入ったポットがあります。全て無料サービス品。
上には夜食用のカップラーメンが2つ置いてありました。
おなかいっぱい過ぎて食べる余裕もなかったけどね(^ω^)



突き当たりの扉の向こうは脱衣所兼洗面所とトイレ(ウォシュレット)で、洗い場と半露天風呂に続いています。
暖房器具は各部屋と洗面所の3箇所にあって(エアコンは部屋に1つずつ)、那須高原の冬の寒さにも心強い状態( `・ω・´)



最初から寝具が敷いてあった、一段上がった6畳の和室。
金庫やクローゼットもこちらに。

さて、ここで問題が。
和室と板の間には30cmの段差が。
腰掛けやすいし、登る分にはいいんだけど、父上は降りる時にどうしてもよろけちゃう。

夜とかトイレやお風呂に行くシーンがちょっと危険だなぁと思って、板の間のテーブルや座椅子を洗面所側に大移動して、テレビの前に布団を一組敷き直しました。
これで父上も安全安心。

私はそのまま和室でOK。
3枚の扉をスライドさせて閉められるから、暖房効かせてパンツ一丁派の父上 vs 寒いくらいの室温で布団にぐるぐる巻きされたい派の私がリモコンの争奪戦を繰り広げる事もなく、 それぞれ快適に眠れました♪

category: 茜庵 旅行記

tb: 0   cm: 0

茜庵 旅行記・1 お風呂編  

行って来ましたよ。



那須温泉 茜庵さん。
父上が特に気に入って、再訪確実となりました゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚


とりあえず、写真の加工が済んだお風呂からご紹介しましょうか。

私達が泊まったのは、一番奥の『秋月』という部屋。
新館が埋まっていたので、じゃあこっちでいいやと思って何も考えずに予約をしたんですよ。
でね、この時点で私は勘違いしてました。

楽天の紹介ページでの露天風呂の項目に『やはり最大のお勧めは、お部屋に付いております源泉掛け流しの半露天風呂です☆内径が2畳分ありますので、今までに出会った事の無い大きさだと思います。』という一文がありまして、私は

どの部屋の半露天風呂も2畳の広さがある

と思い込んでおりまして。
先にテラス部分に出た父上の「ずいぶん小せぇな」に一言に驚いて行ってみると、このお風呂。



…せまーーーーーいっ(;゚д゚)ァ....

2畳分あるのは新館だけなんて、どこにも書いてなかったじゃんよーっ!!この風呂の写真なんて載ってなかったしよー(# ゚Д゚) ムカー!!!!と、しばしがっくりする私。



ちなみに、不確かだけどこのくらいの大きさ。
大人2人が入るには、交互にならないとせまい感じ。
みちのく庵とか桃山の部屋風呂よりすこーしだけ広い程度かな。



ドア横にバーが付いてるし、強アルカリのぬるぬる感満点のお湯ですごく良かったんだけどなー
囲いが多くて景観が悪いのは多少気になるけど、これは道路が近い(間に林があるけどね)からしょうがないなぁと納得できるんだけどさ。

期待していただけ、がっくり感が大きかった(泣



あ。洗い場はちゃんと屋内にあります。
しかも乾燥や換気が出来る暖房器具が付いてるのが便利。
バスタオルが一枚ずつだから、ここで乾かして使ったり。
シャンプー類はポーラ製品で、シャワー温度の切り替えはやや鈍かったです。



脱衣所 兼 洗面所には、女子向けアメニティが揃ってます。
洗面も広くて使い勝手が良かった♪


それと、確認するのを忘れたんだけど、ここは加温をしているのかな?
源泉かけ流しで、湯口が浴槽下部にあるんだけど、ちかくに吸い込み口もついてたんだよね。吸引力はなかったんだけど、いつ温度を測っても41.5℃くらいで安定してたからそうなのかなーって。
ずっと聞こえたボイラーの音は、汲み上げるためなのか、温めてるためなのか不明…


なんかぐだぐだ言ってしまいましたが、
入浴後のつるつる度はバツグンですヽ(*´∀`)ノ
親子で代わるがわる何度も入ってしまいました♪

category: 茜庵 旅行記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。